クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky

  • 1561人登録
  • 3.71評価
    • (183)
    • (213)
    • (361)
    • (15)
    • (5)
  • 172レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038402

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「僕」とは一体誰なのか。読み返してもよくわからない。多重人格?クリタだと思っていたけど、やっぱりカンナミなのか、クサナギなのか。「僕」も自分が誰なのかわからない。記憶もどんどんあやふやになり、クリアなことは飛ぶことだけ。飛べたら満足。このよく分からない感じがすごく好き。

  • 最後までえー誰ー!って思いながら読了。もしかして、一人の人の物語ではないのだろうか、それさえ疑ってしまう。わからぬ…わからぬよ…

  • 最後の一冊。
    シリーズのどこから読んでも楽しめるという話だったが、確かに、結末をスカイクロラだとして、どうやってあそこに繋がって行くのか、色々考えながら読んだけど…最後までやられた…
    ただただ流れて浮かんで行くような文章の方々に、きっと謎を解く鍵があったに違いない。
    でも雰囲気に飲まれすぎて、絶対見逃してる。
    再読してもいいなと思える作品。
    話の中では邪魔者だけど、ソマナカが居なかったら意味不明だったな…。
    クサナギに記憶が錯綜するような所はないから、クリタなのか、カンナミなのか。
    スカイクロラだけ読んだ時点ではクリタ=カンナミだと思ってた。

  • ★2014年7月27日読了『クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky』森博嗣著 評価B

    スカイ・クロラシリーズの完結作。前作で撃墜されて負傷、入院したクリタ・ジンロウが主人公。病院を抜け出して、フーコと車で逃げて、キルドレの秘密を知るサガラ・アオイのところへ助けを求める。

    しかし、軍を運営する会社の追及の手は厳しく、結局、クリタは追手の僚機4つを撃墜。図らずもその能力の回復を皮肉にも証明する。サガラは死に、クリタは前線へ復帰することとなる。

    その復活には、サガラがクリタに病院で射った注射により、キルドレに復活させていたことが大きかった。

    他の方の感想にもあるとおり、一作目のスカイ・クロラは実はシリーズ最終作で、このクレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyを読んでからスカイ・クロラに戻ると全体が理解できるというトリック。たまたま私は、気が付かずに、2作目から読んで、4つ目にスカイ・クロラを読んだので全体がよく理解できました。

    その手法が良いのかどうか?私には分かりませんが、やはりトリックを弄すると言っても、読者にもう一度読み返しをさせるような筋立ては反則かなと思います。

    まあ読み返したくなるようなフワッとしたつかみ所のない、新型小説ではあります。アニメ好きじゃないとちょっとダメでしょうねえ。

    今日、ここまで読み終わってから、初めてアニメ映画スカイ・クロラ押井守監督を見ました。
    やっぱり小説のほうが数段テーマを理解しやすいかな?アニメでは戦闘でしか死ねないキルドレの戦闘機乗りの苦しみが表現しきれていない気がしました。

  • 『スカイ・クロラ』シリーズの刊行5作目。刊行1作目の『スカイ・クロラ』に繋がっていく物語。

    夢なのか夢じゃないのか。フワフワとまどろんでいる感じが、これまでの作品の踊るような内容とも融合して、夢見心地なままで読み終えました。クリタ、カンナミ、クサナギ、いったい誰?
    こんな夢の中で浮かぶ、空の中で浮かぶ、そんな感じがとても魅力的でした。

    シリーズ全体を通しての感想ですが、こんな不思議な小説は初めて。好みの分かれる作品だとは思いますが、自分は好きです。読了後の何ともいえない感覚が忘れられず、何度でも読みたくなるんですね。『スカイ・クロラ』中毒ってとこでしょうか。
    意図的に現実世界の雑音が消されていて、純粋に『スカイ・クロラ』の世界に入り込めるので、日々のストレスから解放されるのもイイですね。

    さて、残るは『スカイ・イクリプス』のみですか。これはスピンオフのような短編集とのことで、また中毒が発動したときに、手に取ろうと思います(笑)

  • スカイクロラシリーズ-5。病院を抜け出した僕の物語。思い出せない記憶と、幻想と現実の混在。
    ここまでよんで、またスカイクロラに戻ってシリーズをループすると楽しそう。

  • 結局僕って誰だ!クリタ?クサナギ?カンナミ?冷たい美しい文章に溜め息が出る。章のはじめに挿入されている少年から大人への過渡期を美しく描いた作品である『草の竪琴』がひとつのキーだと思う。もう一度『スカイ・クロラ』を読みたい。今ならきっと、この美しい世界を前より理解できるから。2011/241

  • 病院を抜けだした僕は、フーコとふたりであてのない旅に出た。
    空を飛ぶこともなく、地上を車で移動する。そして僕はたくさんのことを忘れていく。
    思い出せないことがたくさんある。
    そして追ってくる誰か。
    僕を撃ちにくるのは、誰だったっけ。
    ………そうだ、「クサナギ」。

    地上の不自由なこと。
    逃げ場がない。どこへも逃げられない。
    もうこれ以上、墜ちられない。
    なにもいらない。
    軽いほうがいい。
    空には軽いものだけが上がってくる。
    自由なものだけが。
    また会おう。また、踊ろう。
    これが僕らの場所。
    いつか眠る場所。

    「ブーメラン、飛んでいるか?」

    たとえ地上ですべてを忘れても、彼等はいつか空へと帰る。
    飛ぶために生まれてきた子どもたち“キルドレ”の果てしない物語「スカイ・クロラ」シリーズ完結編。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:913.6||M
    資料ID:50700207

    2008/8/2公開予定『スカイ・クロラ』原作シリーズ

  • 名前なんていらない。

    名前が僕を地上へ縛りつけるなら

    忘れてしまいたい。

    何もかも。

    でも飛び方だけは覚えてる。

    絶対に忘れない。

    何度人生をやり直しても

    これだけは、絶対に。

    僕の命が潰えても

    綺麗な飛び方は

    空に置いていくから

    散りばめておくから

    香るように

    僕を辿って

    散香で逢いに来て。

全172件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有川 浩
有川 浩
有川 浩
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyに関連する談話室の質問

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyを本棚に「読みたい」で登録しているひと

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyの文庫

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Skyの単行本

ツイートする