木洩れ日に泳ぐ魚

  • 1449人登録
  • 3.25評価
    • (42)
    • (191)
    • (472)
    • (53)
    • (13)
  • 276レビュー
著者 : 恩田陸
  • 中央公論新社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038518

木洩れ日に泳ぐ魚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼2013/05/08‐読了。
    恩田さんの世界観、心理描写を十分に味わえる一冊。
    登場人物が二人、会話を中心とする展開だけれども、
    ファンとしてはとても楽しめる内容になってます。

  • 姉妹の男女の物語。
    最初は引越しのことだけど、どんどん深くて黒い部分に迫る。
    最後はなんだかお互いが清清しい気持ちで終わる。

  • 一行目からグイッと引き込まれました。終始謎めいた言葉を含んだ語りが続いて、最後まで心を掴まれたままでした。

    ある一組の男女が別れを決意し、最後の一夜の話しでしたが、そこにいろんな物が凝縮されていてとても濃厚な一冊でした。

    ある男の死を巡ってのお互いに対する疑念と心理戦のような緊張した空気、お互いの記憶を辿って導き出される真実、もうドキドキが止まりませんでした。

    最後は切なさが込み上げ、人を愛する事って何だろう…とか少しセンチメンタルな気持ちになってしまいました。

  • 僕たちは笑う。
    カメラに向かって。将来この写真を見る自分たちに向かって。決して自分の過去が悪いものではなかったと自分に言い聞かせるために。カメラに向かって笑う僕たちは、未来の僕たちと常に共犯関係にある。

  • お見事、としか言えない。
    部屋で一組の男女が一晩話し合っているだけなのに、お互いに対する幾つもの感情が非常にドラマチックで綺麗に流れていく様に凄く惹き付けられました。
    最初はほんの小さな疑惑がどんどん膨らみ、次第に想像もつかなかったような大きな出来事へと繋がっていき、最後には小さく収まっていく過程もとても鮮やかで素敵でした。

    人間の醜いところが物凄くリアルで生々しいのですが、何故か恩田陸さんの描くそういった、狡さやエゴはすんなり読めるんですよね。不思議です。
    女の嫉妬、これほど怖いものはないんですが、ヒロに対するアキの恋心はよく分かります。
    それからあれだけ執着していたヒロに、あっさり興味をなくしてしまうところも。

  • 場の雰囲気を作り出す文章の上手さはいつもながら、モヤモヤ感の残らない結末に満足。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12793887.html

  • 皆さんも書いている通り、アパートの一室、主人公は2人、しかもたったの一夜、という状況で、ここまで深い物語を描ける恩田さんはすごいと思った。
    演劇っぽいなあと感じるのも、なるほどと思う。




    以下、ネタバレっぽくなってしまうが、この物語にはいろんな「偽り」が出てくる。
    相手を好きだと思う気持ち、「あの男」を殺した犯人、写真の3人、そして、2人の関係。こうした「偽りの真実」が随所に見られる。

    結局のところ、「真実」なんてものは、いくら「事実」があってもいくらでも変化するものだ。それは、心の問題で、いくらでも。
    だから、アキの、兄弟がゆえに愛していたという台詞はとても生々しく感じる。実際、人間はそうなんだと思う。

    久しぶりに、人間の心の奥深くまで覗けるような物語を読みました。場面が動かない分、2人の心理描写に集中することができました。
    あと、夜のピクニックにも、確か家族関係の描写があったと思うのですが(うろ覚えですみません)、その描写がなんとなく頭に浮かびました。

    恩田さんの他の作品も読んでみたいと思います。

  • 兄弟なの?え、違ったの?
    後だし情報に振り回されるだけ振り回されて最後良く分からずに終わった・・orz

  • ひと組の男女についての話。
    恋愛のような、そうでもないような。

    風景描写がすごく綺麗でした。

  • どんどん真実が明らかになっていく様子が残酷かつ面白くて一気に読みました。

    ところどころアキの心情に共感する部分もありました。

    恩田さんワールドにすっかりはまりそうです。

全276件中 1 - 10件を表示

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木洩れ日に泳ぐ魚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

木洩れ日に泳ぐ魚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木洩れ日に泳ぐ魚を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする