桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)

  • 27人登録
  • 3.89評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河野裕子
  • 中央公論新社 (2012年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120043789

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)の感想・レビュー・書評

  • 一昨年亡くなった歌人河野氏のエッセイ集。

    かなり古い(1974年)ものから、亡くなる10日前に書かれ死後発表されたものまで、幅広い年代のものが収録されていた。
    1990年代後半以降のものは、既読のものが結構あったかな。

    彼女の詠んだ歌が素晴らしいのはもちろんだが、エッセイも大好きなので、たまたま図書館で本作を見かけて即日読了。
    巻末の著者略歴を見れば、奇しくも著者の命日であった。

    余談。
    1989年のエッセイで、家族で宿泊した信州のペンション「きのこ」で偶然カメラマンの伊沢正名氏にお会いした、というくだりがあってちょっとびっくり。私が昨日、本作と一緒に図書館で借りだした「粘菌」のカメラマンではないか。あらまあ。
    ちょっとした偶然だけど、著者ではないが「不思議なご縁で」というところ??

  • 繊細な歌をつくるイメージのあるひとでしたが、それはひとつの側面に過ぎなかった。実際はかなり骨太で、根幹的で、強い想いと響きのある歌をつくるひとだったのだ。
    ライフステージのどこにいるかによって、どのように作品が変わっていくか、なんとなくわかった。受け継がれた遺伝子は、今後どのように花開いていくだろう、楽しみである。

全2件中 1 - 2件を表示

桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)の作品紹介

病んでいても健やかな歌を作りたい-死の十日前に綴られ、死後発表された「実作教室」、そして歌を詠む人へのメッセージを収録。若き日から死の直前までの心に沁み入る七三の掌篇。

桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)はこんな本です

桜花の記憶 (河野裕子エッセイ・コレクション)のKindle版

ツイートする