信玄の軍配者

  • 645人登録
  • 4.16評価
    • (115)
    • (167)
    • (54)
    • (4)
    • (0)
  • 99レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 中央公論新社 (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120041730

信玄の軍配者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軍配者シリーズ2冊目。

    本書の主人公は足利学校で出会った3人の青年のうちの、四郎左です。
    四郎左は幼いころに流行り病で家族を失い、自身も後遺症のために顔に醜い跡が残り、耳や足にも障害が残ってしまいました。
    頭の回転が速く、才能を持っているにも関わらず、見た目が醜いというだけで虐げられ、下男のような扱いをされてきた四郎左。
    しかし、「見た目だけで判断した奴らを見返してやる」という執念で、踏まれても踏まれても立ち上がるのです。

    足利学校で見つけた夢を叶えるために、京に旅立った四郎左でしたが、その後再度不運に見舞われ、40歳を越えたにも関わらず駿河で軟禁の身となっていました。
    才能を発揮する場を得られず、仕える主君にも出会えず、くすぶっていた
    彼の前に現れたのは甲斐の地を追放された武田信虎。
    信虎は自身を追放した嫡男・晴信(後の信玄)を殺すよう四郎左に持ちかけるのですが…。

    次々と不幸に見舞われ、時として手段を選ばないことにも手を染める四郎左ですが、彼を突き動かすのは夢を実現させたいという執念なのです。
    そんな彼の今までの人生を見てきた読者だからこそ、彼の目から涙がこぼれるたびに胸を打たれるのだと思います。

  • 四朗左さんの奮闘記、清々しさがあって、清らかで、でも汗臭い…とても良かったと思います。戦国の男たちの描写がめちゃ爽やかなんだけど、そこも読んでいて良い気持ちになれました。
    とくに好きな登場人物は千草さんかな~。
    次回予告の『謙信の軍配者』が楽しみです。
    楽しみの点残して★四つです

  • タイトルに相応しく、山本勘助の話でした。ずっと主人を見つけられなかった勘助が、やっと信頼できる主人をみつけられてよかった。小太郎との友情話も出てきたし、冬ノ助もちらほら出てきました。実際、戦国時代に友情という甘い概念が成り立ってたかはわかりませんが、(戦国はしたたかなイメージがあるので)ライバルとして、友達として、熱いヒューマンドラマがあってもいいかなと思いました。次は冬ノ助の活躍に期待です。

  • 早雲の軍配者よりこちらの方が面白い。
    早雲の方は小太郎がいいやつ過ぎてしまって。


    日本人、いかしてます。

  • 相変わらず、いいツボを押してくれる。作者の現代小説?も読んでみようかな。

  • 信玄の器のでかさにただ涙

  • 武田晴信の軍師 山本勘助

  • 今年最後の一冊。

    勘助の物語。

  • こちらシリーズで、第二作目なんだけど、風魔小太郎と、山本勘助の軍配者シリーズ。なんだか歴史にやたら疎くて、なんにもわからない私ですが読んでてとにかく面白かった!!!!

    学校で知り合った仲間とのその後戦で敵対し合う際に、相手のことを読んだり読まれたり、はたまた相手が不遇に陥ったときは助け合ったりという戦国時代での青春ストーリー。笑

    泣けます!!

    感激します!!

    今回はとっても嫌なやつだった山本勘助が、少しづつなりなんだか柔らかくなっていくその流れがなかなか泣けました!!!!

    ラストの冬の助のシリーズが楽しみっす!ちなみに、店長レンタル本で、図書館でも大人気!!

全99件中 1 - 10件を表示

富樫倫太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

信玄の軍配者を本棚に「読みたい」で登録しているひと

信玄の軍配者を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする