アンダスタンド・メイビー〈下〉

  • 832人登録
  • 3.60評価
    • (55)
    • (141)
    • (137)
    • (25)
    • (5)
  • 168レビュー
著者 : 島本理生
  • 中央公論新社 (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120041686

アンダスタンド・メイビー〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  期待しすぎで読んだのかもしれない。
     島本さん的な感情の描写はちらちらあるものの、物足りない作品だった。
     (下)になったら二年過ぎていてちょっと驚いたが
    その間まで書くと必要のない部分が見えてしまうだろうか、と思った。
     

  • 途中から息もつかせぬ展開でした。
    最後は前向きなラストで良かったです。

    主人公の母が主人公に対してしたことは許し難い行為のはずなのに,
    その母の独白が妙に胸に迫りました。
    上巻のように生理的嫌悪を覚える場面はほとんどなかったので,☆4つです。

  • 上下ともにほぼ一気読み。島本理生作品では珍しく、主人公が大人しい方ではなく、男性キャラも魅力的だったように思う。仁さんも、彌生くんも、羽場先輩も。彌生君とのやりとりは切なかったな。終盤、仁さんの優しさに泣きっぱなしでした。やられた。

  • もうっ! あほか!
    女はなんでみんなこんなにあほで悲しくて、人を落ち着かない気持ちにさせるんだ!
    というのが、総評です。

    そんなに重いものなら手放しちゃえばいいのに、どうしてもそれができないんだなあ。
    自分の悲しみに魅入られて目を離すことができないのは本人には辛いけれど、周りからみたら「なんて不器用なんだ」とあきれられるんだろうな。

    とても心苦しく読みました。島本さんの作品はいつも、壊されたといいながら、再生していくといいながら、その両方ともできていない。
    ただ筋があってその流れのままに沈んだりちょっと浮かび上がったりするだけで。まあ、そこがいいんですけど。

    印象的な言葉が多かったです。
    以前あった、「読者を置いていくよう表現」が1つ2つ復活していたので、ちょっと驚きました。

  • 孤独と繋がりと家族の話。
    彌生君は孤独から黒江の笑顔で救われた。
    だけど黒江は彌生君には絶対的優しさ、無条件の愛情を求めた。
    中途半端に壊れて、中途半端に孤独の中で
    黒江は絶対的に孤独な仁さんと接することで
    繋がりを手に入れることができたと思う。
    大切な人と死という別れをした彌生君と仁さんは
    中途半端に孤独な黒江に惹かれていった気がする。
    許しあうことが繋がることなのかもしれない。

    仁さんの強さと弱さの入り混じった雰囲気が
    とても大好きだった。

    島本理生の文章は
    丁寧な日本語なわけではないのに
    キレイな日本語だと思う。
    間の取り方が上手くて、句読点のつけ方が最高。

  • 資料を読んで、書きましたー、という読後感。ぺらっとしている。

  • 上巻では普通の女の子に見えたけどまさかこんなことが、という急展開の下巻だった。
    この本が暗く重たい気持ちにさせるのは黒江の身に起こった不幸な出来事よりも、一貫して付きまとっている不安感のせいかなと思う。
    わけもなく不安で、自分でも説明がつかないけれどもとにかく誰かになんとかしてもらいたい。でも誰といても不安は消えない。
    こんな気持ちに支配されたら人生辛いだろうなと思った。
    写真で成功したら黒江は自分を他人に委ねずに済むのかな。
    辛かった。
    辛い暗い気持ちの逃がしどころは登場する男の人が生々しくてかっこいいこと。仁さんも羽場先輩もどこかにいそうなんだけどちょっとだけかっこいい。このちょっとだけが、絶妙。
    しかし密かに期待していた、彌生くんが再開したらかっこよくなっているという超展開はやはりなかった。

  • うわー、私黒江嫌いだなぁ(笑)たしかに彼女は辛い経験をたくさんしてきたけど、彌生くんに対する態度がなぁ〜…。途中からかなり急展開でんんん…ってなった。結局賢治くんってどうなったの?ヒロインに魅力は感じないけど綾乃さんは素敵だと思った。2012/404

  • 黒江に自分を重ねてしまった…
    そんな風に思う自分が甘えてる。
    でも良かった。少しずつだけど確実な何かに進んで行ってる黒江を応援し続けたい。出逢えて読んで良かった。
    2013.5.22

  • 下巻に来て彌生君が、一瞬ただの男の子になったのは寂しいな。
    行為は好意が伴わなければ意味が無い。
    話の引き波の旨さが好きだ、そして一気にくる殴り合いのような感情の波。
    気づかなくても、人は誰かに助けられている。
    くっそー、死にたくねぇ
    死にたくねぇ!!!

全168件中 1 - 10件を表示

島本理生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンダスタンド・メイビー〈下〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンダスタンド・メイビー〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンダスタンド・メイビー〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンダスタンド・メイビー〈下〉を本棚に「積読」で登録しているひと

アンダスタンド・メイビー〈下〉の作品紹介

「どうか私だけの神様になって」ファインダーを通して見ていたのは誰の秘密なのか。デビュー10周年記念書き下ろし作品。

アンダスタンド・メイビー〈下〉の文庫

ツイートする