空より高く

  • 583人登録
  • 3.45評価
    • (25)
    • (81)
    • (102)
    • (23)
    • (2)
  • 106レビュー
著者 : 重松清
  • 中央公論新社 (2012年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空より高くの感想・レビュー・書評

  • 本の装丁が綺麗♪側面も表紙と同じ青色で珍しい。
    廃校前のトンタマ(東玉川高校)に赴任してきた熱血ジン先生と主人公のネタロー、ヒコザ、ドカ、ムクちゃん達とのお話。
    ピエロさんとの出会いを通じて学園最後の思い出作りに何だか遠い昔を振り返りキュンとなった。
    冷めてる先生方の中でジン先生の一言が、時代を感じさせられ可笑しくそれでいて、青春とはこうあるべき!って何だかとっても共感できて良かった。
    「ガキの頃の思い出の数は、オトナになってからの何十年よりずっと多い。一日一日の密度も濃い」とネタローのお父さんの言葉も良いね。

  • 初出 讀賣新聞夕刊(2005年3月~11月)単行本化に際し大幅に加筆。


    久々に手にとった重松新刊作品。重松作品、以前は発売日に買って胸を高鳴らせながら読んでいたのが本当に懐かしく思いました。
    廃校が半年後に迫ったニュータウンにある東玉川高校、通称トンタマで学ぶ高校生四人組の半年間を綴った物語。
    例えば近年の重松作品の傑作と言われている『とんび』のように圧倒的な感動を求めて本作を手に取ると肩すかしを喰らうかもしれない。
    重松さんの他作のようにある問題提起(たとえばリストラやいじめ)を読者に投げかけるとか、そういうスタンスで書かれた作品じゃなく、いろんな問題(社会的な問題、家族の問題、恋愛)を重松さんなりに人生の通過点として青春小説として無難にまとめた作品のような気がする。
    上記以外の登場人物でもっとも個性的であると言えるジン先生のキャラもそんなに際立ったものだと思えないが敢えてそう書いているのでしょう。
    そのあたり新聞連載ということも影響しているのかなと思ったりもする。

    紅一点のムクちゃんはネタローにはもったいないような気がすることをつけ加えておきたい、男性読者の方是非確かめてください(笑)
    重松さんの作品の中では爽やかな作品だと言えるかもしれないが、多少主人公であるネタローがはっきりしない奴だなと思って読んだ読者も多いだろうと推測する。
    ただ、仲間の大切さを謳っている点では読者に伝わることは間違いのないところであり、涙頂戴なしでも筆力の高さを窺い知ることはできますがたとえば重松作品を20冊以上読まれているような方には物足りないと感じるかリラックスして読める作品なのでしょう。
    作中で何度も使われる“レッツ・ビギン!”という言葉に集約されるように、どちらかと言えば、中年読者が過去を懐かしく振り返るような作品と言うより、若くて夢のある読者の背中を押してくれる作品だと言えそうですね。
    私は少しビターで爽やかな青春小説としてまずまずの評価をしたいと思う。
    そして未読の重松作品も手にとりたいなと思っています。

  • なんだかんだと言いながら、舞い戻った故郷仙台の図書館活用システムにようやく慣れつつある。
    おかげで、最新作にもかかわらず、発売後1週間(予約後1週間!!)で借りられるという快挙。
    東京在住時でさえなかったことだ。
    手にした本も、心なしか新しい紙の匂いが感じられる。

    さて、久々の重松清作品。
    一昨年の秋、嵌りに嵌って立て続けに10冊以上彼の作品に没頭。
    「その日の前に」「君去りしのち」「疾走」「カシオペアの丘で」など心に響く名作ばかりだった。
    それ以来だから2年近いご無沙汰だが、今回も同様、読後感の良い作品だ。
    2005年、読売新聞夕刊に連載されたものらしいが、何故に単行本化されるのにこれほど時間がかかったのだろう、不思議だ。

    重松清。生と死、オトナと子供に真正面から向き合い、問題提起する。
    オトナなんて高校生から見ればみんなカッコ悪いんだ。
    カッコいいオトナを目指し、カッコ悪い大人にはなりたくないから、
    若者は未知の世界に向かって旅をする。

    一所懸命に生きてもカッコ悪いことはある。
    一所懸命になればなるほど、どんどんカッコ悪くなることだってある。
    それでもまっすぐに。ひたすら真っ直ぐに。
    そう生きていける時代。年頃。
    信じられるものがあって、誇りを持てるものがあって、それを支えにまっすぐに。
    青春なんて言葉はとても気恥ずかしくて口には出せなかったけれど、
    今思い返せば、あれはやはり青春と呼べる時期だったのだろう。
    未来を信じ、夢を描き、希望を抱いて、一生懸命生きていた。
    若いということはなんと素晴らしかったのだろう。
    あのまっすぐな気持ちをいつまでも抱き続けたいと思う。

