大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

  • 264人登録
  • 4.00評価
    • (23)
    • (30)
    • (15)
    • (1)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 馬場錬成
  • 中央公論新社 (2012年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120043260

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
シーナ・アイエン...
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者の感想・レビュー・書評

  • ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智氏の評伝。行間から 立ち上ってくるのは、大村氏の誠実さ、努力する姿勢、そして常に前向きな性格である。こんな人が同じ日本人にいるんだ、と思えるだけで誇らしくなる。特に「研究を経営する」という考え方は、時代の先端を走っている。文章もよく練られており、著者の大村氏に対するリスペクトが伝わってくる。

  • 250億円の特許料を世の中のために使うという偉大な人の物語。微生物が産生する有用な化学物質の発見者であり、ノーベル賞に最も近い研究者の一人とも言われている。地方の大学を終えてから、オンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症を撲滅寸前で2億人を救った人だ。惜しむらくは夫を支え60歳で亡くなった文子夫人だ。有名大学の出身ではない大村智氏にノーベル賞をぜひ取ってもらいたい。

  • 化学者であり経営者。たいへん珍しい人。自分たちが発見した微生物が、多くの人を救うとは。なんとも素晴らしく羨ましい人生である。また、細君の才能を見抜き、鼓舞する慧眼にも感嘆する。

  • 2億人以上がかかっている熱帯病を撲滅寸前までにおいやった抗生物質を開発した研究者の話。研究にかける情熱や、そこに至るまでのきっかけ、リーダーとしての姿勢など、一般人にも参考になるための言葉がちりばめられている。久々に胸が熱くなった。

  • ノーベル賞受賞前、先取り的に出版されていた本。成毛眞本とかでもオススメされていて、存在は以前から知ってて気にもなってたから、ノーベル賞受賞前に読んどけば良かった。感想としては、偉人伝は大なり小なり似てますね、ってこと。たいてい含まれるのは、努力なくして道はなしってことと、人付き合いが成功の秘訣ってこと。読むたびに”分かっちゃいるんだけど”って、なんか情けない気持ちになる。じゃなくて、ちゃんと自分の人生にフィードバック出来る人が勝ちあがっていくんですね、きっと。とかひがみばかりじゃなく、イベルメクチンの開発に止まらず、発見や開発したものの多彩さには純粋に驚嘆。北里柴三郎とか、多少関係のある偉人たちの逸話もまぶされていて、飽きが来ないような構成になっていて、総じて楽しく読みました。

  • 読了。ノーベル賞受賞後に本屋で平積みしたのを購入した。帯文の「夜間高校教師は研究者に転じ、そしてアフリカを救った」に惹かれた。読む前は、ヤンキー先生が頑張る話かなと思ったが、全然違った。エリート街道まっしぐらのひとでなく、地道に努力を重ねて得た伝記であった。

  • 推薦者 バイオ環境化学科の教員

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50108323&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 大村智は2015年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった化学者であり、その主な業績は「オンコセルカ症」の撲滅に大きな貢献をしたことだ。オンコセルカ症は主にアフリカで蔓延していた寄生虫による感染症で、年間数千万人の人々が感染しており、失明者を含めて重篤な症状の人は数百万人にのぼると推定されていた。この病気は蚊より小さなブユが媒体となってミクロフィラリアを感染させるもので、それまで有効な予防や治療の手段が無く、働き手の多くが罹患した集落では貧しい暮らしを余儀なくされていた。このオンコセルカ症に劇的な効果がある治療薬メクザチンの成分イベルメクチンを発見したのが北里研究所の大村智だ。
    大村の研究の根幹は微生物が作り出す化学物質の中から有用な物質を探し出すことで、今までに多数の微生物由来の抗生物質を発見してきた。その中のひとつであるイベルメクチンは、抗寄生虫症薬として大変効果があるためWHO(世界保健機構)を通じて2億人に投与され、オンコセルカ症の撲滅に成果を上げつつある。この功績により、大村智は共同研究者のウィリアム・キャンベルと共に2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった。
    大村が研究者として秀でているのはもちろんのことだが、特筆すべきなのは経営者としても優秀だということだ。大村は米国ウェスレーヤン大学での研究生活の経験から「研究者はできるだけ研究費を自分で集めてきて仕事をする」という思想を学び、当時日本ではタブー視されていた「産学連携」という方式で企業から多額の研究資金を取り付けた。先ず大村が創薬につながる化学物質を発見して特許を取り特許の専用実施権を企業に与える。企業はそれをもとに薬を開発してビジネスにする、ビジネスになった場合は特許ロイヤリティを大村に払うという契約だ。その後イベルメクチンの売り上げによって米国の製薬会社から北里研究所に支払われた特許ロイヤリティは250億円にもなり、研究資金の他にも北里研究所の経営の立て直しや新しい病院の設立資金などに充てられた。大村は産学連携活動では草分け的存在であり抜きんでた実績を持っているのだ。
    大村が大学を卒業して初めに就いた職業は夜間高校の教員だった。そこで、昼間は働きながら夜間高校で一生懸命に勉強する生徒たちを見て一念発起し、大学院で勉強し直すことにしたのが大村の研究者としての始まりだった。そんな大村は「幸運は強い意志を好む。やり通すという強い意志をもって、失敗を恐れずに一歩前へ進むことが大切だ」と言う。また様々な人脈をもつ大村は「成功するために大事なことは人との出会い」と述べている。更に、人材育成にも積極的に取り組んだ大村は「教育はとても大切なことであり、政府や企業はもっと人的資源を育てることにお金をかけるべきだ」と訴えている。
     本書は3年前に「大村智の業績を広く世の中に知ってもらいたい」として書かれた評伝で、大村の生い立ちや研究者としての活躍、美術愛好家としての一面などがつづられている。今年80歳になる大村智の精力的な生き方には尊敬の念を抱かざるを得ない。プロローグにある1枚の印象的な写真、「オンコセルカ症から救われたガーナの子ども達に取り囲まれてピースサインをする大村」の笑顔が彼の人生を物語っているようだ。

