私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られた

  • 133人登録
  • 4.13評価
    • (17)
    • (19)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 村木厚子
  • 中央公論新社 (2013年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045509

私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 326.22 / 文書偽造 冤罪 /

  • 誰が犯人か、ミステリー小説を読むように、人は期待するが、実際には誰が悪いのかなんてわからない。
    ということ。

    国を訴訟しても、結局もみ消されたのは残念。

    誰が、何をしたかったために起こった冤罪事件なのか?
    誰もが誠実に動いた結果なのか?

    「弱いから自白するんじゃない。弱いところを疲れて自白するんだ。」

  • 検察の取り調べ方がよく分かった。
    描いたストーリーにそぐわないことは調書に書かず、都合の良い部分を切り取り繋げ合わせたものが調書になる・・
    恐ろしいと思った。

  • 郵便不正事件についての詳細が読める。取調べという密室の中で何が起きていたのかが詳しく書かれている。
    驚いたのは供述しても調書に書かれないこともあり、検事たちがあらかじめ決めたストーリーに沿っていれば記載、違うことならスルーされていたという事実。事件の事はニュースなどで知ってはいたが、検事が証拠改竄等で複数逮捕されていた事は知らず。司法の可視化がきちんと審議されるきっかけになったとも言えるこの事件。村木さんが無罪を勝ち取れたのは幸運だったとご自身で語られているくらい、組織の不透明さと少し異常と思える体質をこの本で知る事が出来てとてもためになった。わたしの中の役人の人たちへのイメージも変わった。まっすぐ一途に国民のために仕事されてる方たちがほとんどなんだと分かったことも収穫。システムを早急に変えなければならないという村木さんの言葉も印象的。

  • 326.2

  • 友達に紹介された本。やっぱりそうなんだ。って思いました。変わらない社会。変わってほしい。

  • まだほんの読みはじめ。でも、報道があったときのことはよく覚えています。よくある汚職のニュースのように感じていました。そして、それを鵜呑みにしていたように思います。


    読み終わって。何というか、思っていた以上に、当初はささやかな事件だったことに驚きました。巨悪なように、演出されていただけだったのだと。

    また、権力のある側が、聞く耳を持っていないことに恐ろしさを感じました。

    村木さんが忍耐強かったのは、追求される立場におかれても、遠くから俯瞰する目、観察者の目を持ち続けたからかな、と思いました。聞く耳がないとわかると、ぐっとハードルを下げ、勝てはしなくても負けもしないぞ、と決意しているからです。

    他にも、様々な心の動きが淡々綴られていました。本意とは異なる供述書にサインをした人たちの気持ちも、よくわかりました。弱さと一くくりにできるものではなく、むしろその気持ちは共感できるものばかりでした。

  • 今まで、罪を犯してもいないのに自白するなんて、どうしても良く分からなかったが、この本を読んでやっとどうしてそんなことが起こり得るのかよく分かった。
    このようなことが検察で行われているなんてあり得ない。
    是非可視化の導入が実現してほしい。
    日本国民がこの実態を知ることが、検察の体質を変えていく力になると思う。
    多くの人に手に取ってほしい。

  •  検察はもっと賢い人たちの集まり加と思っていましたが違いました。自分たちの筋書き、思い込みの正義を振りかざして貫き通そうとする頭の固い融通の利かない集団になることもあるという事ですね。自分は正しいと思って、人の話に耳を傾けようとしない人は厄介です。しかも権力を持っている。こんな人たちに目をつけられたら終わりです。よく戦い抜くことができたと思います。刑務官や看守の人たちは、人としての在り方を知っている人たちだったなと救われる気もしました。

  • 一気に読みました。
    検察は真実を追求するものだとは思ってはいけないんですね。検察と真実は違う場所にいて、自分が真実の場合は、闘わなくてはいけない相手だということ。

    筆者のすごいところは、常に冷静で、一見親切そうな相手の検事の特質を見抜き(「この検事のもとでは絶対に調書は作るまい」と心に決めるなど)、逮捕されても落ち込まず、今何が出来るかを考え、健康を維持するよう心がけてます。

    そして、サインって大事なんだな。自分が納得していないものには絶対にしてはいけないものなんだな。

全28件中 1 - 10件を表示

村木厚子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
冲方 丁
大野 更紗
高野 和明
村田 沙耶香
三浦 しをん
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られたの作品紹介

まったく身に覚えのない「郵便不正事件」で逮捕された著者が、不当・巧妙な検察の取り調べを乗り越えて「無罪」を獲得。164日の勾留にも屈しなかったのはなぜか?今なお制度改革に闘い続けるのはなぜか?"信じられる司法制度"に必要な、3つの課題を訴える。事件の発端となった上村勉・元係長との特別対談、周防正行監督のインタビューを収録。

私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られたはこんな本です

ツイートする