早雲の軍配者

  • 951人登録
  • 4.06評価
    • (135)
    • (216)
    • (83)
    • (12)
    • (1)
  • 167レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 中央公論新社 (2010年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

早雲の軍配者の感想・レビュー・書評

  • 気軽に読めて、かつ熱くなる戦国時代モノが読みたかったので、以前から気になっていた軍配者シリーズを読み始めました。

    軍配者とは戦のスペシャリスト。
    戦略を練る、観天望気で天候を予測する、易で戦の行く末を占う…。
    そういった業を体得した、軍にとって要の存在です。
    歴史に名を馳せた武将の傍らには、有能な軍配者の姿があったのです。

    当時は下野の足利学校や京の五山で、四書五経や兵書を学んだ者が軍配者となったとのこと。
    この物語では、足利学校で出会った3人の青年が共に学び、互いに戦場で相見えることを約束して別れた後、それぞれ軍配者としての道を歩んでいくのです。

    シリーズ1冊目である本書は、北条家の領地となった韮山から始まります。
    引退後の北条早雲に才能を見出された少年・風間小太郎が主人公。
    早雲は自身の死後も北条を滅ぼさぬよう、北条のために尽くす有能な軍配者として小太郎を育てることに決めるのです。

    「戦は嫌いだ。しかし、北条が治める地の農民たちはみな幸せそうに暮らしている。だから幸せに暮らせる民を多くするために戦をするのだ」という小太郎の優しさと、早雲への揺るがない忠誠心が、彼の強さの源なのでしょう。
    戦にかけては天賦の才を持ちつつも、親しみやすく謙虚な人柄の小太郎がとても魅力的でした。

    私は歴史に詳しくないのでこの物語がどれだけ史実を踏まえているのかはわかりませんが、彼らのような存在が戦国時代を動かしていたのかも…と思うとわくわくします。
    足利学校で友となった3人が、それぞれの立場から戦国の世をどのように動かしていくのか、先を読み進めるのが楽しみです。

  • 陰陽師+軍師の役割を担う軍配者をめざす若者の物語。
    三部作の第一作目。
    キャラクターが個性的で漫画っぽく、話も筋が分かりやすかったので早く読めました。
    小太郎、四郎左、冬之介の三人の、戦では敵になることが分かっていても
    また戦場で会おうと言える友情が良かったです。
    この三人にとって戦が同窓会になるのかと考えると面白いなと思いました。

  • 表紙を見た時は、今時仕様の軍記物かと思い躊躇したが
    全然そんな事はなかった。
    合戦シーンの割合は低く、軍記ものに非ず。
    かといってライトノベルのような軽いものではないが
    登場人物の性格ゆえか、爽やかな印象ですっきり読みやすい作品。
    足利学校は名前しか知らなかったので、その辺りも面白く読めた。
    逆に学校時代をもっと読みたかったくらい。次作にも期待♪

  • 軍配者、それは戦の全般に関して君主に助言する専門家。
    占術、陰陽道、観天望気、医術、戦術を修め、軍師とはまた異なる存在だった。
    小太郎、冬之助、四郎左の三人は、生まれも育ちも違うが、軍配者を養成する足利学校で出会う。
    喧嘩しつつもお互いに認め合い勉学に勤しむが、いずれは敵として戦場で見えるかもしれなかった。

    時は室町時代から鎌倉時代にかけて、後に戦国大名となった北条氏の祖である伊勢宗瑞(北条早雲)に薫陶を受け、その才を見出された小太郎。
    もともとは忍びの風間一族だったが、宗瑞によって風魔性を名乗るようになる。
    これが後の世に、忍び集団の風魔一族へと繋がっていくのですね。
    そして、小太郎は北条氏、冬之助は上杉氏、四郎左は武田氏、それぞれが戦国大名の軍配者となり、その係累が戦場で相対することになる。
    歴史的背景を踏まえつつ、エンターテイメントな小説で、おもしろく読むことができました。

  • 先輩jun_skyさんに(「のぼうの城」を読んだならと)すすめてもらい、読了。
    満足満足(^'^)
    富樫倫太郎さんの著作は伝奇物しか読んでなかったので、けっこう意外に感じた。成長物語として読んだのだが、あまりにもまっすぐ過ぎてひくところもありますが、続編『信玄の軍配者』さらにもひとつもありそうなので、続きも期待します。

  • この小説の特徴は、戦ものとも学園ものともいえる、
    程よいミックス間です。
    各ジャンルを読みつくした感のある読者には、
    新鮮な境界線上の物語としてうつるのではと思います。
    (悪く言えば若干の中途半端感も無くは無いですが、
    そこは今回はまだシリーズの第1巻ということでご愛嬌!)

