テミスの求刑

  • 73人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (16)
    • (22)
    • (1)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 大門剛明
  • 中央公論新社 (2014年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046407

テミスの求刑の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全体にキャラクターが薄い感じがして、そのためラストの種明かしも、ちょっと肩透かし感があります。

  • 2015.6

  • 2月-3。3.0点。
    警察官の父親が以前殺された主人公。検察事務官。
    仕える検事が、弁護士殺害の疑いがかかり、逃走。
    父親の事件の関係者も、事件の関係者に。
    真相は。

    あっという間に読めた。
    少しこねくり回しすぎの感。途中で「えーっと」と
    考えてしまう。
    もう少し単純でも良いのでは。

  • 本当にテミスの求刑を待っていたのは冒頭の人物だったようです。
    犯罪によって、そして冤罪によって人生を狂わせてしまうのは被疑や被害者だけでなく、時には裁く方の人間の人生をも狂わせてしまうことになる。
    人が人を裁くとはなんと難しいことなのだろう。
    深町シリーズ読みたくなりました。

  • 最初からこの人怪しすぎです

  • 登場人物がみんな魅力的で、物語に入っていきやすかった。
    一見だめそうな滝川検事がとてもかっこいいです。

  • 事件との関係が深すぎる事務官は、担当からは間違いなく
    外すでしょう、実際は。

  • 映像制作演習の赤城先生より寄贈いただいた図書です。
    閲覧用PCの側にコーナーがあります。

  • 優れた検事が殺人の容疑者になり、逃亡籠城逮捕裁判と、めまぐるしく場面は変わる。
    主人公以外、キャラも立ってて、話も意外なラストで面白い。主人公がとにかく邪魔。

  • 大門さん、初読。シリーズモノ、というわけではないけれど、他の作品の登場人物もチラホラと出ているようなので、そちらの作品も読んでみたいと思います。
    冤罪、って防ぎようがないのでしょうか。

全29件中 1 - 10件を表示

テミスの求刑を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テミスの求刑を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テミスの求刑を本棚に「積読」で登録しているひと

テミスの求刑の作品紹介

殺人現場付近で撮られた敏腕検事の衝撃の姿、その手には大型ナイフ、血まみれの着衣。無実を訴えたきり口を閉ざした彼に法の女神が下す審判とは?

ツイートする