子どもの難問

  • 399人登録
  • 3.76評価
    • (15)
    • (29)
    • (22)
    • (2)
    • (2)
  • 46レビュー
制作 : 野矢 茂樹  熊野純彦  清水哲郎  山内志朗  野家啓一  永井均  神崎繁  入不二基義  戸田山和久  古荘真敬  柏端達也  柴田正良  鷲田清一  雨宮民雄  鈴木泉  渡辺邦夫  土屋賢二  斎藤慶典  大庭健  中島義道  一ノ瀬正樹  伊勢田哲治  田島正樹 
  • 中央公論新社 (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045585

子どもの難問の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「子どもにしか哲学はできない。しかし、子どもには
    哲学はできない。この逆説の中に、哲学者たちはいる。」

    子どもがしそうな質問ひとつに二人の哲学者が答える…
    その答えは同じではないので哲学に正解はないのかなと思います

    質問と答えの間に野矢さんの短い文があって
    それも「うんうん」とうなずけます
    「自分がきれいと思わないものをきれいと言う人に
    出会ったとき、「どうして?」と聞きたくなる。
    それは、理由を尋ねているのではなくて、相手の見方を
    少しでも分かろうとしているのだ。」

  • よかった。考えさせられた。特に、「なぜ生きているんだろう?」が、今のわたしにぴったり。

    またしばらくして読んだら、そのときの悩みを晴らすことに導いてくれそう。哲学っていいな。

  •  「なぜ人は生きているの?」「なぜ勉強しなければいけないの?」といった、子どもがよく大人に聞きそうな質問がたくさんつまった本でした。
     大人は子どもにたくさんの問いを投げかけられても、その問いにはなかなか答えられない。「なぜ勉強しなければいけないの?」と聞かれても、困ってしまう。勉強するのが当たり前だったし、勉強しなければ生きていけないと思っていたからだ。だから、子どもに聞かれても困る。しかし、そうした問いに答えられない大人が、はたして大人といえるのだろうかとも考えました。そうした悩みや疑問を解消し、ちょっと立ち止まって、普段は疑問に思わないことを不思議に思い、考えるためにはとても刺激になる本です。
     はじめは戸田山和久さんの話が聞きたくて、本書を購入しましたが、多くの哲学者の方々の考えに触れ、読みたい作者の幅が広がりました。哲学の難しい語り口調ではない本書は、作者が紹介しているように大人も子どもも読める内容となっています。
     個人的には、「人は分かりあうことができないの?」という問いの答えには、深く考えさせられるものがありました。

  • 面白かったが、難しみはあった。

  • えー難しい。
    勉強しなくちゃいけないの?
    どうすればほかの人とわかりあえるんだろう?
    という問いに対する回答は割としっくりくる。

  • 二男購入。

  • すべてではないが、ほとんどが優しい表現で、ハッとさせられる内容。

  • 2016年11月21日

  • 好きになるってどんなこと?

  • 子どもの哲学的質問に日本の哲学者のそうそうたるメンバーが解き明かす試みをしている本である。平易だか、文章は決して易しくはなく、大人が読んでも考えさせられる。回答はなるほどと思わせてくれるが、周りにいる大人が答えるには容易でなさそうだ。生徒と接する先生には必読書かと思いました。

全46件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもの難問を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもの難問を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもの難問の作品紹介

いまこそ立ち止まって考えよう!この本は子どもたちにも読んでもらいたい。だが、本書を本当に味わうなら、折に触れて繰り返し読んでもらいたい。大人になっても。そしてもう子どもではなくなってしまったあなたにも。四谷大塚発行「Dream Navi」好評連載が本になりました!

ツイートする