    戦ものといっても、この1巻目はまだ軍配者になるために教育期間がメインです。
    戦を通じてではなく、村での暮らしや城主の考え、戦への取り組み方、
    足利学校への道のり、そこで出会う友人たちなどを通じて、
    時代の雰囲気が存分に伝わってきます。
    (戦国時代といっても、戦って結構ビジネスライクであっさりしているところもあるなぁとか、
    人の命が駒のように扱われることに違和感を覚えつつも、
    これは当時の正当な政治や経営のツールだったのだなぁというようなことを感じました。)
    時折時代背景や各地の家同士の争いの変遷などについての説明も挟まり、
    ライトノベルほどは読みやすくはありません。
    しかし、うまくフィクションと史実が織り交ぜられ、
    登場人物やストーリーが歴史の中で活き活きと立ち上がります。

    レビューの続きはブログ「サーチン’ ザ・サーチ」へ>>http://blog.livedoor.jp/asunaro_library/archives/50549043.html

  • とにかく面白い!
    時代小説というよりも、青春小説のような感じです。
    時代小説のありがちな史実をぐだぐだと解説する部分も少なく
    風摩小太郎の軍配師になるまでの事を書かれています。

    文章には、スピード感があってすぐ読み終わります。

  • 足利学校のこと、軍師じゃなくて軍配者のことを知れたので有益でした。

  • 歴史物はもともと好きだが、これは読み終わった後の爽快感が良い!小田原&伊豆に行ってみたい♪続編に期待。

  • 面白かった。もうちょっと先まで描いて欲しいなぁと、小太郎、冬之助、四郎左の続きが知りたくなった。
    軍配者って存在自体知らんかったし、北条氏も早雲の名前くらいしか知らんかったけど、勢力関係も詳しく描かれていて、すっと読めた。
    軍配者を輩出してたのは、足利学校と京の五山だったんだーと学びもありました。

  • 読んで良かった。これは楽しい。泣けるし、熱い!続き、予約したので、楽しみにする。

  • 前々から本屋で見かけて気になっていた軍配者シリーズ。とても丁寧な書きっぷりで、読んでいてイラつくこともなければ、ダラけることもなく、スラスラ進んで心地良い。話としては、さてこれから、というところで終わるが、次の武田信玄の〜を読みたくなる。

  • 風摩小太郎の新たなる発想による物語。

  • 前半は韮山が舞台。
    中盤は足利学校。
    後半は高縄原の戦い。
    地元が舞台の小説はそれだけで嬉しくなっちゃうな。
    足利は何度も通過して『足利学校』の看板はみてる。
    そうかそういう学校だったのか‥‥

  • 再読。

    北条早雲シリーズを読んでいるので、久しぶりに軍配者シリーズも。当然だけど同じ早雲がここにもいて嬉しい気持ちに…小太郎にも代々の千代丸たち、周囲の人たちにもあのときの新九郎の考え方が受け継がれてて。
    足利学校の彼ら、小太郎たちのこれからがとても楽しみになる1巻目。生きるか死ぬかの時代背景だけど、いい若者がたくさんいるなあ。ひとりひとりが魅力的に描かれている。

  • 北条早雲とセットで読む。
    ただ軍配<青春。
    とはいえ、これはこれでおもしろい。
    山本勘助を知れて、よかった。

  • 面白いーーー!!!やはり倫太郎面白いです!!

    こちらシリーズで、軍配シリーズで今回出てきた三人のそれぞれの物語で一冊づつ出てるらしいー!!!気になるーーー(*^^*)!!

    歴史が全然わからなくても十分楽しめる!

    なんというかいわゆる昔の青春、友情的内容です!笑!!

    他二人の内容がかなり気になるし!!この先どうなったんだ!?っていう先の話もあるなら見たい!!!!

  • 3部作第1弾。
    とても面白かった。
    軍配者とは、いかなる存在なのか。
    普通の家臣とは違ったその特性を、じっくりと描く。
    小太郎、四郎左、冬之助のなれ初めや、成長過程が楽しかった。
    早雲の懐の広さと、小太郎との絆もいい。
    人物の魅力たっぷりで、引き込まれる。

  • 面白かった!軍配者として学ぶところから物語が始まるので戦の部分は少なくが一作目としてはとても良い出来だと思う。

  • 戦国の世、下剋上の末台頭してきた武将の陰には、軍配者という役割のものがいた。
    軍配者とは、占いをし、天気を読み、戦術を立て、遂行する。いわば、軍事顧問のようなものである。
    そのような軍配者を養成する、「足利学校」なるものがあり、「韮山さま」こと北条早雲に見いだされた小太郎は、軍配者となるべく、「足利学校」に入り、そして人生の後半で戦い、時に、助けあう友人たちに巡り合う。

    まさに戦国青春エンターテイメント!
    おもしろかった!

  • 2014.6.28 読了

    時間がかかってしまった。

    決して 面白くなかったからではなく、
    寝るときに読んでるので、
    つい 寝てしまい。。。f^_^;

    けど、三部作の 一番最初の話を
    最後に読んだので、
    二作目、三作目と ちょっと
    忘れかけてる。。。

    ちゃんと順に読めれば
    もっと わかるだろうなぁ。

    けど、かなりこのシリーズは
    人の内面も描かれてるし、
    楽しめました。

  • 確かに一気に読めました。なかなかの爽快感です。
    ただ、北条早雲を美化し過ぎかな?それに他の人も書いているように、主人公の活躍の描写が少ないように思います。

  • 小田原の歴史を知りたいと思って読み始めましたが、読みやすくて面白かったです。個人的には、十兵衛が好きです。河越夜戦はこの後の話となりそうですね。それも読んでみたいな。

  • 早雲の話は初めてだったので面白かった

  • 軍配者シリーズ、第1弾。
    図書館の棚で、前から気になっていたシリーズなのだが、
    どうしても第1弾がやってこず。
    このたび、よーやくお目見えしたので手に取る。やった~!

    表紙がかっこいい。
    のぼうの城、あたりから、こーゆー時代ものも表紙を
    イラストにしてくるの多いな。若い読者層を開拓したいのか。
    若い、かどうかはともかくとして、とりあえず、私は好きだ。

    小太郎、とゆーから、なんかきいたことある名だなーっと思っていたのだが、最終的に風摩小太郎、となったので、それはあの有名な!!という気分。

    軍配者、という言葉自体が新鮮だった。
    そして、それを養成する学校がある、というのも。
    足利学校かあ。
    いろいろフィクションも入っているのだろうが、
    時代背景だとかは事実を元にしているよう。

    仁者として描かれている宗瑞さんが魅力的。
    自らが培ってきた豊かで平和で秩序ある国を後々まで守るため、闘うための力を残そうと、小太郎を見いだす。
    韮山は比較的平和なのだけれど、それ以外の地での
    生きるためには手段は選ばぬわ~っというとこがコワかった。いやーよく考えると、結構日本もグロイな。

    各章ごとの冒頭に、ちょいと説明っぽい文があって、
    その後、各場面へと話が動いていく。
    正直、どこの氏族とどこの氏族が敵対してて、
    どことどこが同盟を組んでて、とか、把握しきれてない感はありつつも、小太郎の目線でもって、おもしろく読めた。
    山本勘助は有名どころなので、おおっ、でてきたーって感じ。この人は、信玄の軍配者に、なるんだよな。
    学校の設定は楽しいのだけれど、展開としては結構淡々としてて、学園青春もの的なキラキラ感はあまりない。
    単なる3人の出会いの場、という感じ。
    まあ、それでも、後の軍配者たる3人にとってはまさしく青春時代、といえるのかもしれないが・・・。

    終盤の冬ノ介の軍配っぷりはさすが。
    いやー殿様首とられないでよかったなー。
    そして、最後の一文、3人が血みどろの死闘を繰り広げることになる、にギくっとする。
    そうだよな、なんだかんだいって、3人が3人敵対する家に仕えるわけで、殺すか、殺されるか、の関係になるんだよなあー。いやーあなおそろしや、な戦国時代。
    これから先を、読みたいような、読みたくないような。
    ああ、でもやっぱ、読む!!

全167件中 1 - 25件を表示

早雲の軍配者を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

早雲の軍配者を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

早雲の軍配者を本棚に「積読」で登録しているひと

早雲の軍配者の作品紹介

伊豆・相模の地を平定した北条早雲の次なる策は、周辺諸国から領地を守る次世代の指導者たちを育てること。風間一族の少年・小太郎は学問の才を見出され、早雲の直弟子として日本最古の大学「足利学校」へ送り込まれた。若き日の山本勘助らと机を並べながら兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など、戦国大名のブレーン「軍配者」に必須の学問を修めた小太郎は、やがて戦場で友たちと再会する…。

ツイートする