国家漂流 - そしてリーダーは消えた

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 伊藤惇夫
  • 中央公論新社 (2012年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044359

国家漂流 - そしてリーダーは消えたの感想・レビュー・書評

  • 政治アナリスト 伊藤惇夫の本。
    政治アナリストが出した本なのでてっきり日本の政治批判の本かと思いきや、それを切り口にリーダー育成方法まで話が及んでいて、意外な展開にぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまった。

    政治家のリーダーである総理大臣に育つまでの環境、実際に彼が見た政治家の素顔、そして海外のリーダーを育てる環境などを紹介。
    どの項目も面白かったが、彼が知っているかつての大物政治家の話は、生の声ということもあり、興味深い。

    だからといって「昔の政治家は凄かった」と回顧だけにとどまってなくて、なぜ凄かったのかなど、彼なりの細かい分析もされていたり、海外のリーダー育成環境を紹介しつつも「この育成方法が日本に合うかどうかは風土などが違うから分からない」と冷静な姿勢なので、こちらも冷静に考えながら読めた。

    誰もが失敗を恐れたり、横並びが良いという教育で、画一的になってしまっている現代。
    不況など余裕があまりない社会だが、今後の日本の発展を期待するなら、少し体力や余裕が少しだけでも「他人と違うところ」を正しい目で見抜いて育てる環境を作って欲しい。

    そして私たちもリーダー資質を持ってる人を見抜く目を持っていかないといけないと思う。
    (誰かみたいに意図的に敵を作ってマスコミを使って「相手が悪い」という雰囲気を作って謝らせる…みたいなのを良いとするのはなんか違うよね)

    ちなみにいわゆるhow to本ではないので「リーダーになるにはこんな条件が揃っていなきゃいけない」ということは書かれてないので、ご注意。

全1件中 1 - 1件を表示

国家漂流 - そしてリーダーは消えたを本棚に登録しているひと

国家漂流 - そしてリーダーは消えたを本棚に「読みたい」で登録しているひと

国家漂流 - そしてリーダーは消えたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国家漂流 - そしてリーダーは消えたを本棚に「積読」で登録しているひと

国家漂流 - そしてリーダーは消えたの作品紹介

政界再編、政党崩壊-激動の瞬間に「本物の指導者」の資質を問う。岸・田中・中曽根など歴代総理と身近に接した著者が語る、体験的リーダー論。

国家漂流 - そしてリーダーは消えたはこんな本です

ツイートする