失踪者たちの画家

  • 87人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (4)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 柴田 元幸 
  • 中央公論新社 (2013年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル ウエル...
高野 和明
伊藤 計劃
ミハル・アイヴァ...
ポール オースタ...
サルバドール プ...
村上 春樹
いとう せいこう
小川 洋子
フェルディナント...
三浦 しをん
フランツ・カフカ
村上 春樹
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

失踪者たちの画家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中までは面白かったけど後半がどんどん意味不明になってきて、恋人も見つからないし読み終わって結局何だったの?って感じ。

  • 不思議な都市を舞台に、奇妙な話しが展開していく。繋がりようがないのに、どこかで繋がっている。
    引き込まれて読んでいったけど、結局はよく分からなかった。
    まとめなくてもいいんだけど、退屈しないように詰め込みすぎてるんだと思う。

  • これは、確かにずっとさまよっていたくなる。エンタテインメントのような取っ付きやすさもあって(捉えどころはないけれど)とっても面白かった。
    ふわふわと捉えどころのない語りに誘われ、無限にループする迷宮に迷い込む。失踪者のポスター、子供の裁判員、人形工場...とめくるめくファンタジィ世界を思わせる要素にわくわくして、いなくなった恋人を探す、洗濯人の主人公...は、ちょっと羊をめぐる冒険を思い出した。
    『フランクは語り、なおも語り、明日という日がまだもう少し、望むらくは無限に、先延ばしされればと願っていた。』とあるように、終章からはじまり、序章が終わりでありはじまりのように読めた。幻想に解ける現実か、その逆か。というより、あちらとこちらの境界が解けだして、ぜんぶ、解けてしまう。挿絵も雰囲気があってイイ。

  • 読み終わってすぐは、いろいろな思いで頭がいっぱいになって、レビューはかけなかった。
    またいつか、必ず読み直したい。すでにストーリーは知っているので、めくるめく感じは味わえないと思うけど、このあふれそうなイメージを再確認したい。

    映像化は難しそうだけど、映画化したら良いのに。

  • フランクという名の男が「都市」に辿り着き、様々な人間と出逢い、都市の様々な側面を知り、それを疑い、それが世界を暗喩している(多分)話。

  • 基本文庫本しか買わない主義だけど、
    刊行記念の柴田さんのイベントで購入したため珍しく単行本。

    柴田さんが一目(一読)で夢中になっただけあって面白かった。
    その独特の世界観が素晴らしい。
    カフカ的不条理さがあると聞いていたんだけど、
    その不条理もマイルドというか、
    主人公が飄々としているのでそんなに不条理に感じない。
    カフカの居たたまれさに比べると、全然心が苦しくない。

    私は、日本人らしく消え行くものに美しさを感じるというタイプの人間で、
    さらに人の手が介在することで無常さが一層増す
    という持論の持ち主なんだけど、
    この主題は正にピッタリだった。
    失われていくものたち。
    失われた物に固執する人たちは失われた物に引きずられていってしまう
    ってなんか怪談っぽい。
    けど、そうではなく、
    死んだ後も尚失われ得るというところが、
    なんとも寂しく、
    それは忘却というものかしらと考えてみたり、
    ちょっとしんみりする終りでした。

    そんな感じ。

  • 恋人を探す男の不思議な体験

  • 人は見たいものしか見えない。言い換えれば見たいと思えばいくらでもみえる。その潜在的な能力を制限をかけずに引き出すと世界がどういうふうに変わっていくのか。主人公が描こうとするが描けない他者の顔は、それが自分の環境や感情、相手の状況や態度等の様々な要因によって常に変化していることを考えさせられる。自分がみている世界は、自分が見たいと思っている世界でさらにそのなかの一側面というわずかなものでしかないのかもしれない。

  • 人形工場と聞いただけで、ゾワっとします。。。

    終わりなき物語の迷宮 (評:千街晶之 文芸評論家)北海道新聞社
    http://www5.hokkaido-np.co.jp/books/new/1.html

    中央公論社のPR
    「消えた恋人を探し、画家は監獄、人形工場、裁判所へ流れ着く。虚と実、生と死の境がゆらぐなか都市の秘密が垣間見え…無類の奇譚小説 」

    参考:新潮 2005年9月号
    夢想、空想、妄想──現代アメリカ小説三選 訳・解説 柴田元幸
    ・大いなる離婚………………………………ケリー・リンク
    ・ハッピー・バースデイ……………………バリー・ユアグロー
    ・失われた飛行家、伝説の飛行家…………ポール・ラファージ

全11件中 1 - 10件を表示

失踪者たちの画家を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

失踪者たちの画家を本棚に「積読」で登録しているひと

失踪者たちの画家の作品紹介

何が本当で、何はただの物語なのか?消えた恋人を探し、孤独な男が飲み込まれた奇譚の迷宮。

ツイートする