私と20世紀のクロニクル

  • 81人登録
  • 4.16評価
    • (7)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Donald Keene  角地 幸男 
  • 中央公論新社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038457

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
村上 春樹
マルコム・グラッ...
三浦 しをん
ジョージ・A・ア...
ジェフリー・ムー...
ルース ベネディ...
シーナ・アイエン...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

私と20世紀のクロニクルの感想・レビュー・書評

  • 角地幸男先生訳
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 289.3//Ke18

  • 請求記号:289.3/Ke 図書ID:100515845

  • アメリカの日本文学者ドナルド・キーンの自伝。
    生い立ちから軍人としての日本との関わり、コロンビア、ケンブリッジ大学での日々、日本人作家との交友、親しい人達との別れなど、自身の半生を振り返る。
    60ー70年代の日本の文壇に時々登場する人物として、名前は良く知っていたが、改めて自伝を読むと、いかに日本を愛し、日本の文化活動に貢献してきたかが良く判る。
    彼が初めて触れた日本人が書いた生の文章が、第二次大戦の日本兵の日記だったというのは意外だった。アメリカ人兵士は日記を書くことはなく、戦場に記録を残すことは機密上あり得なかったらしい。しかし、最前線の日本兵は、自分の生きた証として日記を残した。それが日本という国に興味を持つきっかけになったと言う。
    戦後、多くの作家と付き合ったが、三島・川端の2人を失ったことが大きく、川端のノーべル賞受賞が何か影響を与えたのかもしれないと推測している。
    執筆時89歳で、親しい多くの友人を失ったけれど、日本との関わりは、人生を幸せなものにしてくれたと結んでいる。彼は、日本人の秀逸な伝記をいくつか書いているので、機会があれば読みたいと思う。

  • ドナルド・キーンの人生を垣間見ることができる
    趣のある味わい深い書

全4件中 1 - 4件を表示

私と20世紀のクロニクルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私と20世紀のクロニクルを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする