サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語

  • 75人登録
  • 4.42評価
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 小林 力 
  • 中央公論新社 (2013年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044793

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たいへんに面白い本だが、ややタイトル詐欺。
    副題を「世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語」というのだが、これだけ見ればあたかも、ナチス政権下で国立研究所かなんかにいたドーマクなる人物がサルファ剤を作ったかのように誤解する。
    実際には、ナチスと聞いて多くの人が想起する1938年の開戦以後のような抑圧社会と、サルファ剤の開発ストーリーはほぼ関係がない。「いわゆるナチス政権」は、サルファ剤の開発も発売も全世界的な熱狂もすべて経た後、ドーマクにノーベル賞が与えられるという段になって、わずかに絡んでくるにすぎない。よって本書でも——こんな副題のくせに——「ナチス」という語は半ば過ぎまで登場しない。

    それはともかく、くり返しになるが面白すぎる本である。
    サルファ剤の開発に至るまでに、ドーマクたちは2年以上もありとあらゆる化合物を総当たり式で試していくのだが、涙なくしては語れないこの苦難の日々は、あっと驚く結末を迎える。メイン物質Aにありふれた物質Bを合成したA+Bにこそ薬理作用があるのだと思い込んでいたのに、なんと取るに足らぬ引き立て役とされてきたBこそが「奇跡の薬」の本体であり、しかもそのことは、ついに発売なったA+B薬の華々しき門出からわずか4か月後に発表されたのだ。
    嘘のような本当の話だが、考えてみれば科学読み物の世界では、逆ベクトルのこの手のエピソードには事欠かない。培養皿にたまたま飛び込んだカビとか、こぼした試薬をとっさに妻のエプロンで拭いたとか、ストーブの上にねばねばを落としたとか、リンゴが頭の上に落ちてきたとかいうアレである。あのような「奇跡」が数々起こるのであれば、「答えはすーぐ目の前にあったのに! なーんで見つからないかなあ?」ということもまた、十二分に起こりえるものなのだろう。

    なお、サルファ剤が「忘れられた」のは、上記B薬の真実が天下に知れ渡ったからではない。かの「奇跡の薬」が辿った運命は、それをはるかに上回る複雑さと興味深さに満ちている。ぜひ一読を勧めたい。

    2017/10/5〜10/7読了

  • 2017/01/29

  • すばらしい一冊。原題のほうがしっくり来ます。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:492.31||H
    資料ID:95130513

  • プロローグ ハワイ真珠湾
    1章 戦場の現実
    2章 ご老体と第一次大戦
    3章 虚無と使命と
    4章 就職と結婚
    5章 世界最大の化学工場
    6章 産業界とアカデミア
    7章 バイエル大帝国のチームワーク
    8章 最も恐るべき、ありふれた細菌
    9章 産科病棟の疫病
    10章 細菌を殺す真紅の色素
    11章 パナケイア目覚める
    12章 抑えられぬ興奮
    13章 赤い車の白いエンジン
    14章 フランスチームのダンス
    15章 ホワイトハウスの実験
    16章 サルファ・ゴールドラッシュ
    17章 危険なレシピ
    18章 新しいFDA
    19章 サルファ剤ゲーム
    20章 検閲と連行
    21章 第二次大戦
    22章 それぞれの終戦
    23章 ストックホルムへ
    エピローグ 束の間の栄光と偉大な影響

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 492.31@H102@1
    Book ID : 80100455441

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002351943&CON_LNG=JPN&

  • -

    2階書架 : WZ100/DOR : 3410157359

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
クリストファー・...
エリック・ブリニ...
トレヴァー・ノー...
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
冲方 丁
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語を本棚に「積読」で登録しているひと

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語の作品紹介

それは細菌感染に無力だった人類が初めて手にした"効く"薬。顕微鏡下の地道な探究が、戦場の様相を、医師の役割を、医薬品開発の仕組みを根底から変えた-「最も偉大な医学の勝利」をめぐる知られざる歴史のドラマ。

ツイートする