「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボ

  • 24人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 松枝 愛 
  • 中央公論新社 (2013年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
スティーヴン・D...
高橋源一郎
スティーブン・ピ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボの感想・レビュー・書評

  • 第二次世界大戦後、アメリカに吹き荒れた赤狩りはハリウッドにも
    及び、非米活動委員会は共産主義者との疑いを掛けられた映画
    関係者を証言の為に召喚した。

    召喚された本人は勿論のこと、この証言では仲間を売ることを奨励
    された。そんな委員会に反旗を翻した人々がいる。

    ハリウッド・テンと呼ばれる人々だ。そのなかのひとりが、本書で
    扱われている脚本家ダルトン・トランボ。

    アメリカ憲法第一修正条項「議会は言論の自由や平和的な集会
    を制約するいかなる法律をつくる権利も有さない」を盾に取り、
    証言を拒んだことで映画界から追放される。

    だが、トランボはそんな理不尽な扱いに屈しない。偽名を使い、
    時には替え玉を使い、脚本を書きまくる。

    その脚本の増産は経済的な理由からでもあったのだが、どれだけ
    の映画がトランボの作品であるのか。すべては明確になっていない
    そうだ。

    本書はトランボの脚本作品を、公開年代順に並べて脚本の内容
    から彼の思想の変遷を追っている。

    映画は好きだけれど、脚本家までは気にしていなかった。結構、
    観てるんだな、トランボ作品。ハリウッド復帰のきっかけとなった
    「黒い牡牛」、「スパルタカス」に「パピヨン」、「栄光への脱出」
    「ジョニーは戦場へ行った」等々。

    なかでも近年になって実はトランボが脚本を書いたことが分かった
    「ローマの休日」。ひたすらオードリー・ヘップバーンの可愛さを見る
    映画だけれど、これも本書で脚本を分析している。

    トランボが描いた世界の底流にあるのは名誉であり、反逆であり、
    誇りである。それを映画の中の台詞から読み解いて行く本書は、
    映画関連の作品の中でも珍しい内容だ。

    こういう映画の見方もあるんだね。勉強になったよ。

    権力に屈しなかった剣闘士(グラディエーター)は、風呂おけに
    つかってペンを武器に密かに闘いを続けていたんだ。

  • 読む前にトランボの手掛けた作品をいくつか観ておいた方が良かったかもしれない。訳者のあとがきにも記述があるが、トランボは「反逆」、「誇り」、「名誉」といったテーマを扱った作品が多く、その思想が作品に表れているといいます。「ローマの休日」も彼の思想や当時の時代背景と組み合わせると、また違った見え方がするのかもしれない。

  • 最近はダルトンなんだ、、、

    中央公論新社のPR
    「赤狩りで映画界を追放されるも偽名で映画を作り続け「スパルタカス」「ジョニーは戦場へ行った」などの名作を生んだ波乱の生涯。 」

全3件中 1 - 3件を表示

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボを本棚に「積読」で登録しているひと

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボの作品紹介

赤狩りで追放されるも偽名でB級映画を作り続け「スパルタカス」「ジョニーは戦場へ行った」などの名作で甦った男の波瀾の生涯と作品誕生秘話。

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボはこんな本です

ツイートする