教室の亡霊

  • 222人登録
  • 2.95評価
    • (1)
    • (11)
    • (52)
    • (15)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 内田康夫
  • 中央公論新社 (2010年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040948

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
冲方 丁
内田 康夫
三浦 しをん
有川 浩
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
東野 圭吾
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
有川 浩
東野 圭吾
内田 康夫
夏川 草介
内田 康夫
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
内田 康夫
伊坂 幸太郎
内田 康夫
有川 浩
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印

教室の亡霊の感想・レビュー・書評

  • 浅見光彦物としては、内容はかなり地味だと思う。著者は社会への憤りをテーマにすることが多いが、本書では教育界の腐敗に対する批判をかなり全面に押し出している。だが、その分、ミステリーとしてはやや中途半端で物足りないように感じた。

  • 先生になるのにはコネがないと成績が優秀でも落とされてしまう それがもたらした悲劇 読む従って色んな過去がずるずると出てくる そう言えば近所の先生も県会議員に頼んで採用されたとお話に聞いたことがある
    浅見光彦しがない旅と歴史社のレポーターだが名探偵である 兄貴は警察のお偉い人 厚い本で途中で登場人物の人を忘れて逆戻りしながら読んだ えへへ 

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    深夜、中学校の教室で、かつて教鞭を執っていた男が殺された。黒板の前に横たわる被害者のポケットには、新人女性教師の写真が。浅見家の「落ちこぼれ」光彦が、教育問題に直面する最新事件簿。

    【キーワード】
    単行本・ミステリー・学校・教師・シリーズ

  • 【教室の亡霊】 内田康夫さん

    深夜、学校の教室で殺された澤教諭。。彼のポケットには1枚の写真が入っていた。写真は澤本人と新米教師の梅原彩が写っているモノだった。
    警察は彩を事件の重要参考人として事情調書をするが彩はその写真にも澤にも見覚えが無いという。殺される直前、澤はノイローゼにより学校を休職していた。ノイローゼの原因は生徒の質の低下とモンスターペアレントと呼ばれる保護者の過干渉が原因だった。
    澤が殺されてしばらく後、彩が顧問をしている陸上部の生徒・山本の父が殺された。山本は息子が県大会出場の選考に漏れたコトに対し、顧問の彩へ猛烈な抗議を行っていた。そして、あるルートを使い選考を覆すように迫っていた。

    まったく別の地域で起こった二つの殺人事件。光彦はこの殺人事件の背後には県議会議員と教育委員会の癒着があると推測する。



    わたしの子どもの頃と今とでは、学校内での先生の立場というモノが随分と変わっているみたいだ。。男子生徒への体罰は当たり前にあった。。「体罰」というと聞こえは悪い。教師による理不尽な暴力は「体罰」と呼んでいいかも知れないけれども、悪いことをした時に一発だけ手を上げて叱るのは「躾」であって「体罰」と呼べないと思う。教師という職業にも適正があると思う。タイミングを見極めて叱るコトも大切だし、生徒に舐められ無い事も大切だと思うな。。

  • 教師の大変さや、モンスターペアレントの怖さがよく書かれていたけど、
    最後、あっさり事件が語られて拍子抜けした。結の存在が一番わからない。買うか迷ったけど、図書館で借りて良かった。

  • 本事件では教員採用に絡む汚職事件が根底にあり、モンスターペアレントと合わせ教育界の問題点が浮き彫りにされている。

  • 浅見光彦シリーズ。
    教育問題って、先生も生徒もそして保護者も個々に問題を抱えていてどんどん難しくなっていっている気がする。
    漠然とそんなことを思いながら読んだ。
    相変わらず読みやすい作品です。
    でも紀行ものじゃないのね~と思いつつ読みました。

  • デビュー30周年記念連続刊行一冊目だったらしい。浅見シリーズ。教育問題に係わる光彦。教育者も保護者もどんどん変な人が増えると、子供達に悪影響だよね。その辺はともかく、今回はヒロイン?が微妙な感じ。

  • 2月-9。3.5点。
    教育界の闇。群馬県を舞台にした、教師たちの事件。
    こういうネタ、この作家は好きだね。あっという間に読めた。
    リズムが良い。

  • 浅見というフリーターみたいだけど警察の偉い人の関係者ということとイケメンということだけで英雄扱いされて話がとんとん進んで事件解決する話。
    長い上につまんない。
    展開がつまんないとか犯人が分かってしまうとか、そういう次元の話じゃなくて、単純に話が面白くない。

  • 今回は教育界。
    教職採用試験とは素人からすればかなり不透明なものです。
    どういう基準で受かり、どういう基準で採用されるのかさっぱりわかりません。どうしてこんな人が先生に…と思われる人物もいないわけではありませんから。
    今回はその不透明さを取り扱っているのですが、さすがに門外漢の浅見がいきなりそこから入るわけにはいかないので、苦労がうかがえます。
    でも、教職の大変さだとか流行のモンスターペアレントを盛り込むには少し足りないかなと思います。あくまでミステリーの領域としていくなら仕方がないのかなという気もしますが。

  • ちょっと 読みにくい感じ。

  • 浅見ファンとしては、今イチ。買ったのではなく、図書館で借りたから、あまり文句を云えた義理ではないが。内田さんは、ミステリーとともに、紀行記的な楽しみがあったのに、それも手抜きしてるし。内田作品のおかげで、初めて会った人の出身地を聞いた時、「ああ××で有名なところですねえ」などと、知ったかぶりをできるようになったのだが。

  • 教育問題って、複雑な気がする

  • 社会派、内田先生の今回のテーマは教育問題。地方の有力者、30年前の怨恨、いちまい絡むヤクザ、切ない思いに悩む若い女性などなど、新しいと感じるところはまた特には無かったです。

  • 深夜の中学校の教室で、かつて教鞭を執っていた男が殺された。黒板の前に横たわる被害者のポケットには、新人女性教師の写真が…。浅見家の「落ちこぼれ」光彦が、教育界の闇に迫る!
    ずいぶん久しぶりに浅見光彦モノを読んだ。教員採用に関する不正やモンスターペアレンツなど実際に教育界が抱える問題を扱っているものの突っ込みが甘く、ミステリーとしては底が浅かった。
    (C)

  • 中学校の教室で殺害された元教師が遺した新人女性教師の写真!? 机に向かわない生徒、自己中心的な保護者、自信を失った教師――浅見家の「落ちこぼれ」光彦が教育問題に直面する。

  • 教育界の問題の表面上の部分だけクローズアップされて終わってしまった感じ。犯人もすぐわかってしまってちょっと残念だった。

  • 浅見シリーズのファンとして残念の一言です。舞台は狭く話題も陳腐で謎解きもいまいちです。小手先で書いた感あり、初めて浅見シリーズを読むならお勧めできません。

  • モンスターペアレント、教職員採用疑惑など、教職員にまつわる今どきの話題を提供されています。
    問題の子どもたちというのは、ごく一部ですし、浅見光彦の甥の成長など輝かしいものもあります。

  • 浅見光彦シリーズ最新刊。
    今回は、教育現場をテーマに光彦の活躍が描かれています。
    少し前に大分かどこかであった、教員採用試験にまつわる贈収賄事件のこともこの本を読むまで忘れていました。
    モンスターペアレントやら贈収賄の慣例やら、どこに魅力があるのかわからないように思える教育現場ですが・・・

全31件中 1 - 25件を表示

教室の亡霊を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教室の亡霊を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教室の亡霊を本棚に「積読」で登録しているひと

教室の亡霊のKindle版

ツイートする