DAY&NIGHT―昼も夜も

  • 55人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (2)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 中央公論新社 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038266

DAY&NIGHT―昼も夜もの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森夫妻の共作絵本、第4弾。詩と絵と漫画。

    読了日:2007.11.07
    分 類:絵本
    ページ:62P
    価 格:1500円
    発行日:2007年4月発行
    出版社:中央公論新社
    評 定:★★


    ●作品データ●
    ----------------------------
    主人公 : -
    語り口 : 絵本、漫画
    ジャンル : 絵本
    対 象 : 一般向け…?
    雰囲気 : 大人?
    Book Disign : しいばみつお(伸童舎)
    DTP : ハンズ・ミケ
    ---------------------------

    ---【100字紹介】--------------------
    森博嗣とささきすばるの夫婦共作。
    「BY DAY」「ONE MORE EGG」
    「蜥蜴」「BY NIGHT」の全4章構成で、中の2つは漫画形式。
    白い王子と猫と白いたまごの物語と、蜥蜴と蠍と蛇の愛の形を描く
    ---------------------------------------

    「悪戯王子と猫の物語」「蜥蜴」「蛟竜」に続く森夫妻の共作。相変わらず、謎が多いです…菜の花には読み解きがたいかも。全4章ですが、特に1つめと4つめが抽象的。森博嗣らしいというか…。抽象的なものは、具体的なものより包容力があって、より上位であると思うのですが、まったく具体例を持たない状況では共感はしえない感じです。多分、そういう方向性の思考を、菜の花がしたことがないので読み解けないのでしょう。近しい感じ方・考え方をしたことのある人には、何も難しくはないのかもしれません。

    2つめと3つめはとても具体的。漫画形式になっていて、セリフがあって、説明がなされます。分かりやすいけど…、どうでしょう。具体と抽象、どちらが好みかは人によるかもしれませんね。

    そんなおもむきの異なる4章で構成される、大人の絵本。


    ---------------------------------
    文章・描写 :★★+
    展開・結末 :★★+
    キャラクタ :★★
    独 自 性 :★★★+
    読 後 感 :★+
    ---------------------------------

  • そうか。
    人間は昼も夜も。
    愛し合うか殺しあうかしてるんだな。

  • 2007 9/9

全3件中 1 - 3件を表示

森博嗣の作品

DAY&NIGHT―昼も夜もを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DAY&NIGHT―昼も夜もはこんな本です

ツイートする