室井滋のオシゴト探検 - 玄人ですもの

  • 67人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (10)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 室井滋
  • 中央公論新社 (2013年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045783

室井滋のオシゴト探検 - 玄人ですものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館では「伝記」というくくりらしい。

    いろんな職業があって,マニアック。

  • 経済は文化の下僕である、義が大事で利はその次。
    芸術とは伝わってなんぼ。
    相手の立場に立って考えてイメージすることができる表現者だけが結果的に残っていける。

  • 図書館。

    対談集。ゲストが多彩。もう少し深いところまで
    聞きたいけれど雑誌連載では難しいか。。

  • 色々な一芸に秀でた人のお話が聴けて大変面白くためになりました。やはりオタクの要素の方は男性が多いのだと再確認しました。

    インタビューした年が古いのがちょっとの難でした。

  • 楽しく読ませてもらいました。

  • ななつ星をデザインした列車デザイナーから落語家、書家、鍵師、ジオラマ作家等々
    さまざまなプロとの対談集。
    銭湯の絵師やトイレ建築家、麻薬Gメンの方の話が特に興味深かった。
    なんにせよやはり大事なのは「好きこそものの上手なれ」。
    生涯をかけて熱意を注ぎ込める仕事を見付けられたってだけでも素晴らしい。
    風呂用富士山ポスター欲しくなったな。

    【図書館・初読・1/29読了】

  •  インタビュー物は基本的に面白い。本書も室井氏の絶妙の質問と、ゲストのこれまた絶妙な回答が見事。

  • 列車のデザイナー/築地マグロ仲買人/ヴァイオリンを1秒で買う目利き/凄腕の麻薬Gメン/動物の遺体からその体の特徴を調べる研究者…、様々な仕事をしている人と、室井茂の対談集です。
    世の中にはこんな仕事があるんだ、と勉強になったし面白かったです。
    対談を読みながら感じたことは、どの職業のプロも、その仕事の元になる興味・発見は子供の頃に見つけていたということ。
    動物の遺体を解剖して、その体の仕組みを調べている研究者は、初めて動物の体に興味を持ったのは、子供の頃だと書かれていました。
    家で飼ってた金魚が死んで、金魚の体ってどうなってるの、とお母さんに聞いたところ、はさみを渡されて
    「これで切って調べてみなさい」
    と言われたのだとか。
    他にも、小学生の頃からプラネタリウムが大好きで、個人で研究を続けて企業が作るものと同等のプラネタリウムを作り上げた人の話も印象的でした。
    小学生の頃は周りから「変な奴」と言われていたけど、本人は気にしていなかったと。
    とにかく、星の世界に魅せられていたと書いていました。
    ここまですごいプロになれなくても、娘が何か楽しいと思うものを見つけてあげたいなと思いながら読んでいました。
    面白かった、お勧めです。

  • 対談。いろんな職業の人の話が面白い。室井さんが聞き出すからなのかな。(2015.2.20予)

  • 从大人大学希望科。九州新幹線七星的水戸岡锐治,成田飞机场公的艺术的山口晃,短歌的穂村弘,麻薬的小林潔述,海蛍的厕的小林纯子,东京站的田原幸夫,溶浆的鎌田浩毅,时间的本川達雄,民间(昔)故事的小澤俊夫(弟弟‘征爾,孩子‘健二)等等。不过,我想假的,室井滋说"我做,我看看啊!"

全12件中 1 - 10件を表示

室井滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
角田 光代
又吉 直樹
朝井 リョウ
有川 浩
桜木 紫乃
ヤマザキマリ
有効な右矢印 無効な右矢印

室井滋のオシゴト探検 - 玄人ですものを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

室井滋のオシゴト探検 - 玄人ですものの作品紹介

列車のデザイナー/築地で知られたマグロ仲買人/ヴァイオリンを1秒で買う目利き/凄腕の麻薬Gメン/手作りプラネタリウムでギネス認定。いざ、プロフェッショナル27人の職場へ。大人のための社会科見学ドキュメント。

室井滋のオシゴト探検 - 玄人ですものはこんな本です

ツイートする