    NHKの朝の連続ドラマ小説にベッドシーンが出てこないように、主人公ネタローとムクちゃんの付き合いにも今どきの高校生らしい恋愛シーンは登場してこない。
    でも、それでいいのだ、この小説は。
    新聞の連載小説だからというのではなく、僕とムクちゃんはそういう関係なのだ。
    純粋なのだ、真面目なのだ、まっすぐなのだ。

    『卒業』に向かって新しい世界への旅立ち。レッツビギン!! 過去との決別。
    もっと飛べ。もっと高く。もっと遠く。空より高く。

  • 本当にさわやかで清々しい気持ちになった。
    こんな重松清もあっていい。
    ストレートでよかった。

    「レッツ・ビギン!」

    30半ば過ぎの2児の父親だけど、この言葉心に響いたな。

    ネタローと親父の関係も良かった。

  • ほんとに重松さんの作品は心にパワーをもらえます。
    廃校前の生徒と教師・父と息子・友との関係を通し、成長する青年のお話です。
    涙あり、笑いありの作品の中に、生きるパワーをもらえる作品です。
    大人でも無理してかっこよく生きる必要もなく、毎日美味しいご飯が食べられて、ぐっすり眠れて、何かに一生懸命になれて生きていけたらいいんだなって思える作品です。
    もうこの熱いおやじパワーの重松ワールドにはまちゃいます。

  • 『レッツ、ビギン!』
    この言葉は、今の歳になって身に染みて大切さがよく分かる。何かを始めること、その時その時に自分がしてきたことの証があることはとっても素敵なことだ。大人の一歩手前にいる高校生たちが、少しずつ先生の影響を受けて精神的に変わって行く様がいい!大人に言われてすると言うことに反発しがちなのに…。『大人』を受け入れてこそ、『大人』になれるのかもしれない。
    親子愛を描く重松さんの作品もいいけど、たまにこんな青春ものもいいかも。

  • うーん

    これは正直微妙…

    よんでても面白くないっていうか…

    なんかすみません

  • ニュータウンの人口が減れば自然とその地域の学校も閉鎖になるわなぁ。
    自分の学年が最後の卒業生というのはなんか寂しい。
    だって、後輩が存在せず、1年1年生徒が少なくなっていくんやもん。
    そこへ第1期生の熱血先生がやってきたら…。こんな熱い先生って今どき存在しないのかもしれないけれど、出会えたら心に残る先生になること間違いなし。
    いいな、青春。

  • ■重松清さんの全作品を感想文にしてブログで挑戦中です。重松清ファン必見! http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/

  •  読んで良かった。久しぶりの重松清さんのお話。楽しかった。ヒロインが、
     とても良かった。これも、通勤で嗚咽が溢れそうになった。今月は、涙腺
     もののお話が多くて、とても良かった。

  • 読了した重松作品の中で一番ニタニタしながら読んだ作品
    軽~く読めて楽し~くてがんばろーって気持ちになる
    今まで読んだ重松作品は心の《内》にグッとくる【静】の作品が多かったのですが
    この作品は
    『やろうよ!考え込むのであれば!!やってみようよ!!!」
    っていう【動】の作品
    《外》にむかって行動してみようよって感じ
    こういう重松清も好き!!
    一番印象に残った言葉【ダシ】
    隠し味の【ダシ】
    社会において黒子のような人物も大切だってこと
    縁の下の力持ち・・・いなけりゃ困るよね、味気ないよねって
    http://momokeita.blog.fc2.com/blog-entry-215.htmlより

  • 廃校が決まった高校の最後の3年生と熱血先生の青春物語。青いねぇ。生臭いまでに青いけど、人は皆若かった頃があるわけだし、その頃のちょっと恥ずかしかったことを思い出しながら読むと、何気に(ジン先生だけに)ジンときます。下手な洒落ですんません(笑。

  • 読売新聞夕刊に連載されたものに加筆して単行本化。
    まずは装丁。天地、小口がぜんぶ青!。表紙もラストシーンのように青空にディアボロが飛んでる。

    廃校になる高校の最後の学年の生徒たちが、一期生だった教師の「レッツ・ビギン」に煽られ、卒業を控えてそれぞれのスタートを捜す青春小説。笑えて泣けて、楽しめる。

    若い読者の背中を押してくれる本だ。
    おじさんの読者には、青春の後悔のほろ苦さにちょっとだけ甘みを加えてくれるかも。


    父親が弾き語る『夜空のムコウ』を聴いて、主人公はこう思う。
    (以下引用)
     未来--僕は「あの頃」をどんなふううに振り返るのだろう。オトナになった僕は、「あの頃」のなにを忘れて、なにを覚えているのだろう。そして、未来の僕は「あの頃」とどこが同じで、どこがかわってしまうのだろう。
     全然変わりたくない。ぜんぶ覚えていたい。でも、きっと、僕はたくさんのことを忘れて、けっこう変わってしまうのだろう。それでも、なにかが同じで、何かを覚えていて、そこにヒコザやドカや、ムクちゃんが、いてくれたら--。

  • 後悔を恐れるな!
    「やらなかったこと」ではなく、「やっちゃった事」に対する後悔を!

