ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊

  • 366人登録
  • 3.60評価
    • (18)
    • (20)
    • (30)
    • (3)
    • (4)
  • 32レビュー
著者 : 成毛眞
  • 中央公論新社 (2012年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044274

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本は危険だ。というかもう遅い。
    また増えてしまった、読みたい本…。
    しまったな~、う~ん、わかっていたんだけどなあ、こうなることは。
    しかも情けないことに既読本はわずか6冊。少なっ。
    読みたいと思ってリストアップしてあった本が8冊。
    本書でそのリストに加わった本が12冊。
    そうこうしているうちに、またどこかであれこれ増えていくんだろうな~、読みたい本リスト。

    永久に追いつきそうにない。

  • 沢山のAmazonほしいものリストが。。。

  • 成毛さん本を読み、ついでにと手にとった一冊。
    HONZメンバーの書評を150点紹介してます。
    書評の合間にあるHONZメンバーのエピソードも面白いです。皆さんの本好きぶりがよく伝わります。
    自分も憧れます。
    150点の中で読みたいと思った本は2点です。
    フィンランドのソ連との冬戦争の時に活躍したスナイパーを描いた「白い死神」。この土屋さんの書評で、フィンランドに興味を持ちました。
    有機化学に興味が持てそうだということで「スパイス、爆薬、医薬品」。
    人の書評を読むことも、これまた読書であると感じます。

  • ノンフィクションの本を選出されていて、期待通り何個も読みたい本が見つけられた。

    HONZはプロの評論、書評家集団ではなく、本好きたちが集ってできていて、一般的な読者の目線で興味をそそられる本を紹介していることが特色。

    が、書評を読んでいて、興味のわかない書評も正直あった。
    自分のブクログの感想は、書評としてみたら、HONZの人たちの足元にも及ばないと思う。だが、HONZの人たちの書評も自分には興味のわかないものもある。
    やはり、プロの書評家の力は相当高く、書評は奥深い。
    本に本気で対峙し、何度もその本のコアの価値を掬い取ること。(HONZの人たちはこれはできているのだと思う)。それを一般大衆に対して、明快に知的好奇心をくすぐり惹きつける。エンターテイメントでありながら芸術的である必要があるのだろうと思う。

  • 『理系の子』はとても面白かった。ノンフィクションに興味出てきた。

  • 松阪BF

  • HONZが選んだ150冊。これから順に読んでいくぜ!うひょー!

  • うむ、面白そうな本がまだまだこんなにもいっぱい。

  • 小説ばかりで殆ど読んだことのないジャンル、ノンフィクション。
    この本を読んでみたら、ノンフィクションもなかなか面白そう!
    この中から何冊か挑戦してみようと思う。

  • 図書館で借りた…

    この本で読みたいなぁと思った本を読むことにしますー

全32件中 1 - 10件を表示

成毛眞の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊を本棚に「積読」で登録しているひと

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊の作品紹介

「新刊ノンフィクションはこれを読め!」のHONZが厳選に厳選を重ねて読者にお届けするブックガイド。『さいごの色街 飛田』『河北新報のいちばん長い日』『地球全史』『神は数学者か?』『スパイス、爆薬、医薬品』『江戸時代の天皇』『未来国家ブータン』などを網羅。

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊のKindle版

ツイートする