立花隆の書棚

  • 526人登録
  • 3.88評価
    • (28)
    • (39)
    • (22)
    • (6)
    • (2)
  • 34レビュー
著者 : 立花隆
制作 : 薈田 純一 
  • 中央公論新社 (2013年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (650ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044373

立花隆の書棚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立花隆さんの「ネコビル」に納められている大量の本を書棚別に立花隆さんがすべて解説しているという本。
    書棚の写真もたくさん収録されているのですが、写真の撮り方も独特で、書棚一段(1ブロックというのかな)につき1回シャッターを切って、タイトルがぼけないようにピントを合わせた写真を加工してつなげた書棚の写真になっている。
    せっかくの書棚写真なのにタイトルがぼけてて見えない!というイライラが0になる撮影方法。

    立花隆さんは1冊本を書くたびに書棚ひとつぶんの本が増えるという仕事のやりかたをしているらしく、その書棚の本とその本に関連した仕事のエピソードがつづられている。

    脳、イスラム教、キリスト教、ラファエル前派、猿、共産党、田中角栄など。

    コリン・ウィルソンを通してウィトゲンシュタインと出会うって、なかなか珍しい出会い方だと思う。

  • 所蔵本の圧倒的な量に凄いとしか言いようがない。本棚に囲まれた書斎で、好きな音楽を聞きながら、読書できたら最高。いつか、そういう環境を構築したい、、、と思っていたが、今はKindleが便利すぎて、十分、満足かな。知足、知足。

  • 2013年刊。◆詳細に撮影した書棚を掲載する一方、著者自身の書棚(ネコビル+α)及び、そこでの所蔵書を解説していく。◇帯に「書棚は持ち主の知的財産の断面なのだ」とあり、それ自身はそのとおり。ただ、本書に関して言えば、如何せん解説の分量が少なすぎる。冊数からすれば詳細な解説は不可能であると思いつつも、中途半端というか、隔靴掻痒というか、食い足りないというか…。◇もっとも、著者お勧めの書の内、読みたい本は過去の著者本に加え益々増加したのは確実。ファインマン、アインシュタイン、ウェーバーと各国スパイ関連がそれ。

  • 立花隆さんの世界観や人生観を書棚で感じた思い。この本を出したきっかけの深いところを知りたくなった。いつまでもお元気でいてほしい方です。

  • 桁外れの本の数、ジャンルの多様性、そして著者の知識量に圧倒される。
    現場取材を伴う実践的な知識も多いから余計に深みがある様に感じる。

    とても真似はできないが、自分が興味を持った事については、反対意見も含めて周辺情報を徹底的に調べる姿勢には勇気をもらった。
    一言でいうと「こだわることの大切さ」でしょうか。

    読み終わるのがすごく惜しく感じる本でした。

  • mo

  • 猫ビル。圧巻。

  • もしも許されるなら
    人の本棚を眺めたりするのが好きだ
    そこには自分の知らない世界が広がっていて
    知っていても違う見え方のする世界があって

    以前「人の本棚に赤川次郎があると幻滅する」
    というようなことを言ってた人がいたけれど
    ぼくはとりたててそう思ったことはない

    そして立花隆さんの本棚(タイトルは書棚)

    本のためのビルを持っている立花さん
    あまりにたくさんあるためご本人も
    10万~20万の間としか把握できてない蔵書数

    この本はその大量の本棚を(ひと棚ずつ)撮影し
    (その撮影方法の話もなかなかおもしろい)
    ここという棚について説明をしてくれるという
    本好きにはたまらない内容となっていると思う
    本棚を眺めるのが好きな人にも楽しいでしょう

    ↓続きはこちら↓
    http://dekirebane.seesaa.net/article/387770707.html

  • 圧倒的なページ数に始まり、そこに収まりきらないほどの本の数々が読む人を魅了する。

    書棚をみればその人(の人間性)がわかる、と言われるほど、書棚はその人が時間とお金を使って蓄えてきたものが何なのかということを無言のままに教えてくれる。本の種類や本の数、著者にカバー、そしてその本の内容と、本一つとっても構成している要素は多分にあり、どれ一つとっても同じものはなく、その本ならではの個性が本から溢れ出している。

    著者の本が収められているネコビルは、読書スペースと言うよりも仕事の為の書棚としての利用が多くを占めているものの、その本のどれもがジャンルを問わず多岐にわたり、見ているだけで思わず手に取り読みたくなってしまうものばかりである。著者と自身の年齢差においてはおよそ50歳と大きく開きがあるのだが、自分自身がその歳になった時に、ここまではとは言わないまでも、これに値する書棚に囲まれた生活を満喫したいものである。

  • 人んちの本棚って面白いもんだけど桁が違いすぎ
    それと資料としての本だからなのかもしれないけどマニアックすぎて自分で読んでみようと思ったのはほとんどなかった

全34件中 1 - 10件を表示

立花隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
クリス・アンダー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

立花隆の書棚の作品紹介

圧倒的な知の世界。立花隆自ら全書棚を解説。書棚を前にして、語りは、境界を越えてとめどもなく広がり、語り始めると止まらなかった。

ツイートする