怒り(上)

  • 2086人登録
  • 3.75評価
    • (146)
    • (415)
    • (308)
    • (25)
    • (5)
  • 281レビュー
著者 : 吉田修一
  • 中央公論新社 (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045868

怒り(上)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 八王子で起きた殺人事件。
    夫婦が殺害され、現場に残された「怒」の文字。
    逃亡を続ける犯人の山上一也。

    その事件から1年後のこと。
    遠く離れた3つの場所で3つのストーリーが展開されていく。
    そこには「山上?」と想像される人物が一人ずつ。
    誰が山上なの?
    どんどん引き込まれて、とまらない。

  • 八王子で起こった夫婦殺害事件。
    容疑者山神一也は一年経った今でもまだその足取りが掴めていない。
    廊下には被害者の血を使って書かれた言葉「怒」の文字が残されていた。
    「怒」の文字は何を意味するのか? 

    房総半島の港町浜崎に住む父と若い娘。
    東京の会社に勤めながら実はゲイである若い男。
    母親と共に沖縄の島に移り住んできた女子高校生。
    犯人山神を未だに追い続けている警察官。

    四つの視点と舞台から描かれ、それが頻繁に変わるため、最初は非常に読みにくい。
    短い章単位であちこちへ飛び、登場人物も多いので、それぞれのキャラを頭の中で纏めきるのがなかなか難しい。
    それでも、そこはさすがに現代の名文家吉田修一。
    少しずつながら話の展開に興味が湧いてくる。

    警察官を除く三つの場所に謎の男が一人ずつ登場してくる。
    当然その誰かが犯人山神一也なのだろうと推測できるが、それが誰なのか?
    ヒントと思しき会話や場面が合間に現れだす。
    ばら撒かれた数多くの伏線がどのように回収されていくのかが気になり、徐々に居ても立ってもいられなくなってくる。

    というあたりで、上巻は終了し、下巻へと続くのである。
    そんなわけで、この上巻の三分の二を過ぎたあたりから、ページを捲る手が早くなってくるのだ。
    さあ、どういう結末が待っているのか、下巻が非常に楽しみだ。

  • その男が誰なのか核心に迫っていくスリルがあります。吉田さんは人物、生活を浮き彫りにするのがうまいですね。どんどん引き込まれて、このまま下巻に突入です。

  • さすがだなあ。前作以上に地方コミュニティの閉塞や重たい空気感が漂いながらミステリーとしてのエンターテイメント性がアップしている。映画化はある一点で大変困難だろう。キャラの、特に造形を脳内でイメージする小説ならではの設定。

  • 読了。
    ネットで東方神起のある曲について書いてあると知り、図書館でかりて。そしたら映画上映中のやつだったww

    読みやすかった。上下巻合わせて1日で読めた。というか返却日過ぎてたので急いで読んだんだけど。

    この巻では何か影のある人物が何人か出てくる。それぞれが、指名手配されている凶悪事件の逃走犯らしき人物のように思え、「こいつか?ん?逆にこいつ?」みたいな感じでどんどん読み進めることができる。

    そしてそれらの人物に関わる人たちにも不幸や悲しみやネガティヴな思いがまとわりついていて、暗い。

    まず最初の夫婦殺害事件のインパクトも強いのだけど。

    続きが気になってすぐ下巻に手を出すと思う。
    (161106)

  • 全力で信じることを試される人々の話。

  • 他人を信じるのって、何て難しいのだろう。
    愛とか、恋とか、そんな単純なことでは語れないほどに。

    だから、他人に信じてもらえるということは、
    限りなく尊いのだ。
    無性に、嬉しいのだ。

  • ボランティア仲間の方に勧められて。
    おもしろい。
    誰が山神なのか、誰もが山神なのか。
    煽られてるわー、私。
    下巻が楽しみ。

  • トンペンの間ですごくこの作品が話題になって、読もうと思って積んでたらいつの間にか映画化、文庫化の流れに!遅ればせながら上下巻一気に読みました。
    事件ものとして面白かっただけではなく、心に刺さるものがあってズキズキしました。

    とある事件がベースになってるけど、事件そのものよりもその事件を知った人々の反応や揺れる気持ちに重点が置かれてている話でした。
    愛する人、大事な人を心の底から信じることとは。
    信じていた相手に絶望することとは。
    人と人が関わって生きていく上で、逃れる事のできないテーマを突きつけられます。

    千葉編の洋平と愛子の親子や、東京編の優馬、沖縄編の泉それぞれの心情が生々しくて切なくさせられました。
    気持ちが揺れ動く様を肌身で感じてしまう描き方です。
    ところどころに流行りや旬の時事問題を挟み込んでいるのが日常風景をより鮮明に際立たせていて、リアル感抜群。

    映画キャストを知ってしまったので、原作読んでて登場人物の脳内イメージが松ケンとか広瀬すずになっちゃってます…
    ぶっきー×綾野剛で倒れそうです。
    作家さんはまさかビギではないだろうけど、「Somebody to love」とか好きな二人が残ったとか、すごいところを突いてきていて…タダモノではないです。

  • あなたの身近な人が、殺人犯に似ていたら。
    あなたは、どうしますか?

    通り魔的殺人犯が世間を騒がせている。
    指名手配写真を見たら、あの人にそっくりだ。

    似てる。
    似てるというより。
    似てる、そっくりというより。本人か。
    いやでも、まさか。まさか、そんな。
    ないない、ありえない。
    いやでも、もしかして。

    その人を信じられるほど、過去を知らないことに気付いた時。
    その人が過去を語らず、隠したがる風を感じた時。
    あなたは、どうしますか?

    怒りに任せた殺人。通り魔的であれ、思い詰めたものであれ、殺人は同じ。
    でも、それらの罪の重さは同じなのでしょうか?

    上下巻と長編ですが、『悪人』よりも、深く考えさせられる問いかけの数々に、思わず、下巻に手を伸ばしてしまいました。

    図書館スタッフ(学園前):れお

全281件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

怒り(上)に関連するまとめ

怒り(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怒り(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怒り(上)を本棚に「積読」で登録しているひと

怒り(上)の作品紹介

殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不詳の3人の男…。惨殺現場に残された「怒」の血文字。整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!

怒り(上)のKindle版

怒り(上)の文庫

怒り(上)のAudible版

ツイートする