ミーナの行進

  • 1638人登録
  • 3.85評価
    • (273)
    • (265)
    • (360)
    • (16)
    • (5)
  • 352レビュー
著者 : 小川洋子
制作 : 寺田 順三 
  • 中央公論新社 (2006年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120037214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
西 加奈子
有川 浩
瀬尾 まいこ
宮部 みゆき
劇団ひとり
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
小川 洋子
三崎 亜記
群 ようこ
瀬尾 まいこ
奥田 英朗
青山 七恵
角田 光代
川上 弘美
村上 春樹
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ミーナの行進の感想・レビュー・書評

  • 今まで読んだ小川さんの本を一冊一冊思い出すと、全てに柔らかい光を感じる。少し冷たかったり、朝の少し青みがかったようだったりなど。
    この本は夕暮れ時の光の印象。
    読みながら何か起きるんじゃないか、はらはらしていたけれど、全て流れのままに解決していた。ページを捲りながら、どうかこの物語が終わらないで欲しいと思っていた。でも終わりは来る。でも確かにそこにちゃんとある。
    静かで大きな盛り上がりは無いかもしれないけれど、それが人生なのかもしれない。私たちは淡々と、でも悲しみや喜びを感じながら生きている。楽しかったあの頃には戻れないけれど、過去の思い出は生きてきた証で、そしてこれから生きていく支えになるのだと思う。戻れないからこそ眩しくて切なくて大切になる。
    あと三十年経って読み返して見たい。私はどうなっているだろう。

  • 豪邸での夢のような豊かで優しくてときめきに満ちた日々。
    とんでもなくセレブな人たちなんだけど、なぜか居心地のよさを感じてしまうのは、
    みんなユニークでどこかしら寂しさを抱えた人たちだから。
    この人たちの温かさに癒され、この独特の世界にどっぷり浸れた。
    最後の方はもうすぐ終わってしまうキラキラした生活を名残惜しむように読んだ。
    終始儚さとノスタルジックを感じさせる文章にこの家の悲しい終焉を想像しながら読んでいたけれど、
    最後は爽やかな読み心地。

  • 小川洋子さんの言葉で語られる芦屋の洋館の日々は、一つ一つが大切な宝物のよう。これと言った山場がないので上り詰める感覚はないけれどじんわりと余韻が残ります。

    特にマッチ箱の物語の美しさ。シーソーする象や、タツノオトシゴや星を集める少女のお話の完成度の高さ。

    他の作品同様、どこか陰がある儚い世界観なので病弱なミーナの身によからぬことが起きるのではないかとハラハラしながら読み進めたけど、危惧した展開にはならずホッとした。

    コビトカバの背に乗って登校していた痩せっぽちの少女は、自分の足でしっかりと踏み出していける大人になれたのだなぁ。

  • 10年以上変わらなかった、大好きな本ベスト3に割って入った1冊。

    死や喪失の匂いにむせ返るような小川洋子さんの作品の中では異彩を放つ物語です。

    他の小川さん作品に登場していたら、絶対に途中で儚く亡くなってしまいそうな病弱なミーナ、学校まで歩いて通えずに、コビトカバのポチ子に乗って登校していたお嬢様の彼女が、いろんなものを喪いながらも、自分の選んだ道を生き生きとしっかり歩ける女性に成長しているラストに感動!

    表紙をはじめ、中のイラストも、本の背表紙からマッチの意匠に至るまで、お話にちゃんとリンクしていてすばらしいので、これから読まれる方はハードカバーで読むことをおすすめします!

  • 従兄弟のミーナの住む芦屋の家に、居候することになった主人公の朋子。10代の女の子2人の交流と成長を描いているのですが、芦屋の家に住む人たちの、お互いを思いやる温かい空気に包まれた物語です。

    ミーナと朋子の2人がはまる、男子バレーボール。舞台は1972年ミュンヘンオリンピックです。
    喘息もちで身体の弱いミーナの、空想バレーでは、憧れのセッター猫田選手の美しくて謙虚な動き、バレーボールの奥深い魅力が、小川さんならでは、美しく表現されています。
    そしてドイツ人のローザおばあさんが、主人公朋子の名前に使われている「朋」の漢字について語る台詞が印象的。
    「同じ大きさで、上と下じゃない。横に並んでる。そこがいいのね。平等なの。一人ぼっちじゃないの」

