巨人V9とその時代

  • 14人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山室寛之
  • 中央公論新社 (2014年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046476

巨人V9とその時代の感想・レビュー・書評

  • 巨人のV9は努力の賜物だったのだと、改めて理解

  • 私がリアルタイムに知っているのは川上巨人の末期だけなので、とても勉強になった。

  • 題名からは巨人中心の内容かなと思いましたが、12球団ほぼ平等に、天覧試合から長島引退までの歴史が記述されています。職業野球と蔑視されていたプロ野球が国民的なスポーツとしてステータスを築いていく過程を、各年度の名試合の様子と主要な出来事を交えてまとめています。当時の投手の起用方法は、主力投手の連投がやたらに多く、ローテーション方式の確立した現在からみると吃驚します。淡々とした記述が続きますが、昔の選手が個性的であったことは充分に伝わってきます。長島の引退がプロ野球の歴史の境目であることを改めて納得しました。

全3件中 1 - 3件を表示

巨人V9とその時代を本棚に登録しているひと

巨人V9とその時代を本棚に「読みたい」で登録しているひと

巨人V9とその時代を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

巨人V9とその時代を本棚に「積読」で登録しているひと

巨人V9とその時代はこんな本です

ツイートする