スカル・ブレーカ - The Skull Breaker

  • 582人登録
  • 4.11評価
    • (64)
    • (110)
    • (32)
    • (4)
    • (0)
  • 88レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044939

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 剣豪シリーズの3作目。
    展開というか、ゼンの正体というか出生の秘密は、何度も示唆されていたことではあるけれど、思っていた通りで、やはりな! と。
    しかしそこに至る過程や登場人物が魅力的だし、削ぎ落とされた文章もこの作品世界にはぴったり。
    今作では、ヤナギとの邂逅、旅館での不幸な出来事とその際の対処の仕方と気持のやり場、子供への対応や真摯な説明など、ゼンが成長していく様が描かれているのだろうが、旅館での出来事は読んでいる方もスッキリしないモヤモヤを抱えることに。
    それがゼンと読者の思いをリンクさせることにもなっているのかな?

    「ヴォイド・シェイパ」から始まる森博嗣の剣豪シリーズはてっきり3部作だと思い込んでいたけど、どうやらまだ続きそう。
    作品世界をまだ楽しめるのはとても贅沢な時間だ。

    物語最後のノギとのやりとり。
    自分を想ってくれる人、生きていて欲しいと願ってくれる人、そんな人がいて、そしてその人が側にいてくれる。
    きっとそれはとても素敵なことで、どうしようもない奇跡なのだろう。

  • 相変わらず装丁が美しい小説です。惚れ惚れ。
    山を降りたばかりのゼンと今のゼンを比べると、ゼンがいい意味で人間くさくなっていて、ゼンという人間が少しずつ形作られているようで面白かったです。
    そして、ゼンの何も知らないからこそ生まれる少しズレた感覚や会話は相変わらず微笑ましかったです(にこにこ)。

  • 森さんの新刊を読めるという喜び!待てるという喜び!

    たぶん、この手のテーマは失敗するとすごくくどくなってしまうと思うのだけど、森さんの文章だとフラットな気持ちで読める。

    このシリーズは、とても真摯に知的好奇心の原点が表現されているように感じる。

    それにしても、カバーが本当に美しい。

  • 主人公ゼンがこれぞ天然、無垢な剣豪でとても魅力的。 シリーズ3作目。
    孤独があたりまえの山での生活から人里にでてきて考えながら順応していく。考えて実践するゼン。思考と実践。評価と再試。経験の蓄積。コミュ障改善の手引き書として読めるぐらいに、ゼンの気持ちと思考を語ってくれている。剣術の道を極める物語に素性の謎と旅での出会いがからまる。ところどころにくすっと笑えるゼンの言動もある。全編に流れる緊張感と静けさはゼンの視点だからか。戦いの場面でもどこかに静があるような。ただものじゃないチャンバラストーリー。大好き

  • 2013/5/3読了。

    主人公の生い立ちに関する秘密の一部が明らかになるが、このシリーズの中では、本作の位置付けはつなぎの一冊であると感じられた。持って生まれた才と、努力に関する考察が印象深い。

  • ヴォイドシェイパシリーズ-3
    あくどい侍のいる町。寺での待ち合わせ。物語がずいぶんすすんできた。
    強い人の共通点、そこまで隠せるものなのか、物語だけのことなのかとても気になる。そもそも力量を見極められることもできないけれど。

    蔵書
    電子書籍

  • 『ヴォイド・シェイパ』シリーズの3作目。3年前に購入した初版本をようやく読了した。はじめは全3巻と聞いていたが、いつの間にか全5巻に増えていて、しかも完結してしまっていて慌てた。
    ゼンの旅は続いている。ヤナギの控えめな強さが印象的な巻。ゼンの出自は前巻で匂わせていた気がするのであまり驚かなかったが、これでまた話が進むのは楽しみだ。
    160527

  • 「鉄砲とやり合うときは、どうするんだ?」
    「逃げます」
    「え?」

    シュールで笑える。
    剣の道は、人それぞれらしい。
    装丁が綺麗すぎて感動した。

  • ゼンもだんだん人間味が出てきたというか。出生に関わることがらも起きて、本人にはその気がなくとも周りを巻き込んでいく存在感というか。登場人物が少しずつ増えていって、続きが気になる3巻目でした。

  • 読んでいると静けさで胸がいっぱいになるシリーズ。読みながら自分の大事なものと向き合うことができるので夜にしみじみと読むのにいいですね。

    ゼンも冗談や嘘を言うことを覚えて、ちょっと人間っぽくなってきましたね。ノギのおかげかな。噛み合わないやりとりが微笑ましいです。
    ゼンの出生のことは、なんとな〜くそんな気はしていた展開ですが、今後、物語はどう動いていくのでしょう。ディズニープリンセス系サクセスストーリーみたいにはなってほしくないなあ。

全88件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerに関連する談話室の質問

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerを本棚に登録しているひと

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerを本棚に「読みたい」で登録しているひと

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スカル・ブレーカ - The Skull Breakerの作品紹介

誰より強くあっても、すべてを知っていても、死ねば消えてしまう。それなのに、何故求めるのか。そう…。立ち向かおう。いつも、命を懸けて、ただ剣を振れば良い。生きているから、恐くなる。しかし、剣を持てば、もはや生きた心地は消える。だから、恐くない。

スカル・ブレーカ - The Skull BreakerのKindle版

ツイートする