八日目の蝉

  • 4994人登録
  • 3.90評価
    • (720)
    • (1012)
    • (730)
    • (95)
    • (22)
  • 971レビュー
著者 : 角田光代
  • 中央公論新社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038167

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
角田 光代
東野 圭吾
宮部 みゆき
青山 七恵
宮部 みゆき
角田 光代
伊坂 幸太郎
小川 洋子
有川 浩
三浦 しをん
角田 光代
綿矢 りさ
角田 光代
桜庭 一樹
島本 理生
角田 光代
伊坂 幸太郎
吉田 修一
角田 光代
奥田 英朗
湊 かなえ
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

八日目の蝉の感想・レビュー・書評

  • 実体験じゃないはずだ。いやまさかとは思うけど。でも、それくらいリアル。希和子の側から始まるストーリーは第2章からは薫の一人称で語られ、間にそれまでのストーリーを第三者的な語り口が挟み込むという構成だが、そこからの薫の心象の描写がすさまじくリアルというか、意表を突かれる。

    誘拐された子が解放された後、周りの環境の変化から何を感じ取っていくものなのか。小説家というのは想像力で物語を作り出す職業ではあるが、ここまで緻密に、深く、ある一つの世界観、すなわち薫の心象世界を創造だけで作り出し、描く、というこの作家の力量には感服するしかないと思った。

    自分は小説の中の秋山や岸田さんのように情けない男と同じ一人の男であり、母親というものが普段何をどう子供に対して思うものなのか、現実に子供を育てた経験もなかったせいで、よくわからないし、正直、あまり深い関心もない。ただ、自分の母がすでに他界していて、たまに思い出す時、ふと母親と自分の関係というか、絆というようなもの、それがいったいどういうものだったのか、などと漠然と思い浮かべたりすることがたまにあったりする。

    そんな自分であるが、この小説を読み進めていく中で、母親というものがどういう風に子供というものと向き合っているものなのか、何か少しだけ理解できたように思えた部分があった。別にそんなことを考えなくたっていいわけだし、普段から小説を読むにつけ、何かの意味なり意義みたいなものを積極的に感じ取ろうとしたりしないのだが。ただ、この小説の中に、自分の中のどこかそういう部分を揺り動かす力があったんだろう。

    映画になっていたのは知っていて、しかし特に関心はなかったが、観てみたくなった。語り口にちょっと癖があって、他の作品もそうなのか読んでみないとわからないし、好きになるかは分からないが、読んでみたい。面白かった。

  • 「誘拐」という非日常から生まれた日常が流れていくことで、心地よい焦燥感を常に読者に抱かせてくれる小説。
    映画も小説もラストは涙が止まらなかった

  • 初めは生きることの苦しさばかりが書き連ねられていて、苦しくて苦しくて読むのを諦めそうにもなったけれど、2章の途中からは猛スピードで、生きることの喜び、人のあたたかさ、人を好きになることの幸福さ……etc.といった、あたたかな気持ちを思い出させてくれるラストへと向かっていって、あっという間に読んでしまった。
    二度、三度読んでも(読み手として主人公の視点が変わって)面白いだろうし、ぜひまたいつか読みたい、と思える作品。

  • 映画を観てから原作を読んだので大まかな内容は知っていたが、温かい作品で感動した

    希和子は犯罪者なのに逃亡を応援したくなるくらい、彼女の薫に対する愛情が大きくて心が震えた。
    両親の元に戻って成長した恵里菜は、ずっと希和子の事を恨みながら自分を保った来たけれど、最終的に希和子からも本当の両親からも愛されていたと気づいて前向きになれたところに救われた。

    茶化すみたいに、認めるみたいに、なぐさめるみたいに、許すみたいに…

    誘拐して薫と一緒に逃亡していた時も、逮捕され釈放された後も、希和子はほかの人が見られなかった景色を見ている「八日目の蝉」だったんだと思う。
    薫を愛し続ける希和子は抜け殻のがらんどうなんかじゃなかったのだ。