  • 2015年ノーベル生理学・医学賞受賞の大村智の評伝.
    幼少期よりやはり研究生活を始めてからの方がずっと面白い.とにかくたくさんの試料を調べ,その中から有用な微生物由来の化学物質を見つけるという研究なので,やはり大きなグループでの研究になる.その研究室のマネージメントをはじめとする経営の手腕の巧みさがとても印象に残る.

  • 【中央図書館リクエスト購入図書】☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/cgi-bin/opc/opaclinki.cgi?ncid=BB20013549

  • 非常の良かった、是非埼玉の北里病院に行ってみたくなりましたね。

  • ジャンルとしては科学や医療分野となるのでしょうけれども、やはり人物の歩みにクローズしているという点でノンフィクションかなと自分は思いました。

    やはりノーベル賞を受賞されるような方はものの考え方やバイタリティーが常人とは異なりますね。科学者としての執念や努力もさることながら、経営者としての尋常ならざる手腕に本当に驚かされました。これは本書を読まなければ知らなかったことだと思いました。

    ノーベル賞を受賞された時、大村博士は奥様のことを殊更お話されていましたが、本書を読むと奥様の力の素晴らしさもつくづくと知ることが出来ます。ツマという立場の者としては「内助の功」の大事さを改めて知る一冊ともなりました。
    (だからといって実践できるかは全然別の話ですけど 笑)
    それにしても奥様の名前を冠された基金を設立されたというのは本当に、奥様に対する博士の一方ならぬ感謝と愛情を感じます。
    そして、ノーベル賞受賞という名誉は、決して一人の受賞者の努力や素晴らしさだけではなくそれを支える有名無名の方々の力が本当に大きいのだということを教えられます。

    この本がノーベル賞受賞前に書かれたということが、この本が出版された後の今を知る私たちの感動と感慨をより深めてくれるように思います。

  • ★科学者であるだけでなく、北里研究所を再建した経営者でもあり美術への造詣も深い。
    徹夜で研究をするなど集中力がすごい。それによって一流の研究者との交流が生まれ、いい循環を作っていく。

  • 昨年のノーベル賞を受賞した大村智の伝記。ただ、この本は受賞前に書かれているのがポイント。淡々と業績や人柄について記述されている。研究者として海外で論文を発表し、細菌が生成する化学物質を単離して特許をとり、特許料収入をベースに北里研を立て直し、絵画趣味で美術館を作る。最も成功した科学者と呼んでもよい。すごいサクセスストーリーながら、人生訓など見習うべきところも多い。

  • ノーベル生理学・医学賞を受賞した時にテレビで紹介されていたので。

    面白かった。
    難しい話はほとんどなかったので、読みやすかった。

    豊かとはいえない時代、環境の中、
    高く望みをもって努力を重ねる姿は
    古き良き日本の姿と言うには大げさだろうか。
    北里と言う世界に認められた先駆者がいたことや、
    幸運や周囲の人に恵まれたこともあるが、
    やはり本人の前向きな姿勢が要だったとおもう。

    経営者として北里研究所の再建、
    メディカルセンター病院の設立に努めたことは知らなかった

    大村先生は、その努力と時間を研究にそそげば良かったともらしたこともあったそうだが、
    自分をはじめ多くの人がその恩恵を受け、感謝していることを是非知ってほしい。

  • 2016/2/1

    289.1||オ(4階歴史・地理)

    夜間高校の教師から研究者となり、オンコセルカ症(河川盲目症)の特効薬イベルメクチンの元を開発!!
    毎年数億の人々を失明から救い、昨年ノーベル医学生理学賞を受賞された凄い方です。
    まさに平成の野口 英世!?

