快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価

  • 34人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 工藤美代子
  • 中央公論新社 (2011年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042751

快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価の感想・レビュー・書評

  • 「快楽(けらく)」シリーズの3作目。
    インタビューに基づいたノンフィクション。
    これは強烈だった。

    何しろ、78歳と83歳のカップルの性愛についてから始まるのです。(^_^;)
    若い人には理解できない話だろうと思うが、
    私の年代ぐらいからはこれが理解できるようにだんだんとなっていくんだろうと思う。
    そして、もう1つの軸になってる、作者の親友の話も実に頷ける話であり、
    この3部作の中では一番印象に残った本でした。

    美しい夢のような老後の生活を夢見てる人にはお勧めではないがw
    現実に目をそむけず、リアルに自分を肯定して生きる老後を望む女性には読んでいただきたい本かも。

全3件中 1 - 3件を表示

快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価を本棚に「積読」で登録しているひと

快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価の作品紹介

「こんなことって他の人もしてるのかしら?」たとえ何かを失ってでも"最後の情熱"に賭けようとする女性たちの実態と本音を描く。

快楽Ⅱ - 熟年性愛の対価はこんな本です

ツイートする