  • 愛はたとえ、血が繋がっていなくてもあるのだろうか?
    好きだった相手にボロボロに捨てられて、その家にいた赤ん坊に愛情を注ぎ育てたいと思い、誘拐してしまう。いつばれて捕まるのかとハラハラしながらも、愛情いっぱいに赤ん坊を育てるひたむきな姿に、最後が憐れで仕方ない。
    短い中の生活だったが、幸せであったと思う。

  • 2016.6.12
    すごい‼️
    きわこの愛情は本物だったのに。
    悲しい。
    これからどうなっちゃうのだろう。
    産んで親元に戻るとしても、両親の様子は変わらない気がする。
    せっかく自分が憎しみから解放されたのに、また憎しみが頭をもたげるのではないか。
    みんなに幸せをつかんでほしい。

  • (2009年より転載)
    角田作品では、初の5つ星☆
    今まで読んだ作品の中では、いちばんでした。
    ハラハラドキドキもしたし、主人公を犯罪者と思っても、応援したくなるし、 2章はかなり切なくて、ラストも良かった。
    これも映像化してほしくないなぁ…
    2009.4.21〜4.24読了

  • テレビでこの映画を観た。
    強い印象があり、その後の同級生のつどいで小豆島を旅行した時にこのドラマが脳裏にあるのを感じた。あのシーンはここか?あの時の親子が見ていたのはこの風景か?・・・と
    そうすると本が読んでみたくなって図書館で借りて読んだ。あの映画以上に小説は語りかけてくれる?
    それは最終章で語られるそのすれ違う人生の描写。映画にはなかった、あるいは描ききれなかったそれぞれの人の成り行き、生き方が。
     人生はまさしくスクランブル交差点。本を読んで良かったと思った。

  • 何年か前に映画化されたのは知っていたが、ストーリーに関する予めの知識は殆どなしに読み始める。(その前にドラマ化されてたのは知らなかった)
    いきなり「ちょ....おい! 待てよ!」的に物語が始まり、自分的にはあまりページをめくる手が進まないタイプの小説かな.....と不安になるも、そこは流石の角田光代先生。
    中盤にかけて、読者が紛れもない犯罪者である希和子の逃避行を、内心応援したくなるような展開にしつつも、あっさりと裏切りのジ・エンド。
    後半は恵理菜目線の、事件を辿りながら彼女の葛藤と希望を描く。
    心地よい余韻を残すラストも、なかなか素敵である。
    まぁ、角田先生、手堅く上手いっすよね♪

  • 2016/02/18

    最後二人がすれ違うのがなんとも。
    けれどそれでいいんだと思える。
    それぞれの行く先には光が見える気がします。
    瀬戸内からフェリーを見たら思い出すだろうなぁ、この本。

    「緑のきれいなころに生まれるねぇ」が印象に残った。

  • 逃亡中は結構緊迫感があったが、第2部以降はその謎解きと、心理描写のために使われ、なんとも言えない感じだった。

  • mixiにレビューしました

  • 先に映画を見たけれど、本も映画も物語の雰囲気は変わらずとても良い
    複雑な環境で苦しんでいても誰かに愛されていた記憶があれば強くなれるんだなと思えた

  • 一気読み

    犯罪者なのだが、野々宮希和子に一番共感
    逃亡のために宗教団体に逃げ込む、、、とか。
    確かに生きているのに、母子手帳がないと、小学校に入学できない、、、とか。
    宗教団体施設の中しか知らずに育てられた「子供」の心情とか。

    ※1993年12月14日に実際に起きた「日野OL不倫放火殺人事件」を題材にして書かれた小説らしい

  • さすが角田先生、という程飲み込まれる作品。
    不倫相手の子供を誘拐する希和子、誘拐された事で歪んだ運命に翻弄される恵理菜(薫)、幼少期をエンジェルホームで過ごして男性恐怖症になってしまった千草、夫の不倫相手をトコトン追い詰めた恵理菜の母。様々な女性が出てきて、それぞれ感情移入できて、これまた面白い。

