大学改革 - 立命館はなぜ成功したか

  • 14人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 川本八郎
  • 中央公論新社 (2009年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040740

大学改革 - 立命館はなぜ成功したかの感想・レビュー・書評

  •  どこかでの講演録を寄せ集めたと思われる内容で説教臭い。一代で会社を作った経営者の自伝にありそうなテイストだった。
     それはともかく、なぜ立命館があれほどの拡張主義をとり続けたか。立命館の弱点として、理工系、語学力などを挙げ、その回答として、80年代末から、国際関係学部やびわこ草津キャンパス、アジア太平洋大学を創設した経緯を語っている。

     大学は意思決定ができにくい機関だという。それは教授会に諮ると、議論百出し、結論が出るのに時間がかかったり、頓挫するためだという。
     究極の所、大学教授は自分の研究のために大学に来ているのであって、大学の未来像を責任もって考えるのは、大学職員しかいないという。

     川本氏は生粋の事務職員で、学生運動のころ、学生課職員として、暴力学生に対峙した挙げ句、運動が終わると、荒廃した学園が残っただけで、何もプラスにならなかったという体験が、拡張主義のきっかけになったようだ。
     当事者としては、学部数や付属高数を増やして、良かったことを強調したいのは分かるが、負の側面は全く書かれない。書かれるのは、陳腐な教育理念、政財界の有力者との交流、そして膨張した学園の姿だけなのである。

  • 事務職員から立命館理事長を務め、BKC開設や立命館アジア太平洋大学設立など、立命館の改革の立役者となった著者による大学改革論。事務職員の大学改革における重要性など、当事者ならではの大学改革にあたっての有益な指摘がなされている。ただ、著者の教育論もかなり展開されているが、その内容にはやや陳腐な印象を持った。

  • Tue, 29 Dec 2009

    自分の大学のこういう本を読むのは,ホントに微妙ですが,興味を持って読んでみました.

    筆者は前理事長の川本氏.立命館の改革を断行した人です.私が着任した時には既に辞任されていたので,直接は知らず.

    立命館大学のここ10年程の変化はめざましく,

    我らが南草津のBKCキャンパスの設置をはじめ,九州のAPU開設,立命館小学校の開設など,連打で手が打たれている.
    学部設置が一年に一学部という積極戦略だ.

    その改革を進めて行った,川本氏がそのモットーと,過程を話すというもの.
    立命館の改革の特殊な点は,事務方が中心になっている面が大きいということだ.
    「教職協働」は立命館のキャッチフレーズだが,職員の馬力が強い.

    そうなると,もちろん視点は日常的なものに軸足が移り,研究よりも教学の方に重点が置かれる.それは,一つのポイントだろう.

    上手くは言えないが・・・.

    大学を議論する際には,その特殊性を無視できない.
    それは,中高のような教育機関とは意味が違うと言うことだ.
    研究機関である ということであり, 研究機関であることと教育機関であることが非分離であることこそに,大学の特徴があるのだろう.

    さてさて,
    問題なのはサブタイトルだ
    「立命館はなぜ成功したか」
    こういうタイトルは編集さんや営業さんがつけるのが,出版の常なのだとおもうのですが,
    これは,本書の内容からいっても,ズレがあるように思えた
    「立命館はなぜ改革を断行できたか?」
    のほうが適切かな?

    というのも「成功した」とは何をもってそういえるのか?
    がよく分からないからです.

    現在の私達の大学が,なんの疑問もない「成功」の道を歩んでいるとは思わないし
    # 内部の人間が,そんなことを思っていたら「驕り」でしかないでしょうし?.

    帯をみると,深まりつつある
    「大学危機の時代」
    と書いてあって,それを立命館がどう克服してきたか? というのが本書の内容になっているかのように書いてあるが,

    立命館大学も例外なく,日本の大学全体を覆うさまざまな問題に晒されているし,極めて難しい舵取りを求められているのだと思う.

    まぁ,「立命館は成功した」という触れ込みを ウソにしないのは, 私たちのこれからの頑張り が大切なのかもしれませんね・・・.

  • 大学という硬直化、保守に走りがちな組織を、ドラスティックに改革させてきた筆者の信念が伝わる一冊。

    大学の横並び主義からいち早く脱却したその政策と姿勢は素晴らしい。
    不満な点としては、改革バンザイ!でその後の課題や問題点には一切触れていないところか。

全4件中 1 - 4件を表示

大学改革 - 立命館はなぜ成功したかを本棚に登録しているひと

大学改革 - 立命館はなぜ成功したかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

大学改革 - 立命館はなぜ成功したかを本棚に「積読」で登録しているひと

大学改革 - 立命館はなぜ成功したかの作品紹介

立命館は名門私立大学だが、一九六〇年代から七〇年代にかけて、激しい大学紛争に遭遇し、大学改革に後れをとった。しかし、七九年以降は飛躍的発展を遂げ、今日では質・量ともに、日本を代表する私立大学になっている。この改革は立命館の教職員、滋賀県や大分県などの地方自治体、経済界、中央官庁など、多くの人々の協力によって成し遂げられたものだが、それらの人々を立命館の改革に引き込んでいったリーダーは、大学改革に強い意欲と高い理念をもった川本八郎であり、彼なくしてこの改革はなしえなかったと言える。遠からずして危機の大波が日本の大学を襲うだろう。にもかかわらず、国公私立を問わず、大半の大学は改革の方策を見出せずにいる。本書は改革に最も成功した大学と言われる立命館の、改革の理念・中身とそこから得られた教訓を、改革の立役者が語ったものである。

ツイートする