  • 1971年9月アメリカに留学する・・・・・。この時代、アメリカは輝いていた時代である セルニレンは、真菌の中の不完全菌類に属する菌が産生する抗真菌性の化学物質である 人と人の交流で得られるものほど大事なことはないという自らの体験を通して熱く語るようになる 日本人に向いている興ふぉう研究体制 2つのセミナーと講演会はいずれもウェスレーヤン大学時代に自信が感銘を受けた体験が創設の動機になっていた 人材育成をするにはまず自分を磨かれなければ達成出来ないと考えるようになる 北本市にある北里研究所メディカルセンター病院、北里大学看護専門学校を訪問したいと思う

  • 2015年ノーベル医学生理学賞を受賞された大村智さんの伝記。夜間高校の教師から研究者になり、努力の末挙げた業績は数限りないものがあります。「研究を経営する」という理念の下、研究者としての研究だけではなく、有益な病院や学校を立ち上げた功績は素晴らしいものがありました。

  •  ノーベル賞を取った科学者、大村智の伝記。

     研究者としての大村智はすごい努力の人だった。特許などで稼いでいく自立型の研究を日本で初めてしたという功績も大きいと思う。
     ただ、同じような努力をしても現在の研究者はちゃんと研究していけるだろうか?という疑問も感じた。研究職の待遇の改善が求められる。
     個人的に一番のポイントは大村智が初恋の人に阿修羅像の写真を贈ったというエピソード。なんじゃ、そりゃ。

  • 大村にとって忘れられない横山の言葉がある。厳しいトレーニング中に発せられた言葉だ。「鼻水を拭くその手を持っていく力があるなら、なぜもう一歩早く前へ出ないか」(p.52)

    アメリカの研究者は、どの人にも貪欲にできるだけ研究費を集めてきて仕事をするという思想がある。これに対し日本人は、あてがわれた範囲内で研究指定校という考えが強い。これでは勝てないと大村は思った。(p.127)

    後年、大村は自分のやった研究室の経営の柱が人材育成であったことが間違いでなかったと確信することに出合う。あるとき書物を読んでいたら、「経営」という言葉の意味に企業の金儲けとは別に、人間形成という意味があることが分かった。『源氏物語』の中で、光源氏と葵の上の間に生まれた子、夕霧を、将来成長して立派な人になるようにと両親は他人に預ける。その預けるときに「この夕霧をお預け申し上げます。ご自分の子と思し召して夕霧の経営をあげてご一任申し上げます」と言っている。「夕霧の経営……」この言葉には人間形成という意味がある。(p.164)

    自分を磨くとは、リーダーシップ、柔軟性、アイデア、情報収集力、協調性、応用術など多角的な能力を一定のレベル以上に保持することである。そのどれが欠けてもうまくいかない。大村はその状況を大村流「桶の理論」として説明することがある。新しい物質を発見する桶がある。その桶には新しい物質という液体が入っている。桶を形成する板のうち、どこかが破れたりひびが入っていたり、低い板になっていればそこから中の液体が漏れてしまい、一番低い板のレベルになってしまう。桶を形成する板がいつも高い水準にあって中の液体「新しい物質」が漏れることがないように、さまざまなカテゴリーで自分を磨くという比喩であった。(p.165)

    大村が常日頃から考えていることは「人と同じことをやっているというと、うまくいってもその人と同じレベルで止まる。独自のことをやると、人より悪い場面もあるが人を超えるチャンスが生まれる」ということだ。(p.170)

    大村は「自分の心を楽しませてくれる」という基準に合わせて絵を買っていた。大村の絵画好き、美術品への傾倒は、北里研究所や北里大学でも有名になった。(中略)外国へ出ると、必ずといっていいほどその都市の美術館を見に出かけるので、大村の趣味はすぐに外国の研究仲間にも知られるようになる。(pp.243-4)

    科学と芸術。一見、なんの脈絡もないように思えるが、これはどちらも創造性がなければだめだ。大村は「絵も同じで、この絵はあの人の作品だと一目で分かるくらいにオリジナリティーがないと価値がない」と言う。たとえば、リンゴの絵にしても、これは誰が描いたリンゴの絵だと分かるくらいのリンゴを描かないと価値がない。(p.256)

    大村はまた、科学と芸術との共通性には、「直感とひらめき」があるともいう。科学者が自然と対面して好奇心を覚えたとき、その原因に対して直感とひらめきによって仮説を検証し、この仮説と時間をかけて実験や計算によって実証していく。一方芸術家は、「対象物を前にしたとき、あるいは心の中に湧き上がる美意識を直感とひらめきによって表現すべく構図と色彩の配合をイメージし長い時間をかけて具現化していく」と言う。「直感とひらめきとは自身の目標に向かい、日ごろからの知識や技術の向上、研究論文や絵画などの先人の優れた作品に出会うなどの研鑽の積み重ねの中で出てくるものである」と言うのである。(pp.260-1)

  • 与えられた環境で一生懸命に努力する大切さ。海外の一流の人々との深い交流。
    大事なことを学んだ。

全46件中 1 - 25件を表示

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者はこんな本です

ツイートする