    物語の3分の2は希和子と薫の逃亡生活が語られるが、薫の可愛さと希和子の愛情が深すぎて心がギューッとしめつけられる。自分に幼い子供がいる今だからこそ共感できる部分もあるのかもしれない。

    どこまでいっても犯罪者の希和子が幸せになってはいけないかもしれないけど、薫と薫の子供と幸せに暮らす結末も見てみたかった。でもそれではダメなのかな…最後にわからないながらも薫に会えたことが希和子にとっての幸せだったのかもしれない。
    あー、読み終わってしまったという脱力感半端ない…

  • 弱っちーじぶんを出しちゃうと、
    こんな展開の一部になっちゃいそう
    で、コワカッタし、オモシロかった。

    希和子にも薫にもきついお話だけど。

    否定して、
    でもそーしてる自分は無理してるって
    気付くことって大発見かも。
    すごくムズカシイことかも。

  • 恋人には妻がいて、その2人に赤ん坊が生まれた。自分の子供は諦めて堕ろしたのに。主人公の女性は恋人の赤ん坊を誘拐して自分の子供として育てていくが…

    結末はなんとなくわかってはいたけれど、必死に赤ん坊を守って逃げる主人公に感情移入してしまい、あっという間に読んでしまった。

  • 本当にあった事件を題材にまとめられた作品。
    不倫をして子どもを堕胎した女(稀和子)が不倫相手の赤ん坊(薫)をさらって逃走。エンジェルハウスと呼ばれる一種の宗教団体のような組織や小豆島でひっそり暮らすが、偶然撮られた写真をきっかけに逮捕されてします。
    話は、この事件で薫が本当の実母の下でどのように育ったかまで広がる。薫が成人して稀和子とおなじような境遇をたどり、小豆島を訪ねる。そこで薫と稀和子はすれちがう。大人たちの身勝手なふるまいのために、運命にもてあそばれた子ども。なんとも言えない余韻を残す作品だ。

  • 2015.9.12再読
    好きで好きで何度も読んだ一冊。何度読んでも苦しい。自分が母親になって改めて読むと、また苦しい。

  • 恵里奈より薫の方が好き。子供を置いて車で出かけるなんて信じられない。えつこは産んだだけで母親の資格なし。キワコといる方が幸せだったに違いない。キワコに同情する。またいつか読みたいと思った。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】913.6||K
    【資料ID】10701128

  • 別に息をもつかせぬハラハラドキドキがあるわけでもないけど、心に迫り来る芯の強さが感じられる。


    図らずも不倫相手の子供を連れ去ることになってしまった女の逃亡が、妙にしっくりとくる形で頭に入り込んでくるから、不思議と物語にひきこまれていく。


    連れ去られ、そして引き戻された当人のその後を描く後編も、ヒステリックになるのではなくあくまで起こってしまった事実とそれから逃れつつも受け入れようとする強さがある。淡々としてるなかにも、小気味良いリズムがあってページを繰る手が止まらなくなる。


    角田光代さんの物語には本当に不思議な力があると思う。


    2015.7.7

  • 苦しいけど、いとおしい。

  • 映画を観たかったが観るタイミングのないまま、書籍を読み、映画も見てみたいなと思った。小豆島の美しい景色がより際立つと思った。

    男はクズばかり出てくるが、男の人のことなかれ主義は納得。

    はじめの全てから守りたいという気持ち、逃げ出したときに全て奪ってきたものを与えたいという気持ち、いつだって母は子のために全てをかける想いがあるのだと思った。

全971件中 1 - 25件を表示

八日目の蝉に関連するまとめ

八日目の蝉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

八日目の蝉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

八日目の蝉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八日目の蝉の作品紹介

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。

八日目の蝉のKindle版

ツイートする