食ショック

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 中央公論新社 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040412

食ショックの感想・レビュー・書評

  • 2012年11月21日読了。読売新聞に2008年に連載された食の調査ルポ。第1章は毒ギョウザ・生レバーなどによる食中毒など、食の安全性について。第2章は「飽食の時代」として、大量廃棄される食材の現状、賞味期限・消費期限の混同・誤解や過剰反応について。第3章では核家族化・生活習慣の変化などに伴い変化する「食事」「料理」のあり方についての調査報告から、日本の「食」への警鐘を鳴らす・・・。どの問題をとっても、政府・企業・個人の単独で解決できるものではない、文化と技術の発展、利便性を求める人間の欲望、低コストで利益を上げる必要のある企業のプレッシャーなどさまざまな事象が複合して発生している問題と感じる。自分はいいとしても、今後生まれくる子供たちに「正しい食のあり方」を、ジャンクフードがあふれグローバル化した世界に生きてきた自分が教えることができるのか・・・?考え続けなければならないんだろうなあ。

  • 科学館推奨の本だったので気になって読んでみた。ふざけ気味タイトルだけど、中身はいたってまじめ。日本の食事情のやばさがすっごくよくわかる。自己都合の話をすると、やっぱ白ご飯だな、と自分の白いご飯好きを正当化できるw

  • 目から鱗が落ちるとはこのこと

  • メインであるギョーザですが
    そう、ある事実が発覚してしまったので
    ちょっとこの本の存在は微妙になってしまいましたね。
    でも、言っていることは揺るがないですけどね。

    どれもショックなものばかりですが
    残念ながら1つは違います。
    食の問題以前に、常識の欠如が
    引き起こしたものです。
    これは申し訳ないですが「自業自得」です。

    それと食中毒は…
    これも当たり前の行為をしないために
    起きることですね。
    そして食生活の変化も…

    ショッキングに移るのは
    そう、ある人間です。
    恥ずかしいと思わないのかな。
    こういう人がいる限りこの問題は
    終わることが無いでしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

食ショックの作品紹介

安全安心な食材はどう見分けるの?賞味期限の本当の意味は?美味しい食卓って何だろう?この一冊で食の最前線がわかる。第24回農業ジャーナリスト賞受賞の新聞連載を書籍化。「ムダを出さない保存・調理のコツ40」付き。

食ショックはこんな本です

ツイートする