共鳴

  • 174人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (22)
    • (53)
    • (7)
    • (2)
  • 33レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2011年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042607

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

共鳴の感想・レビュー・書評

  • 『共鳴』 堂場舜一  中央公論新社

    こちらでご紹介のあった本。

    元刑事、仕事一筋だった麻生は、退職後も「県警防犯アドバイザー」として、地域の防犯に協力し続けて来た。70歳をとっくに過ぎているのに腰痛以外は腕力、体力、迫力、現役並み。おまけにパソコンルームがあって、周辺機器も使いこなし、とにかく凄いじいさんなのである。

    そんな元刑事の麻生が、一人暮らしで引きこもりの21歳の孫を力ずくで!自分の家に引っ張り、更生させるべく、刑事捜査まがいの防犯活動にこき使うのである。

    こう書くと、面白そう…。と思う。しかしこれは私が思っていた様な元気老人と引きこもりの若者の成長物話として楽しむ話しではなかった。多分、今の自分が、半引きこもりの孫の方に感情移入してしまったからかも知れない。必然的に、元刑事の70歳過ぎの麻生に共感出来ず、実生活での近所の70歳代の独善的勘違い老人とダブって、ウンザリして来る。
    麻生は仕事一筋で周囲の信頼も厚いのだが、私には趣味も無く、現役のつもりで地域貢献を生き甲斐にして居るわりに、住民との接点が元警察官と、現役防犯アドバイザーと言う「立場」だから、狭くて浅いと感じる。いや、それこそが、仕事一筋で来た男達を象徴する物なのか?

    これは私にとっては、3つの「家族」の物語だった。麻生自身の。麻生の孫の。麻生が幼い頃から可愛がって来た近所の高校生の。重い家庭内介護の話を軸に、親子がどう向き合うか、思春期の子供を子供として扱うのか、大人として扱うのか。大人になるとはどう言う事なのか。他人とは円滑に付き合えても自分の娘を育て損なったと感じている老人の心の痛み。その娘の子である孫が引きこもったのは何が原因だったのか。麻生が可愛がって来た近所の高校生が持ちかけた相談の真相とは。

    『共鳴』と言うタイトル読み進めるうちに効いて来る。そして若者達の辛く、言葉に出せなかった感情が、彼らを突き動かした時、灰色の重苦しい霧は晴れて行く。読後感は良かった。じいさんが可愛げがないのが惜しい(笑)

  • 共鳴はどこに、誰に起こったのだろうか。
    引きこもりの青年が母方の祖父と暮らす事になった。
    祖父は元刑事で、いまも地域の相談を買って出ている。
    近所の家でおばあさんが亡くなって、その孫が死因に不審を抱く。
    青年が近所の人の話を聞くうちに孫とも言葉を交わすようになり、そこで二人の間に共鳴が生まれたのか。
    ラストはさわやか。

  • 2014.10.17
    堂場瞬一はあまり読まないけど、この本は中々面白かった。普段読まない作家の話はつい警察ものを手にとってしまう。引きこもりの大学生。退職した刑事。

  • 元刑事の祖父が引きこもりの孫を更生させようと

  • 2013年7月西宮図書館

  • なんかよくわからない内容。この作者らしくないが、このようなものも良いかも。

  • 元刑事の祖父と引きこもりの孫の凸凹コンビが近所のトラブルを解決するなかで、家族について考え気づいていくストーリー。ぎこちないながらも徐々に分かり合っていく祖父と孫の姿、家族とはというテーマを考えさせる内容はいいと思ったがやや周辺の登場人物の存在感が薄いかなとおもいました。
    堂場作品はスポーツものの登場人物は存在感がしっかりしているのに、そのほかの作品はそれが感じられないのは気のせいだろうか?

  • 始めて読んだ作家。
    主人公の将がやわなヤツなのか、本当は骨のあるヤツなのか、途中ぜんぜんわからなくて、悪いストーリーは嫌だなと思いつつ読み終えたら…あぁ、みんないい人、な本。
    他のも読んでみよう。
    読みやすかった。
    単に、グロいのや怖いのや、腹黒いのがキライなだけ?

