ひよこのひとりごと―残るたのしみ

  • 23人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 田辺聖子
  • 中央公論新社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120037382

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ひよこのひとりごと―残るたのしみの感想・レビュー・書評

  • 田辺さんの文章は綺麗で、いきいきしていて、「いい年のとり方」ってこうだよなあと感心させられる。好きなものがたくさんあると、いつまでもきらきらしていられるんだなあ。苦手な関西弁も、田辺さんだといい感じ。

  • こ~んな歳の重ね方が出来るなんて、本当に田辺聖子さんってなんて素敵なの!70代で書いたエッセイでご自身を『ひよこ』だなんて!人生の、そして女性として、憧れの方です。

  • 70歳を過ぎてもお元気で明るく毎日を楽しんでいるのがわかります。
    田辺聖子さんは、いつまでも私の目標です。

  • 婦人公論のエッセイをまとめたもの。
    おせいさんの文章を読むとほっとする。関西弁もきれいだし、するどいし、なによりミド嬢や友達との会話がおもしろくてたまりません。
    お母様も亡くなられたのですね。本の中でずいぶんと楽しませていただきました。
    「あほらしやの鐘が鳴る」久々に聞いた言葉。そのほか大人ならではのあいまいな言い方などのところが共感しました。

  • 70嫗(おうな)が ひよこ なら、私は・・・?

全5件中 1 - 5件を表示

ひよこのひとりごと―残るたのしみの作品紹介

人生はまだまだ長い。田辺聖子がつづる日常の知恵。

ひよこのひとりごと―残るたのしみはこんな本です

ひよこのひとりごと―残るたのしみの文庫

ツイートする