あかりの湖畔

  • 222人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (33)
    • (47)
    • (10)
    • (3)
  • 55レビュー
著者 : 青山七恵
  • 中央公論新社 (2011年11月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120043062

あかりの湖畔の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 湖畔に暮らす三姉妹の、家族にまつわる物語。青山さんの作品はまだ2作目だけど、情景が記憶に残る文章だな、というのが第一印象。次はどれを読もうかな、と思わせてくれる。

  • さびれた温泉街を見下ろす大きな湖のほとり、遊歩道の奥にある「お休み処・風弓亭」の三姉妹。
    次女・悠は東京へ出て女優を目指し、高校生の三女・花映も外の世界に憧れている。
    26歳の長女・灯子だけが、生まれ育った場所でいつまでも変わらぬ生活を望んでいた。
    ある日、一人の青年がやってきて街に住み着く。
    妹二人は彼こそが灯子の「運命を変える」のではと噂するが…。
    (アマゾンより引用)

    三姉妹とそれを取り巻く人々のお話。
    が、最終的には彼女らの母親との話にすべて繋がっていくような…

    なんか THE小説って感じ(笑)
    もうほんと何か小説の王道を行ってるような、そんな印象

    三姉妹の長女の性格があまり好きでなく、読みながら軽くイラッと…(笑)

  • 青山七恵さんの長編小説。母親が家を出て行ってしまった家族の微妙なバランスの中で成り立っている毎日を描いた作品。期待した以上に面白かった。やはりお話作りは上手な作家さんです。

  • なんとなく漂う暗い雰囲気、記憶があるなと思い返したら、「ひとり日和」以来の青山さんの作品。
    かなりダークな事件もリアルでちょっと怖かったけど、3人姉妹を中心にした家族のバランスや狭い地域のコミュニティとか、すごく微妙なところをきれいにまとめてる文章力はさすが。
    読んでいるときは気持ちが晴れないけど、読み終わるとすっきりする、そんな作家さん?

  • 青山さんの作品を初めて読んだ。
    最初ののんびりした印象からうってかわり、湧いてくる何らかの感情が
    加速度を増して駆け抜けていった感じ。
    読み終わってみれば作者の底知れぬ才能に圧倒された。

    普段自分が読むジャンルとは違うけど、機会あれば他の作品も
    読んでみようかな。

  • うーん結局淳次なのかしら。

  • 風弓亭に自分もいる感じで読み進めました。2013.12.9

  • 青山七恵さんの文章が好きだ。このお話も取り立てて大きな事件が起きる訳じゃないけど湖の水面がゆらゆらと揺れるように穏やかに緩やかに家族の抱える秘密が繙かれていく。最近読んだ『花嫁』に比べるとパンチはないけど、ところどころにたまらなく素敵な表現がある。2012/235

  • 読売夕刊の連載小説。
    連載期間もずっと夕刊をとっていたけど、全く読んでなかった(笑)

    夕刊にふさわしい、一日の疲れをほぐしてくれるようなやわらかい文章でとても読みやすく、数時間程度で一気に読了。新聞ということで、多種多様な読者層に受け入れられやすい内容にしたのかな、と思う。

    紙面の制約や連載期間の都合(だと思うが)で、いろいろと張った伏線を収集しきれなかった感じもややするが、三姉妹、皆、前向きに次の人生のステージに進めそうなラストでよかった。

  • 灯子、悠、花映の三姉妹には、姉妹の中でのそれぞれの立場や役割、特徴がとてもよく表れていた。「小さな秘密が時の経過とともに重みを増し今の自分の存在そのもののようになっている事」「未来の方を向いた秘密もある事」穏やかな文章の中からハッと気付かされる事柄が多かった。

全55件中 1 - 10件を表示

青山七恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あかりの湖畔を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あかりの湖畔を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あかりの湖畔を本棚に「積読」で登録しているひと

あかりの湖畔の作品紹介

さびれた温泉街を見下ろす大きな湖のほとり、遊歩道の奥にある「お休み処・風弓亭」の三姉妹。次女・悠は東京へ出て女優を目指し、高校生の三女・花映も外の世界に憧れている。26歳の長女・灯子だけが、生まれ育った場所でいつまでも変わらぬ生活を望んでいた。ある日、一人の青年がやってきて街に住み着く。妹二人は彼こそが灯子の「運命を変える」のではと噂するが…。

ツイートする