    芦屋の家で暮らす人たちの、お互いを思いやる優しさやあたたかさが、静かに心に響く一冊です。

  • 主人公・朋子は家庭の事情で、ミュンヘンオリンピックの年の一年間、芦屋の裕福な叔母の家で過ごす。そこには一歳年下の従姉妹、ミーナがいた。 小学校の卒業式を終えた翌日に1人で新幹線に乗り、岡山から神戸までやってきた朋子。父を病気で亡くし、残された母と娘1人だったのだが、これからの生活のため、母が一年間だけ東京に洋裁の修行に行くことを決意したゆえだった。

    何年かぶりの再読です。
    初読時には、ゆったりした文体の中にどこか哀しみが感じられ、何か悪いことが起きるのではないか、(従姉妹が意地悪だったら? 喘息に苦しむミーナが儚くなってしまうのでは? 火事で家が焼けてしまうのでは? 海水浴に行って叔父さんと従兄弟が溺れてしまうのでは?などなど)と、先周りをして心配してしまい、終始、ハラハラしていたような気がするのですが、今回は、突然、とんでもないお金持ちの家に住まいすることになった少女の素直な気持ちにしっくりと寄りそいながら楽しんで読むことができました。

    ミーナは、ドイツ人のお祖母様を持つ、美しいクォーターの女の子。血管ばかりか、その中を流れる血液さえ見えるような白い肌、と朋子によって描写される佇まい、そして、病弱なゆえに小学校までの道のりをコピトカバのポチ子に乗って行くという、童話の世界のような、また、別の見方をすれば、人と違うことをしても気に病まないという気持ちの強さが深く心に残る女の子です。

    朋子とミーナはとても良い友だちになり、特に、朋子は年下の彼女から大きな影響を受けます。
    マッチ箱集めに情熱を傾けるミーナ(そのマッチ箱を持ってきてくれる“フレッシー”の配達員の若者との淡いエピソードも好きでした。)が、その絵柄に合わせて紡ぎだす短いお話の数々。森田・猫田・大古・嶋岡らがいた時代の男子バレーボールに熱中する様も、同じ時代を生き、同じ試合に声援を送った身として、不思議なくらいにあのころの匂いや色が蘇る思いでした。

    朋子から見るミーナの家族はみな好ましく、素敵な人たちではあるのですが、優しくハンサムな叔父さんは別に家庭を持っているらしく、叔母さんは小説でも新聞でもチラシでも、と印刷されたものの校正に一日の多くの時間を費やしているのが哀しい・・。そして、そんな中でも(たぶん)意識して穏やかに暮らしてくる家族を、途中からの同居人として心の中でまっとうな感情を吐露している朋子。


    このお話は、一年間の同居から三十年後に朋子から語られているという趣向のため、時に大人の視点が入り、その整理された気持ちがいい具合に読者に落ち着きをもたらしています。

    一枚の美しい絵のような家族にも、もちろん変化は訪れなければならない。人と人とのつながりや状況は変わっていくものなのだなぁ、と感じさせられつつ、それは悪いものではないのですよ、と優しく教えられたようなお話で、うん、やっぱり小川洋子さん、好きだなぁ、と改めて思わされました。(*^_^*)

  • 小川 洋子著『ミーナの行進』中央公論新社 2006年4月刊 330頁 1600円

    本書は、『読売新聞』2005年2月〜12月に連載されたものを、単行本化したものです。

    主人公朋子は、中学1年生。
    父親を癌で早く失い、母親の事情で芦屋の叔母の家で過ごすことになります。
    叔父、叔母、ローザおばさん、お手伝いの米田さん、庭師の小林さん、そして
    美しくて、か弱くて、本を愛するミーナ。
    すべての登場人物が、とても個性的で、そして魅力的です。
    懐かしい時代に芦屋の屋敷で育まれた、ふたりの少女と家族の物語です。

