「こつこつ」と生きています

  • 49人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (6)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 岸本葉子
  • 中央公論新社 (2011年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042539

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「こつこつ」と生きていますの感想・レビュー・書評

  • 2010.6.26、49歳の誕生日に岸本葉子さん、ブログを開設されたとのこと、2010.6から2011.3までのブログをまとめた作品です。日々の暮らしの様子がエッセイ風に紹介されています。湘南高校の身分証明書があって、若々しい写真が添付されてましたw。また現在の仕事部屋(書斎)も初公開されてます。素晴らしいレイアウトで、仕事がはかどるだろうなと感じました(^-^)

  • 岸本葉子さんのエッセイは、日本語が綺麗で読み易い。
    ブログをやっていたこともTVに出演していたことも知らなかったけど、
    これからは他の媒体もチェックしてみようかな。

    この人の作品をゆっくりと味わえるときは、
    心にゆとりを感じる。
    こういうのが良書というのだと思う。

  • 読了まで時間がかかりました^^;でも岸本さんの「こつこつ」が伝わってきて、まったりと読めました

  •  エッセイストが綴った日々の暮らし。

     宅配便でゲラが届き、開けると見ず知らずのタイトルがあり、手違いかと思いつつ本文を読んで、「私の本は、こういう題になったのか」とわかったことがあった。執筆や校正、その合間の請求書作成やテレビ・ラジオ出演、そして「手抜き」ご飯に句会と、読むほどに親しみがわく。書き下ろしの東京震災日記は、十日間を克明に描く。

    (「週刊朝日」 2011/11/25)

  • 岸本さんのブログが1冊の本に。
    震災直後の日記も収録されている。

    俳句王国への出演、執筆活動がどのように行われているのか、
    元気の出る食事など普段の岸本さんのリアルな日々が、
    写真と共に味わえた。

    気持ちが不安定でちょっとイライラ。
    そんな時に、岸本さんの淡々と語る中にも、言葉が厳選されている
    文章の美しさを感じることで、気持ちが落ち着いてリフレッシュできた。

    誰にも等しく流れる時間を、本当に大切に変わらない心で、
    こつこつと生きてくことが、心を穏やかにしてくれるのだろう。

  • ブログ開設を開設されて、TV出演の様子、日々の暮らしについて、そして震災について語っています。淡々と。日記というか、覚書のようなものですね。

  • 岸本さん初の「ブログ本」。日常の他愛無いことをファンに向けて発信するのはタレントさんと同様ですが、そのネタとして、原稿執筆や校正、タイトル決め等での編集者とのやり取りなどがけっこうリアルに書かれていて、業界人としては非常に参考になりました。(本書のある箇所に、実名は出ないまでも僕のことが書かれていてドギマギ。)

全10件中 1 - 10件を表示

「こつこつ」と生きていますを本棚に「読みたい」で登録しているひと

「こつこつ」と生きていますを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「こつこつ」と生きていますを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「こつこつ」と生きていますの作品紹介

ブログ開設、句会におじゃま、ご飯のしたく、仕事に着る服の準備など人気エッセイストが奮闘する日々を描く。特別書き下ろし「東京震災日記」付。

「こつこつ」と生きていますはこんな本です

ツイートする