たまには、時事ネタ

  • 78人登録
  • 3.45評価
    • (5)
    • (9)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 斎藤美奈子
  • 中央公論新社 (2007年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120037979

たまには、時事ネタの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2000年代前半の時事コラム。私と立ち位置のほぼ同一な若干左視点から論評しており大筋異論無し。文芸評論や書評の方が百倍面白いが、ファンとして取りて読んでみました。

  • 冒頭から小気味の良い文章が続き、わくわく。
    そう、これが斎藤女史の本を読む楽しみ!!

    しかーし、後半に向かうにつれ、失速。
    どうも堅苦しかったり「配慮」が見え隠れたりして
    小気味良さが減少してしまった。

    時事ネタをゆるく小気味良く語るのは、
    さすがの斎藤女史でも厳しいようで・・・

  • これも面白い本でした。こちらは最近10年以内の出来事です。今の日本人に必要なのは歴史を振り返って将来の予測を立てることだと思っています。

  • 後半になるにつれ、固いネタが増えるのは仕方ない。相変わらずのフェミツッコミは共感も。01年5月〜06年12月までの流れをつかむにはいい本です。

  • こないだ『ふたたび、時事ネタ』を読んだら、前のやつもまた読みたくなって、借りてきた。2001年から2006年まで、「婦人公論」で連載していた「女のニュース」に加筆してまとめたものである。

    2001年、小泉が首相になり、海の向こうでは911の"テロ"があり、その後は、お前こそが大量破壊兵器をもったテロリストではないのかというブッシュがイケイケどんどんになって、小泉がわんわんと尻尾振っておいかけていき、いや~なことがいろいろあったなあと思う。もちろん、その小泉のあとに出てきた安部も、たいがいのことをしてしまった。

    2002年の「ムネオハウスだけではない北方領土問題」のこんなところは、今のいま、私も「そうよな~」と思う。
    ▼領土の拡張を「国益」と考える発想はもう古いのではないか。北方領土問題は時効にし、有益な総合交流策を考えるほうが建設的だと思うけど。…とかいうと、むかしは右翼に締め上げられたが、いまは日本中から石が飛んでくるのだろうか。きそうですね。(p.62)

    あるいは、2006年の「冨田メモで流れが変わった靖国の問題点」で斎藤が書くこんなところ。
    ▼新しい追悼施設は、過去の戦死者だけでなく、新たな戦死者が出ることを前提につくられるだろう。…戦争をする国は(戦前の靖国がそうだったように)死者の顕彰施設を必要とするのである。(pp.284-285)

    私はこんな時事ネタがあったころ、何をしてたっけな~と考える。

    2001年、病人となった同居人をかかえて私の21世紀は明け、扶養と医療費と年度末の仕事にホンロウされて「大黒柱」生活を送っていた。それから2年あまり養った同居人が再就職先をみつけてきて、やっと落ち着いたと思ったところで、また新たな病人があらわれ=職場のボスが入院して、また大変な目にあった。よく自分がビョーキにならなかったと思う。

    そして私は、2001年に勤めていた職場を1として、2006年は4つめの職場にいた。パワハラとかパワハラとかパワハラとか、あまり思いだしたくないこともたくさんあった。

  • コラムに必要なのは常識である。ステレオタイプ、決まり文句、故事成語、典型を弁えればこそ、そこから距離を取ることができる。であるからして、コラムニストは冷めた傍観者でなければならない。時事問題を鮮やかな手並みで料理し、微妙なスパイスを利かせれば完璧だ。

    http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20101026/p6

  • 最高だわ。斎藤さん。
    今回面白かったのは、「政治家に失言・暴言をさせる法」、「負け犬論争の大いなる誤解」(私も誤解してたかもー)、「税制論議が主婦論争になぜ化ける」(確かに・・・)、「新雑誌で知った、教育パパは開発主任!?」(時々立ち読みしてたあの雑誌だわ。世界が違うので引いちゃったけど)、「テポドンをめぐる各国と日本の外交」(国際関係を学校内の力関係に置き換えているのが面白く、わかりやすい!これぞ斎藤節♪)。
    続編も図書館で予約しました。早く読みたい。

  • いろいろと小泉政権のもとで日本が変わっていったんだなあ。マスコミがはっきり取り上げた部分もあるけど、漠然と感じていたことがはっきり言葉になっていて爽快です。私もこんなふうにものを言ってみたい…

  • 斎藤さんの本は、定期的に読みたい。ほどよい毒が快感なのだ。で、今回は「時事ネタ」。いや〜あまりに痛快すぎて、一気読みしちまいました。小泉政権、北朝鮮、靖国、皇室…いまいち詳しくわかっていなかったニュースの裏側をわかりやすく解説してくれるので、今更ながら自分の無知っぷりに愕然とした。
    読み終えた感想…「一体日本はどこへ向かうんだろう?」
    2006年12月までのニュースが収録されているが、その後もいろっいろあったわけで…その「いろっいろ」、そして今進行中の「いろっいろ」、斎藤さんはどう斬ってくれるかすごく知りたい!!まだ婦人公論で連載続いてるのかな、だったらそっちもチェックせねば!!
    それにしても、彼女の著書を読むたび思うけど、わかりやすく説明するための「たとえ」がすんごく巧いんである!PSE法を説明するために、一字違いのBSEに置き換えてみたり。そうくるか!でもその置き換えが実に見事!座布団何枚でも出しますよ(笑)
    こんな感じで皮肉って語ってくれるから、つい笑っちゃったりするんだよね。いやいや、あっぱれです。

  • 「誤読日記」などの彼女の書評はよく読むのですが、時事ネタは初めて読んでみた。
    反権力を一貫してつらぬく姿勢がカッコイイです。
    「憲法は権力者を縛るもので国民を縛るものでない」という言葉に納得。

全17件中 1 - 10件を表示

斎藤美奈子の作品

たまには、時事ネタを本棚に「読みたい」で登録しているひと

たまには、時事ネタを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たまには、時事ネタを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする