静かな爆弾

  • 623人登録
  • 3.38評価
    • (34)
    • (97)
    • (182)
    • (31)
    • (1)
  • 127レビュー
著者 : 吉田修一
  • 中央公論新社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120039171

静かな爆弾の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バーミヤンの大仏爆破について取材をするジャーナリストと、耳の不自由な女性との恋愛の話。

    他の著作にもれず、今回も読みやすかった。
    そして、吉田修一は余白が多い作家だとつくづく思った。
    文字数が少ないとかそういうことではなくて(この本は、実際ページ数も文字数も少なく、あっという間に読み終わったのは事実だが)、余分なことを書かないというか、読み手に委ねる部分が多いというか、そういうこと。
    だから、言葉は少ないのに、いろいろな思いが胸中に膨らんでくる。
    やはり、うまい作家なのだと思う。

    本作はあまり物語の起伏は多くなく、作中度々語られる、怖いような「静けさ」は妙に伝わってくる。
    そのあたりもあってのことだとは思うが、最後、彼女に起きたことについて具体的には全く触れられていないのが、ちょっと消化不良気味かな…。

  • はなさない
    ってことは
    よけないことが伝わらないってこと

  • 近いはずなのに世界が違う切なさ。
    近いはずなのに一番奥のものを飲み込んでさらけ出せないようなもどかしさ。
    空白が凛と響く小説でした。

  • 読了日2012/07
    主人公の俊平は、ある日偶然耳の不自由な響子と出会う。
    毎日、仕事に忙殺されている俊平は、静かな世界を生きる響子に惹かれる。
    俊平は自分勝手ですごく嫌な男だけど、もし自分が男だったら。。。こんな感じだったかも・・
    なんとなく、俊平の肩を持ちたくなるのは、そう思うからかな。
    題名通り、静かな恋愛小説。

  • やっぱり吉田修一さんは上手い作家さんですね。
    主人公と知り合ったばかりの聴覚障碍者の彼女の恋を描いた作品。彼女を愛しながらも、思わぬ感覚の違いに戸惑う主人公が綿密に描かれます。
    一方で、特に後半は芸能系ジャーナリストである主人公が畑違いのドキュメンタリー制作にのめり込んでいく姿に分量が割かれます。ただ、恋か仕事かという選択ではなく、あくまで二人の仲の一時的冷却のための背景だと思います。
    逆に主人公や彼女の心理的な流れは余白を残したような書き方で、解釈を読者に委ねているようです。
    その結果、両者(仕事と恋)の構成比率に多少違和感を感じてしまいます。恋については一方的に主人公側から描かれていますが、聴覚障碍者の彼女は魅力的です。もう少し彼女側からの視点で描いていただければ良かったかなと。。。

  • 最後スッキリしない

  • 2017.04.14
    なんというか、ほんとに「静かな爆弾」なのだと思った。わからない、大変な世界だと思う。「君の手が呼んでる」を思い出した。ピュアな感じもする内容だった。

  • 途中までは耳の聞こえない女性との距離感であったり情景描写が程良い感じであったのに
    だんだんとつまらなく
    さて一展開あるのかと思う前にフェイドアウト。失速感が半端なくヵっかりだったなぁ。残念。

  • まさに静かな爆弾。
    なんだか人はみな人それぞれの爆弾を抱えて生きてるのだろうな時思ってしまった。
    その爆弾の導火線に火がついたとき、爆弾は静かに爆発へと近づく。その静けさが怖い。

  • サラッとサクッと終わってしまいました。
    読者が考えなくてはいけない作品なのかしら?読み終わって、「あれ?ページを飛ばして読んじゃったかな?」と思ってしまいました。

全127件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
万城目 学
伊坂 幸太郎
吉田 修一
有川 浩
島本 理生
桐野 夏生
有川 浩
村上 春樹
東野 圭吾
吉田 修一
近藤 史恵
伊坂 幸太郎
村上 春樹
宮部 みゆき
東野 圭吾
万城目 学
絲山 秋子
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
吉田 修一
有効な右矢印 無効な右矢印

静かな爆弾に関連する談話室の質問

静かな爆弾を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

静かな爆弾を本棚に「積読」で登録しているひと

静かな爆弾のKindle版

静かな爆弾の文庫

ツイートする