人生教習所

  • 484人登録
  • 3.30評価
    • (15)
    • (88)
    • (115)
    • (32)
    • (5)
  • 116レビュー
著者 : 垣根涼介
  • 中央公論新社 (2011年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042775

人生教習所の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログデビュー作。
    mixiで書き貯めた720件ものレビューとリンクしてくれるかと期待してたけどダメそう。。。
    結局、一からですね。

    で、今作。
    読みはじめから面白い予感がし、途中まではほぼ完璧。
    南の島が好きだから、そしてやくざのおっちゃんと東大生のキャラが好きだったからサクサク読める。
    特に沖縄びいきの自分には、沖縄だけじゃなかったんだ!
    というか、沖縄よりひどい。。。と結構考えさせられました、小笠原諸島。
    ただ、最後の締めというか、そもそもなんでこの本を書こうと思ったのかが不明。
    人生の再生?小笠原諸島の不遇を知らしめたかった?人間ドラマ?
    どれもしっくり来ず。
    個人的にはこういうオチの特にはっきりしない話は嫌いじゃありませんが!

    そして、こんなセミナーがあるのなら是非行ってみたい。
    それでいいじゃないですか♪

  • 私もセミナーに参加してみたい・・・?

  • 島の歴史部分が少し退屈で(大事なのだろうが…。)読み飛ばしました。ストーリーとしてはまずまずでした。

  • 長かった…。小笠原諸島の歴史は全く知らなかったのでかなり勉強にはなった。ただ、所々、このエピソードいる?それより話の続きを!!という箇所もけっこうあり、悶々としながら読んだ。少し前に読んだ「ワイルドソウル」と「リストラシリーズ」→(勝手にそう呼んでいる)の要素がちょっとずつ入っていた(笑)太郎のその後が気になる。

  • 感動を期待して読み始めたけど、あっさり終わってしまった
    ただ小笠原の歴史は興味深かった

  • 小笠原の歴史と地理はわかった。

  •  引きこもりの休学中の東大生、元ヤクザ、女性フリーライター、隠居したコロンビアから帰国したおじさん。人生落ちこぼれ達が、そんな人の為の人間再生セミナー小笠原塾に参加する。アメリカ領から、日本領に変わった小笠原諸島、世界と日本を見る視点、美しい自然の中で、少しずつ自分とは何か、そして何をすべきかに気がついて行くというストーリー。
     爽やかな風を感じる文体、何かを掴んだ、ふわっとした感覚が心地よい作品。「午前三時のルースター」のような疾走感こそ無いが、そこまで深堀りしていないにも関わらず、人間ドラマとして、それぞれのキャラクターとそれにまつわるサイドストーリーが非常に整っている。
     人生は、自分のためにある。だけど、それが豊かであるためには、周りの人が幸せであることが必要だ。他人のことを思う、周りのことに少し興味を広げてみる、その結果、美しいものや素敵なことにより多く気がつくことができる。自分を変えるということは簡単ではない。でも、できないなんてことはないと勇気づけられる作品。

  • 小笠原諸島の事情は恥ずかしながら初情報。そうだったのか。つい沖縄諸島と混同してしまう。様々な情報や環境が人を変えていく展開は面白かったし、理事長がレポートで合否を決めるくだりは興味深く読めた。

  • 財界の有名人主催の小笠原諸島での自己啓発セミナーの類に参加した四名の話。年齢的にと言うか、性格的に通り過ぎた部分がテーマと言う感じで、あまり感じる部分はなかった。読み物として普通に読んだ。著者の過去の作品に出てる人物が出てるらしいが、単独でも問題なく読める。

  • 父島、母島での研修を通して、自分の人生を見つめ直す話。
    人は、人のために悩まなくなると、細微な自分のことで悶々してしまう生き物。

全116件中 1 - 10件を表示

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人生教習所を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生教習所の作品紹介

ひきこもりの休学中東大生、南米へ逃亡していた元ヤクザ、何をやってもダメな女性フリーライターなど-人生に落ちこぼれた人間たちが目にした「人間再生セミナー 小笠原塾」の募集広告。錚々たる団体・企業が後援し、最終合格者には100%就職斡旋。一体、主催者の目的は何なのか?遙かなる小笠原諸島で、彼らを待ち受けていたのは、自分たちが知らなかった日本と世界、そして美しい自然。今、彼らの中の「なにか」が変わりはじめた…。清々しい読後感へと誘う物語。

ツイートする