セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年

  • 55人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 小林 力 
  • 中央公論新社 (2010年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120041037

セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年の感想・レビュー・書評

  • これなかなかすごい話。医学におけるブレイクスルーは、多くのものが「セレンディピティー」によっておこる。ペニシリンの発見経緯もなかなか予想だにしない。バリーマーシャルのピロリ菌の話はあらまし知っていたけど、これも時系列にすると思った以上。フォルスマンが自分に世界で最初に心カテやった話もものすごいね。

    末端の癌治療医の1人としては、大規模絨毯爆撃のがん対策巨額プロジェクトからは、実はあまり多くのものが生み出されず、多くがこういった小さなセレンディピティーからおこる、という話になるほどと思う。

  • 鈴木章教授が2010年、ノーベル化学賞を受賞された際のインタビューで「セレンディピティを大切に」というような発言をされたことで、「セレンディピティ」という言葉がちょっと広まった感があります。

    世紀の大発見や大発明は、たゆまぬ日々の努力と研鑽からしか産まれないということをこの本を読むと感じさせられます。
    そしてそれはそのような日々の中で起きる偶然や失敗によって発見されるということに、「神様の賜物」的な感慨を覚えます。

    知らなくても困らないけれど、ここに書かれたことを知ると、世界が広がった感じがすると同時に、その科学の世界で戦ってきた先人たちに感謝したくなります。知識を得る楽しさを感じられる一冊です。

  • ピロリ菌、心臓カテーテル、抗うつ剤、バイアグラ…。みんな予期せぬ発見だった。失敗を飛躍に、偶然を進歩に結びつけるには。数々の逸話と共に、真に独創的な研究開発のあり方を問う、ドラマチックな医学の発見史。

全3件中 1 - 3件を表示

セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年の作品紹介

「常識はずれ」が命を救う-ペニシリン、心臓カテーテル、ピロリ菌、抗うつ剤、子宮がん検診法、幹細胞、バイアグラ…みんな予期せぬ発見だった!探していなかったものに出くわしたとき、科学者たちが発揮したのは、並はずれた直感力と画期的な創造性。失敗を飛躍に、偶然を進歩に結びつけるには?数多のエピソードとともに、真に独創的な研究開発のあり方を問う、ドラマチックな医学の発見史。

セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年はこんな本です

セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年の文庫

ツイートする