    共鳴の意味は途中わかってしまったけど、安心して読めたから⭕。

  • 重いテーマを明るく描いていて、そこは好感が持てるのですが、とてつもなく地味。何かひとつ物足りないです。登場人物の誰にも親近感を感じなかったし。

  • 続きが読みたくなりました。

  • 厳密には刑事が主人公ではないんだけど
    退職刑事ってことでそっちのカテゴリに入ると思うんですが
    いつもの堂場作品の警察小説とはだいぶ印象が違いました。
    刑事を勤め上げた人ならではの視野の広さを持ちつつも
    自分の身内には意地を張ってしまう頑なさも持ち合わせている
    不思議と魅力的なジイサン、という感じ。
    孫の扱いや元部下への当たりが荒っぽいのはお約束ではありますが(笑)
    刑事というよりは駐在さんみたいですね。地元の人との関わり方が。
    孫の将がSNSで遣り取りしてた相手の名前が麻薬密売人の名前と同じで
    これはもしや、と思ったりもしたんだけど
    さすがに深読みしすぎだったという誤算もありつつ(笑)
    結果的には近い位置にいる人たちが決定的に傷つくこともなくて
    いい意味で軽い読後感でした。
    ここのところ鳴沢了シリーズばっかり読んでたからそう思うのかな???(爆)
    どっちかというとハッピーエンド寄りに着地したのでホッとしました。
    将と健太がどんな大人になるのかがちょっと楽しみ(笑)。

  • 親子間のコミュニケーションは大事だな。

  • 4月-11。3.0点。
    退職した刑事。引きこもりの孫を助手として、町内の事件を捜査。
    さらっとしている。あっという間に読め、印象も薄め。

  • 懐かしい地名が出てきた

  • #読了。元刑事で、現在は地域防犯アドバイザーをしている祖父が、拉致同然に引きこもりの孫を自宅に連れてくる。相談(捜査)を手伝わせ、更生を図ろうとするが。。。孫の家庭環境に難があるのは、祖父も同様。孫と祖父の話であるが、青春小説のような爽やかさも感じる作品。

  • 引きこもりを祖父が事件を通じて更生させる話。
    やたらと長いわりには、内容は薄い。
    終わりも突然で、淡々としすぎている感じ。

  • 大好きだった祖母を亡くしたことから
    ひきこもりになってしまった21歳の青年
    ある日突然、拉致同前に祖父の家へ連れていかれる。

    元刑事の祖父の仕事を手伝っているうちに
    気持ちが外へと向かい始める。
    そんなとき知り合った近所の高校生も、やはり祖母の死から
    立ち直れないひとりだった・・・

    かなり強引な筋で、ご都合主義っぽいところもあるけれど
    ぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまいました。
    「えーー」な部分も多いけど
    面白かったかな

  • つまらなーい。主人公二人にそんなに共感できず、感情移入できなかったからなぁ。

  • 知ってる地名に一人勝手にもりあがった

  • 鳴沢了に分けてあげたいぐらいの融通ぶりだったかな? やや強引さが目立った。

  • 正確に言うと、★4.5。

    神奈川県警を定年して14年の麻生。防犯アドバイザーとして、地域や他の家庭の面倒事にも顔を突っ込む麻生。21歳の孫が引きこもりと知り、なんとか更正させようとする。
    親交の薄い祖父の住む鴨宮に連れてこられた将。反発しながらも、祖父の関わる地域の問題解決に関わる中で、自分を客観視していく…

    相変わらず、読ませる!警察ものより、平易な文のほうがどんどん読める。麻生ジジと孫将の組合わせもよい。シリーズ化期待。

  • 久々の一気読み~

  • 刑事物の堂場です。

    引きこもりの孫を引っ張り上げ元刑事の祖父さんと問題を解決していく…いつもの堂場節ありで普通に読めますが、たいしたミステリーでないところが残念。

    まぁ最近、他人に干渉する人はいないでしょう…こんな人が近くにいたら、挨拶しなかっただけで後をつけられらそうです、態度がおかしかったという理由だけで…。

  • 堂場さんらしい人間臭く、生き方について書かれている本です。
    警察官が主人公でないですが、事件を追いながら、自分の人生と向き合っていくところは、面白いと思います。

全33件中 1 - 25件を表示

共鳴を本棚に「読みたい」で登録しているひと

共鳴を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする