野球にときめいて―王貞治、半生を語る

  • 75人登録
  • 4.11評価
    • (7)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 王貞治
  • 中央公論新社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042171

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
東野 圭吾
高野 和明
ウォルター・アイ...
落合博満
又吉 直樹
野村 克也
有効な右矢印 無効な右矢印

野球にときめいて―王貞治、半生を語るの感想・レビュー・書評

  • 王さんの半世紀。前半は、子供の頃からいろんなところで読んだり聞いたりしてきた、早実時代やジャイアンツでの一本足打法と栄光の日々のエピソードをあらためてたどる。本書が面白かったのは、むしろその後の監督時代です。成績の割には評価されず、5年で退任させられたジャイアンツのでの監督生活。マスコミのインタビューの間に何度も机をひっくり返して帰ろうかと思ったことがあるそうだ。そしてダイエー、ソフトバンクでの14年間。負け続けるチームをやがて優勝できるチームに育てあげた日々。外からに見ていても、王さんがより人間くさくなり、ホンネで野球をやっていたのが伝わってきたことを思い出す。きっと王さんにとっても、選手時代と同じくらい充実したものだったのだろう。

    「人生いい時ばかりではなかった。でも不満だったことはない。」こういうことを普通に語ってくれるスーパースターがこれからも日本に現れるだろうか。

  • イチローとの話がおもしろかった。王貞治はぼくにとってすこし古い人間で特に興味は惹かれなかった。

  • 現在公開中の『KANO』で栄誉顧問を務められている王さん。現役時代の記憶はあるけど、そういえば断片的にしか知らないなあ、と思ったので読んだ。少年時代と福岡に行った以降のエピソードが印象的で、大陸から渡ってきたお父様のことや国籍のことなどにも触れられており、その語り方からは野球の盛んな台湾でも大いに尊敬を集める理由もなんとなくわかったりする。日本のホームラン王でもあるけど、グローバルな野球人でもあるのだな。

  • 長嶋さんの記憶はないが王さんはプレーしている記憶あります。

    王さんの野球人生を振り返ったもの。王さんの野球に対する真摯な態度が伝わってきます。
    でもね、天才たるもの狂気や執着心とか、異常な精神世界があると思うんですよ。ご本人の口からは、柔らかな口調で回顧されちゃうので、私としては『そんなもんじゃないでしょ!』と思うわけですよ。そのてんでは物足りなく感じちゃいます。

    王さんの人柄が伝わってきて、楽しい本です。

  • 王さんが巨人に入団された時からのファンです。スポーツマンとしての魅力、男性としての魅力、人間としての魅力、ピカイチです。トップにたつ人は やはりちがいますよね。野球に関心のない方にも王さんの魅力を感じてもらえる1冊だと思います。

  • 非常に面白かった。

  • ガン摘出、監督勇退後もお元気そうで何よりです。

  •  読売新聞のインタビュー連載「時代の証言者」に大幅加筆した本。

     読んでいると、思わず、Youtube で一本足打法を探したくなる。。。

全12件中 1 - 12件を表示

野球にときめいて―王貞治、半生を語るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野球にときめいて―王貞治、半生を語るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野球にときめいて―王貞治、半生を語るを本棚に「積読」で登録しているひと

野球にときめいて―王貞治、半生を語るの作品紹介

人生、いい時ばかりではなかった。でも、不満だったことはない。不思議な力に導かれ、ひたすら歩んだ一本道。読売新聞「時代の証言者」に大幅加筆。

野球にときめいて―王貞治、半生を語るはこんな本です

ツイートする