さよならの扉

  • 124人登録
  • 3.05評価
    • (4)
    • (12)
    • (35)
    • (13)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 平安寿子
  • 中央公論新社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040160

さよならの扉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表現の仕方がおもしろく、クスっと笑える場面が多い♪
    キャラ設定もわかりやすく描かれてるし
    好きだなぁ~~

    他の作品も読みたくなった☆

  • 末期がんが発覚した夫から突然5年付き合った愛人とガン発覚後に別れたと知らされた妻が夫の死後、その愛人と修羅場ではなく交友を持とうとする。その意外な行動に驚き、妻のぼんやりとした性格に呆れながらもページを繰る手は止まらず一気に読んだ。釈然としない所も多々あるけれど、妻と愛人はこのままなんとなく交友をつづけていきそうである。

  • 夫の死後、妻と愛人の交流。
    性別が逆ではありえない。
    好きな人を亡くしたという共感か。
    現実にはあり得るのか。
    金銭が絡まず、当事者がいないからか。
    憎み合っても何も生まない。未来志向で良いのかも。

  • 軽い読み物として単純に楽しめます。
    主人公ふたり(仁恵と志生子)はがんで亡くなった男の妻と愛人という、普通は仲良くなることなどあり得ないのでしょうが、仁恵のあっけらかんとしたキャラクターのおかげで違和感なく読めました。
    始めは困惑していた志生子がだんだん仁恵を受け入れ、少しずつかけがえのない存在になっていく様子、最後のボストンでのお花見の場面も心が温かくなりました。

  • 社会経験の無い専業主婦の本妻と、その夫の愛人との不思議な関係。
    夫のガンの死で、女2人が奇妙な関係なのに、本妻の仁恵の強引な要望に応じてしまう愛人の志生子。

    少し、イライラするような強引さと、それに、仁恵も、同様に不倫をしてしまうような未亡人の軽さに辟易してしまった。

    少し、面白可笑しく描いているのだろうが、男女の付き合いの軽さが、目立っており、又、女性同士の持つ、介護の話も、人間の生への威厳さが、無視されているようであるのが、つらいと、思った。

  • ★2.5
    専業主婦の野依仁恵は、物事を深刻に考えるのが嫌いだ。
    イヤなこと、暗いこと、重いこと、難しいことは避けて通りたい。
    ある日、夫の卓己が末期の膵臓癌で余命半年と告知される。
    そして、その夜夫から一枚のメモを渡された。
    女の名前と携お帯電話番号が書いてある。
    五年前から付き合っていたそうだ…。


    仁恵は夫の臨終の時に愛人である志生子に電話をする。
    その行動にまず吃驚した。
    そして、志生子がどんな女性なのか?
    夫とどのように付き合っていたのか?
    興味が湧いてただただ会ってみたいと卓己の霊前に線香をあげに来いと言う。
    愛人だったという負い目から志生子は、従うしかなく
    その後も仁恵は、志生子と仲良くなりたい友達になりたいと
    電話をしたり、会う機会を作ろうとする。
    自分は、寂しくない。卓己の不在が、身にしみない。
    現実にいなくなったのに、喪失感がなく涙も流さないのに
    志生子には、いつまでも卓己を大切に思って欲しがる。
    志生子の父の臨終の時には、嫌がられているのに
    病院まで押しかけて、自分の夫の葬儀で采配を振るった姉のようになりたい。
    感謝されたい。これで、近づける…と、奮闘しようとする。

    仁恵は、どこか憎めないけれど、強引過ぎるし
    本妻っていう立場を利用して友達になろうとする
    考え方が理解出来ないし、嫌だった。
    志生子もあんなにハッキリした性格なのに
    愛人だったという負い目からか強く仁恵に言えない。
    長女の美樹も好きじゃない。
    余命告知をされた日に仁恵に志生子の存在を知らせた
    卓己の気持ちが分からない…。ずるいよね。

    何となく良い感じで終わったのは…良かった…。

  • 未亡人にイライラして仕方がなかった

    2014 11/27

  • 2013 11/13

  • 癌で余命わずかとなった夫から愛人の存在を知らされた妻が夫の死後に起こした行動は。。。。

    ちょっとむかつくけれど憎めない仁恵さん。平さんはこういう普通の人を描くのがうまいなあ。

  • なんかもうすごいいらいらする。
    ほんわかとした絵柄にだまされたけれど、信じられないほどにいらいらする話だった。
    もう少し年をとってから読めば考えが変わるのかもしれないが、とにかく妻のあほさ加減、鈍感さにめまいがしそうだった。

全35件中 1 - 10件を表示

平安寿子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さよならの扉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さよならの扉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよならの扉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよならの扉はこんな本です

さよならの扉の文庫

ツイートする