幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)

  • 32人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 家近良樹
  • 中央公論新社 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120038839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)の感想・レビュー・書評

  • 幕末期、朝廷内の動きを孝明天皇を中心に描く。

    孝明天皇と関白鷹司など、廷臣との関係はおもしろい。孝明天皇が望んでいなかったであろう方向へ歴史を動かしてしまった過程を考えると、別の方向へ動かせたのかとも思える。

  • 興味をもって読める部分もあったが、途中から読んでいてつらくなった。
    やっぱり朝廷は難しい。。

    参考文献を参考にさせていただきたいです。
    あと、この内容とは関係ないけど、家近さんの『稽徴録』読みたい。

  • [ 内容 ]
    孝明天皇といえば、近年の研究では、朝廷の実権を握る摂関家や、開国を迫る幕府に、敢然と立ち向かった豪胆な性格の人物とされる。
    しかし史料から浮かび上がるのは、周囲への配慮と優しさをみせ、重大な決断を迫られて苦悩する姿である。
    孝明天皇の実像とは?
    なぜ岩倉具視ら中下層公家集団が発言力を持つようになったのか?
    本書では、考明天皇や関白鷹司政通らの動向を中心に、公家社会の実態に迫り、幕末史の新たな視点を示す。

    [ 目次 ]
    第1章 孝明天皇は豪胆な性格の持ち主か
    第2章 幕末期的状況とは何か
    第3章 ペリー来航とその影響
    第4章 ペリー再航後の朝廷
    第5章 孝明天皇はなぜ開国路線の前に立ちはだかったのか
    第6章 安政五年の朝廷

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • とても役にたった。
    幕末、というのは
    単にペリーが来航したことにはじまったことではない。
    どの時期を持って幕府の末期的な状況がはじまったのかは人それぞれの意見があるだろうけれど、
    とりあえず私は幕府の財政が緊迫し始めたころから、その端緒は見えていたのだと思う。
    あとは、ペリー以前にも外国船は日本にやってきたし。
    眠れる獅子と謳われた中国がアヘン戦争でイギリスに歯が立たなかったことも日本がビビることになった理由。

    ま、そんな感じですよ。行がなくなりました(笑)

  • 幕末的状況として、
    黒船来航後、西欧に学んだゆえに平等観念が芽生えたのではなく、
    身分に捉われることなく衆議を尽くすという下地ができていたから、
    西欧の平等観念をすんなり受け入れることができた、という理解でよいだろうか。
    「天下は一人の天下にあらずと申す儀もこれ有り候得ば、万民納得仕らず候では内外混乱すべく存じ奉り候、・・・」

全6件中 1 - 6件を表示

幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)の作品紹介

孝明天皇といえば、近年の研究では、朝廷の実権を握る摂関家や、開国を迫る幕府に、敢然と立ち向かった豪胆な性格の人物とされる。しかし史料から浮かび上がるのは、周囲への配慮と優しさをみせ、重大な決断を迫られて苦悩する姿である。孝明天皇の実像とは?なぜ岩倉具視ら中下層公家集団が発言力を持つようになったのか?本書では、考明天皇や関白鷹司政通らの動向を中心に、公家社会の実態に迫り、幕末史の新たな視点を示す。

幕末の朝廷―若き孝明帝と鷹司関白 (中公叢書)はこんな本です

ツイートする