    ミーナは身体が弱く、時折喘息の発作に襲われます。
    特別の許可を取り、排気ガスを避けて、屋敷で買っているコビトカバにまたがって、毎日小学校に通います。
    威風堂々とした「ミーナの行進」です。

    朋子とミーナの二人の交流は、ミーナの建康のために屋敷内に設けられた「光線浴室」で始まります。
    ミーナは、そこのベッドの下に無数のマッチ箱を集めています。そして、その図柄の物語を小さな箱に記しています。
    その物語は、「シーソー象」(109-111頁)であったり、「三日月に腰掛けるタツノオトシゴ」(148—152頁)であったり、「羽を繕う天使」(202-204頁)であったりします。
    それらの物語は、劇中劇のように、とても効果的に使われています。

    ミーナと朋子の淡い恋心。全日本男子バレーボールに熱狂する二人。
    そして、二人の友情は、周りの大人達に支えられています。
    この大人達も自分の場所、自分の役割を持っています。

    コビトカバ、ポチコとの心温まる交流。
    そしてポチコの死。

    ミーナは、小学校へ向かって自分の足で歩き出します。
    たった一人の行進です。

    決して、ドラマティックな物語ではありませんが、静かな、胸を打つ、
    そして、寂しさや、悲しさや、うれしさなどの感情が、少しずつ、胸にしみてくるようなお話です。

  • これは私の生まれる2年前、1972年に、
    事情があって芦屋の叔母の家に預けられた
    中学生の女の子朋子が経験した1年間のお話。

    そこには、自分より一つ年下の病弱の美少女ミーナ、
    ドイツ人のおばあちゃん、
    ハンサムな叔父様にどこか寂しげな叔母さん、
    ごはんの支度をしてくれる米田さん、
    木の手入れをしてくれる小林さん、
    と、名前からして仕事がイメージしやすい
    お手伝いのおばさんおじさん。
    そしてコビトカバのポチ子がいた。

    物語の始まりで、大人になった朋子は、
    「もうこの家は跡形もないし、
    大分様子は変わってしまっているけれど・・・。」と
    読者に向かって語りかける。
    「でも、だからこそ私の心の中には
    このお屋敷で愛しい人達と過ごした一年間の思い出は
    いつまでも生き続けているのよ。」と。

    大切な思い出ってきっとそんなものだ。
    現在、その当時の面影は全く失われてしまったとしても、
    大切な人達と過ごした時間は永遠に生き続けている。

    その思い出の中に入っていった時、
    そこにいる人達はいつだって、
    何事もなかったかのように、
    「あら?そこにいたの?」
    と温かく自分を受け入れてくれる。

    現在の時間の中で、
    懸命に前へ前へと進む事も大切だから、
    いつもそこに行こうとはしないけれど、
    ふと懐かしさが胸をいっぱいに満たした瞬間、
    気がつけば、自分はその思い出を訪問している。
    そんな思い出の一時、
    愛しい人達と過ごした時間は、
    短くても長くても自分にとっては宝物なのである。

    寺田順三氏の、「ヨーロッパの子供達が暖炉の前で聞く、
    アンデルセン童話」などをイメージさせるような、
    温かみ溢れる挿画も大変素晴らしく、
    小川洋子さんの創り出した
    愛らしい二人の少女の心の中の世界を
    更に膨らましてくれる。

    そうそう、この「ミーナの行進」は、
    子供の頃読んだアンデルセン童話集のような物語。
    単純なハッピーエンドでは終わらない、
    時にちょっと哀しかったり切なかったりする、
    いくつものエピソードがまとまって
    1冊の本が出来たような感じ。

    全てを読み終えた時、この物語は、
    既に遠い時の彼方にある「喪われた楽園の物語」で、
    懐かしさと共に少しの寂しさも感じる。
    しかし、この物語で描かれる思い出達は、
    少女ミーナが灯したマッチの火のように、
    いつまでもこの物語の登場人物と私達読者の心を
    優しく照らし、ぽかぽかと温めているような、
    そんな気持ちにしてくれるのである。

  • カバに乗って通学する少女。誤植を探すおばさん。図書館のとっくりさん。マッチ箱に秘められた数々の物語といい、この人の本は隅々まで、どうしようもなく好きだ。絵本のような装丁も挿絵も、とても好み。

  • カバに乗って通学する小学生ってインパクト大だわ〜
    他にも心をくすぐられるアイテムの数々。

    学生の頃の濃密な一年間は大人になっても忘れられない大切な思い出。

    小川さんの作品の中では好きな感じでした♪

    途中カラフルな挿し絵が素敵です☆

  • ヌレッシーのごとく爽やか

  • 密やかで慎ましい優しさが全編を通して漂っていた。朋子の憧れと労りの視線で描かれる物語だからこそ、温かくて切ない語り口になっているのだと思います。この作品を読むにはやっぱりコビトカバのポチ子がキーワードです。ミーナや家族の心の支えであるのは勿論なんだけれど、もう少し深く掘り下げられそうな気がする。そして小川作品の全体を通してのキーは「修復」かな。割に修復というモチーフが多用されている気がする。「猫を抱いて象と泳ぐ」でもおじいちゃんが家具の修復をしていた。あと瓶に入った飲み物も!「薬指の標本」でもサイダーが印象的に用いられていました。

  • 最初、我儘なお嬢様なのかと思いましたが、繊細な、芦屋一利発な少女・ミーナでした。
    ほんの一年でしたが、ミーナと朋子の大切な時間だったのでしょう。

    思いがけず、懐かしい『ミュンヘンへの道』が出てきてワクワク感を共有してしまいました。
    あの時もテロがあったのですね……

    ポチ子やマッチのイラストが可愛くてページをめくるのが楽しみになります。

  • 小川さんって回想の描き方がすごくいい。
    主人公が少女時代にすごした親戚の芦屋のお屋敷での一年の物語。
    登場人物たちは現在はもう老いたり死んでしまったりしていることが最初に明らかにされているので、描かれている一年がとても濃密に、貴重なものに感じられる。
    みんなが深く愛しあっていて、お互いを思いやりながらしずかに暮らしている。
    大会社の社長であるお父さんには大人の事情もあって不在がちだったりするんだけど、そして中学生の主人公はそれがどういうことがうすうす気づいていたりもするんだけど。
    それでもこの家族のしあわせは大きくは崩れない。
    あたたかくて、愛にみちていて、安心できる場所。
    読んでいると、一緒にそこにいるようなしあわせな気持ちになります。
    時間とともにさまざまなものが失われ、そのかわりにまた得るものもあったり、確実にうつろっていくんだけど、記憶のなかの幸福な時間というのは一生そこなわれることはなく。
    カバに乗って登校していた病弱なミーナは、やがて勇ましく世界にはばたいていく。
    守られたままではいられないけど、完璧に守られているしあわせな子ども時代があってこそ時がくればはばたけるのかもしれないなあ。

    それにしてもフレッシー、ってすごくいい名前。
    なんだか味が想像できてしまう。おいしそうだなあ。

  • ホテルアイリス以来遠ざかっていた小川洋子さんを久々に読んだ。
    ちょっと苦手だったのでホテルアイリス。

    芦屋の叔母の家で過ごした宝物のような1年間を描いた作品。
    豪邸での日常を淡々と描きながらも、家族がそれぞれに抱える問題を描いている。

    主人公の回想が無くしてしまったものを慈しむ感じに溢れていたので、何か不吉な予感がしつつ読み進めて行ったが、最後は物質的な豊かさはないかもしれないけど、幸せに暮らしている感じが良かった。

    ミーナがマッチ箱に描く独創的なお話と挿絵がとてもマッチしていた。

  • 一年間、芦屋の叔母夫婦の元で暮らすことになった朋子と、喘息もちで美しい叔母夫婦の一人娘ミーナ。バレーボールに熱狂し、本を愛し、恋をする、ふたりの少女の物語。 芦屋に暮らす社長一家だし、お手伝いさん付きだし、おばあさんはロシア人だし、ペットはカバのポチ子だし。とても私の暮らしなんかとは結びつかないようなのだけれど、それなのに、私と同じようななにげない日常がそこにある。そのことが愛おしく、ほっとする。寺田順三さんの描くレトロなイラストのなんとかわいらしいこと。絵本のような贅沢さが味わえます。