    いいですね。子供でなくても勇気づけられる言葉ですね。

    この本も元気がわいてきます。

  • 重松清さんの作品は泣きながら読むことが多いけれど、
    今回はどころどころでウルウルしつつ、読み終わった直後に
    うわぁぁ~っ!と涙が出た。こういうのは初めてかも・・・

    で、内容とは関係ないけれどやっぱり指が青くなります~

  • 廃校になる高校の最後の生徒達の『レッツビギン』
    ピエロさんに教わり、ジャグリングやディアボロをしながら、何を始めるのかを考える。ゆる〜い青春モノ。重松清で泣くぞ〜、と思って読むと肩すかしをくう。

  • 先の見えてきたニュータウン。
    そこにある高校も廃校が決まり、後輩のいない最後の学生たちの物語。
    あきらめから、前向きに終わりを迎えるようになる高校生。
    親の事件、自分の事件、突然の告白、いろんなことを乗り越えていくそれぞれの青春。

    相変わらず、重松清は期待を裏切らず、面白かった。

    だけど、困ったことが一つだけ。
    手に汗握るわけではないけれど、この本を読むと、手が青くなってしまうのだ。

  • 煮え切らない主人公。ある事から目覚めて行くのだが、それまでのトンネルが長い。

  • 学生真っ只中の思春期のど真ん中の時期は
    こういう「いかにも」な「青春物語」が
    ものすごく苦手だった。

    主人公であるネタローのように
    特定の友人もいないわたしは
    どこかで羨ましかったのかもしれない。

    ジン先生のことばやふじともさん
    ネタローのお父さんの言葉は
    すごくグッと来たし、
    ムクちゃんのまっすぐさには
    同性のわたしも胸を打たれた。

    こういうことをやってこれなかったオトナとして
    ワカゾーのうちにやれることを
    なるたけやってほしいとおもう。

    「人間は空は飛べない!」

    「だから、地べたで生きろ」

  • 短編も長編も読みやすい。とても引き込まれる。
    高校最後の年という、多感な時期。それぞれが成長していく様は、力強くも儚く美しい。
    大人になったからこそ感じるものなのか。
    「良いダシになるように、応援してください。」

  • (2015.04.22読了)
    大好きな重松清ですが・・・。
    廃校が決まった東玉川高校(トンタマ)最後の生徒たちの物語。合言葉は「レッツ・ビギン!」
    悪くない内容ですが、私としては今ひとつ盛り上がりに欠けました(^^;;

  • 安定の面白さ!
    心がスッキリしました!

  • この作者は中高生の気持ちがなんでこんなにわかるのか。その口調や仕草が目に浮かぶ。印象深かったのは、初詣の神社の境内でお願い事をする場面。何お願いしたらいいのかわからず、頭の中で「とにかく、よろしく」って言っちゃうとこ。いかにも高校生っぽい。ネタローは私の頭の中では嵐の二宮くんで再生された。
    文字にこだわりがあるらしく、カタカナ・ひらがなを使い分けていることに気がついた。作者なりにこの作品に合うものを一つひとつ選んでいるのだろう。

  • ◼安定の重松清な感じ。高校生のライフワークと生きることと死ぬことと。
    もしや、と考えたストーリーと違ったけど(私はがより暗い方向に考えすぎね)終わりに向けて何かを始めよう。は新年の何かを始めようってときに読むのはタイミングよかったかな
    みんなアダ名があることがいつか、あの頃って懐かしくなる時代になりつつあるのかなーと思いつつ。
    マジメでなくていいんだよ、かっこ悪くていいんだよ、っていうメッセージもある作品。マジメじゃなくてもいいんだよ、はもしもし下北沢に通じるものがあるね。

  • 綺麗に終わったなって印象。
    重松先生作品にしてはめずらしくあまり共感できず・・

全106件中 1 - 25件を表示

空より高くを本棚に「読みたい」で登録しているひと

空より高くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空より高くの作品紹介

廃校が決まった高校の、最後の生徒として入学した僕ら。平凡な毎日は、熱血中年オヤジ・ジン先生との出会いによって一変した……。今を生きる全ての人に贈る、まっすぐな青春賛歌。

空より高くに関連するサイト

ツイートする