モナ・リザの背中

  • 329人登録
  • 3.18評価
    • (10)
    • (12)
    • (44)
    • (10)
    • (4)
  • 38レビュー
著者 : 吉田篤弘
  • 中央公論新社 (2011年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042911

モナ・リザの背中の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「非現実」について考える。
    私たちは、読書、絵画、旅、ゲーム・・・等、様々なかたちで非現実を求める。私だって、曇天先生やアノウエ君の様にすり切れた現実と、永遠や理想がつまった非現実世界をいったりきたりできるのだ。



    私が吉田篤弘を好きなのも、彼の小説は掴めない雲の様で、非現実的で、それが心地よいからだ。その世界観にずっと浸っていたい、と思う。今回、『モナ・リザの背中』では、ふわふわ浮いていると、曇天先生やアノウエ君に連れられてこっち(現実)にグイッと引き戻される。それが少し戸惑った。
    あと、50代のおじさまの気持ちは、もうすこし年を重ねないと理解できない部分もある、かな。

  • これまでの篤弘さんとはちょっと変わった、幅広い読者へ向けての発信、とでもいうようなユーモアを交えての作風。これはこれで楽しく読めました。SFでもないファンタジーでも哲学でもない、やはりクラフトエヴィング風というのでしょうね。

  • 不思議な感覚になります。笑えるところとかゾッとするところとか。きっと何度読んでもわからない気がする一冊ですね。

  • [内容]
    ある日、訪れた美術館で、展示中の「受胎告知」の世界に迷い込んでしまい…。絵の中に迷い込んだ男の冒険奇譚。

    --
    表紙と内容に惹かれた。
    美術館の絵の中に迷い込む、結構お年を召された男の話。
    淡々と話が流れていくのがまたいい。美術館に展示されている絵をひとつひとつ丁寧にめぐっている感覚。
    教授の独特な名づけセンスにくすり。

  • つだとしょかん

  • 二次元と三次元を行ったり来たり。
    魂は屁であり、ゲップであり、気であり、自分の中に留まっているものではなくて、出たり入ったりしている。

    五十歳はセイジンとロウジンの間であり、名前はないけれど、今までとは違う、というのが印象深かった。

    この教授をみていると、ツチヤ教授を思い出した。

    話自体はモヤモヤもやもやしていて、読みにくくて、飛ばし飛ばしで、なんとか読了。

  • 最初は曇天先生の「アノウエくん」や「うで卵」の感じについていけず、最後まで読めないかと思ったけど、途中からすごく面白いと思った。
    そこかしこで色んなテーマを感じるし、こんな物語をよく書けるなぁと思う!すごい。

  • 絵の中に入ってしまう男性の話し。

    脈絡もなく風景が変わるので
    時々着いて行けなくなりそぅな時がありますが
    そこがまた「あ!絵に入ってる」と唐突な感じで
    面白いです。

    もっと絵に入って絵の謎とか解くのかと思ったら
    そんなコトもなく。ハチャメチャな展開で面白かったです。

  • 『それでイノウエ君はアノウエ君になった。同様にゆで卵もうで卵となった。これらはすべて私の一存であって法則はない』

    『問屋を問い詰めたい自分は問屋を問い詰め、問い詰められた問屋は、なるほど問屋のトンはなぜ「問う」という字なんでしょうな、問屋的には「間」という字の方がふさわしい気がするのですが、違いますか?』

    『というか、そこでふと思ったのだが、淹れたての「たて」とは何であろう。私はインスタント・コーヒー派であるが、その場合は何と言うのか。「溶けたて」だろうか』

    自分のものなのに自分では見られないものなあに? 答えは、背中。それでも頭をものすごくしなやかにしてみたら、見えてこないかな。エヴィング・クラフト商會のように。

    一見駄洒落のようにも見える言葉遊びの中に、柔らかくかつ強かな筋が通っている。それがエヴィング・クラフト商會の特徴。その駄洒落のセンス担当と思わしき作家の小説は、めまぐるしく変化する世界がいつも潜んでいる。それを眺めていると、ドラえもんの四次元ポケットを思い出す。

    その何処に繋がっているのか、よく考えると不思議なポケットから取り出される数々の道具を荒唐無稽と断じれば、それでことは終わってしまう。もう何処へも進まない。それでも、昔の少年の心を捉えて離さなかったウルトラ警備隊の腕時計型通信機は、ほとんど現実のものになったし、リニアモーターカーと なんていう言葉の響きは光子力ビームという言葉の響きと同じ程度に荒唐無稽な感じがしていたのにもう直ぐ普通の輸送手段になる。その背後にある発想と努力。きっとそこには不可能を可能にするしなやかさが必要な筈。

    何もそんな人生訓のようなものを絞り出してみる必要もないことは重々承知なのだけれど、吉田篤弘の言葉は色々な思考を喚起するのだ。ふざけているようで至極真面目な思考。それが大事なポイント。しかめ面をしていると、直ぐに脇の下をくすぐられてしまう。

    なんでも硬直的に考えがちな日本人としては、朝令暮改なんていい加減な感じで否定的に捉えがちだけれど、その時その時で最適と思われることを柔軟に実行することは悪いこととは限らない。前例や権限規定から想定される範囲内に身を閉じ込めてばかりいるものにとって、吉田篤弘は時々必要な頭の体操をしてくれる作家だ。

  • 2013 9/4

全38件中 1 - 10件を表示

吉田篤弘の作品

モナ・リザの背中に関連する談話室の質問

モナ・リザの背中を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モナ・リザの背中を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モナ・リザの背中の作品紹介

ある日、訪れた美術館で、展示中の「受胎告知」の世界に迷い込んでしまい…。絵の中に迷い込んだ男の冒険奇譚。

ツイートする