  • マッチ箱の箱、図書館の貸し出しカード、庭で撮影した記念写真、
    今でも手元にあるそれらがあるだけで自分が、過去の時間によって守られていると、感じることができる。

    経済的な理由で伯母の家に一年間住むことになった朋子。
    伯父さんに伯母さん、ローザおばあさん、小林さん米田さんにコビトカバのぽち子に、従兄のミーナ。

    見るもの触れるもの感じるもの、すべてが初めてで新鮮でキラキラと輝いていた、
    傍には家族と、隣にはいつもミーナがいた。

    オトナになっても忘れはしない子供の頃の大切な思い出。
    今はもう、ふと思い出してそれに浸ることしかできないけれど、愛しくていつまでも胸の奥にしまっておきたいあのとき。

    愛しい話。
    何年か前に途中まで読んでたんだけど、
    いまさらになって読み返して最後まで読んだ。

    ほんとに愛しい。あー、好きだなあ、と思った)^o^(

  • 朋子が芦屋の親戚の家で過ごした物語。

    病弱なミーナを中心に、その家族と屋敷に住まう人々は、味がありいい人たちだ。その人々の日常の中でゆっくりと話が進んでいく。
    どこか少し影があるところや静謐でキレイな文章は、小川 洋子の世界を残しつつ、読後は『ほっこり・・』するような作品でした。

    マッチ箱の物語は著者の得意とするところでしょう・・

  • 親の都合で、1才年下の従姉妹ミーナの芦屋のお屋敷で暮らす事になった中学1年生の朋子。
    昭和40年代の芦屋の風景、ベルリンオリンピック、ジャコビニ彗星など、ノスタルジックな雰囲気に満ち溢れた優しい小説。
    カバに乗って小学校に通うミーナや家族は誰もが独特の雰囲気を身にまとっている。
    マッチ箱の絵に基づいて書かれたミニストーリーがどれも魅力的で、挿絵もほんわか優しくい素敵な本。

  • 著者の作品らしくほのぼのした日常の風景を淡々と描く。昔は資産家の豪邸があった芦屋の山手も、今は土地が切り売りされてマンションや駐車場に代わっているとか。阪神山手での優雅な生活が残る昭和40年代をノスタルジックに振り返る。

  • (2006.10.23読了)(拝借)
    読売新聞に週一回(土曜日に)連載したものです。カラーの挿絵がついていました。単行本にもカラーの挿絵が入っています。挿絵は、寺田順三さんの作品です。
    主人公は、12歳、中学生になったばかりの朋子さん、と従姉妹のミーナこと美奈子さん。ミーナは小学6年生。時代は、1972年。著者とほぼ同年代です。
    朋子は、岡山で育ったのですが、父親が死亡し、母親が働きながら朋子を育てないといけないので、洋裁の技術をアップさせるために、東京の専門学校で1年学ぶことにした。
    その間、兵庫県芦屋に住む伯母夫婦のもとに預けられることになった。
    伯父さんは、飲料水会社の社長、おばあさんはドイツ人なので、伯父さんやミーナには、ドイツ人の血が混じっている。叔母夫婦には二人の子どもがいるが、18歳の兄(龍一)は、スイスの学校に留学中。妹は11歳の小学6年生、ミーナ。
    叔母夫婦の家は、部屋が17もある洋館です。屋敷には、住み込みのお手伝いさんの米田さん、通いの庭師、小林さん、それとコビトカバのポチ子がいます。
    コビトカバのポチ子は、おじいちゃまが西アフリカのリベリアから買ってきた。みんなが珍しがって、見に来るので、孔雀、台湾ザル、山羊、オオトガゲを買い足して庭を動物園にしてしまったという。今はポチ子しかいないので、動物園はやっていない。
    ミーナは喘息の持病があるために、小学校へ行くときは、ポチ子に乗ってゆく。小林さんも一緒についてゆく。
    ミーナの趣味は、読書とマッチ箱の収集。読む本は、朋子が図書館に借りに行く。図書館の係員のお兄さんには、自分で読む本のような形でかりてくるのだが実際に読むのは、ミーナである。ミーナの希望をお兄さん(とっくりのセーターさん)に伝え、アドバイスしてもらいながら借りてくる。返す時に読んだ感想を聞かれたら、ミーナの感想をあたかも自分の感想であるかのように伝える。手元に残っている貸出カードには、「眠れる美女」「アーサー王と円卓の騎士」「アクロイド殺人事件」「園遊会」「フラニーとゾーイー」「はつ恋」「変身」「阿Q正伝」「彗星の秘密」・・・。
    マッチ箱の入手先は、週一回、伯父さんの会社の清涼飲料水フレッシーを配達してくれる若い運転手。ミーナはその青年に恋心を抱いているらしい。
    ミーナはマッチ箱のラベルに相応しいお話を作り、マッチ箱に入れている。朋子はそれを読んでもらうのが楽しみだ。シーソーに乗って、楽しそうに遊んでいる子供達を見て、自分もシーソーに乗って同じように遊んでみたい象の話などがあります。
    持病の喘息が悪化して、病院に入院していたミーナは、退院してきたら突然、バレーボールファンになっていました。ミュンヘンオリッピックを目指す男子バレーボールの応援が始まります。
    ミュンヘンオリンピックでも男子バレーボールの応援に熱を上げます。決勝リーグが始まる矢先に、アラブ・ゲリラによるオリンピック選手村のイスラエル宿舎への侵入事件が起きてしまいます。事件は悲惨な結末で終結し、決勝リーグが始まります。
    思いでいっぱいの1年は終わってしまいます。

    中学生前後の少女が読めば、夢中になること請け合いの本です。「赤毛のアン」「若草物語」「ハイジ」などと並ぶ名作といえるかもしれません。
    ☆小川洋子の本(既読)
    「シュガータイム」小川洋子著、中央公論社、1991.02.25
    「妊娠カレンダー」小川洋子著、文春文庫、1994.02.10
    「薬指の標本」小川洋子著、新潮社、1994.10.30
    「博士の愛した数式」小川洋子著、新潮社、2003.08.30
    「偶然の祝福」小川洋子著、角川文庫、2004.01.25
    「ブラフマンの埋葬」小川洋子著、講談社、2004.04.15

    著者 小川 洋子
    196... 続きを読む

  • 小川さんの小説はどれも脆さと暖かさが交じり合って読み終わった後に「ものすごい感動」とは違った種類の感動を感じる。この作品もまさにそんな感じだった。
    すごく危なげな雰囲気を感じるのに決して崩れないところがこの小説の要だと思う。

  • 久方ぶりに読みましたが、随分と内容も設定も若い。この作家の特徴である死についてもまだ主人公自らに起きるものとは描きこまれていない。子供が主人公というのも手伝っているのかもしれないけれど、おそらく作家の年齢も影響していると思われ。
    また、挿絵もなかなか良いのですが、今回改めて気付いたのは、小川洋子は好きなスポーツ選手とスポーツへの描写が詩的ですな。特に猫田選手の讃歌は良い意味で偏執的と言えなくもない。でもとにかく愛が詰まっていて、読んでいて気持ち良いんですよね。

  • 学校へ通う母と別れて過ごすことになった、豪邸の伯母一家と朋子の1年あまりの思い出が描かれたお話

    世俗離れした豪邸や、カバのポチ子、幸せな家庭の他にもうひとつ家庭を持つ伯父さん、お酒やタバコとともに誤植探しへさ迷う伯母さんなど…
    小川さんが描くこれらの人々は、一風変わったところがたくさんあるのに、みんな寂しさを抱えながらも魅力的に描かれていました

    マッチ箱の物語も、ミーナの寂しさや葛藤が感じられる存在でしたが、わかち合える存在の朋子と出会えたことで、ミーナが次のステップに進んでゆく姿が印象的でした

    挿し絵がどれもマッチ箱のようなレトロであたたかみのあるもので、お話をさらに素敵にしてくれています

    『現実が失われているからこそ、私の思いではもはや、なにものにも損なわれることがない』

全352件中 1 - 25件を表示

ミーナの行進に関連するまとめ

ミーナの行進を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミーナの行進を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする