Red

  • 806人登録
  • 3.45評価
    • (33)
    • (100)
    • (132)
    • (26)
    • (4)
  • 132レビュー
著者 : 島本理生
  • 中央公論新社 (2014年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046544

Redの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「夏の裁断」が思いのほかよかったので、こちらを手に取る。ざっくりと20代の頃、付き合っていた男性鞍田と再会し、かつての自分を取り戻していく。いわばピカレスク小説。
    前半は上質なオンノベを読んでいるような感覚に陥ったが、後半ページをめくる指がゆっくりになりぐっときた。
    ヒロイン燈子の旦那真を、ボヴァリー夫人の旦那に重ね合わせて読んでました。
    作中燈子をこじらせ女子と揶揄する場面があったが、流され女子だよ、と突っ込んでました。
    それにしても、「夏の裁断」は、文芸作だったんだな、とつくづく思った。

  • 自分をわかってもらおうとすること、相手をわかろうとすること、ちょっとした思いやり、この夫婦にはこれらが決定的に欠けている!(偉そうに言えないが)
    「人生はほんの一瞬でも本気になれたら十分」という小鷹さんの持論は、ちょっとわかる気がする。エピローグを読んで物足りなさを感じながらも安堵した。翠ちゃんに幸あれ。
    これ月9でやればいいのに。いや、木10かな。
    ★塔子サン、スキだらけで流されすぎ!!

  • ただの欲求不満の主婦のはなしじゃねえか!

  • 不倫小説という触れ込みで手に取ってみる。
    確かに不倫という行為が中心に話は進みますが、不倫はきっかけにすぎず、主人公の女性としての(という表現にモヤモヤしつつ)再生が描かれていた気がします。

    軽いタッチで序盤が始まり、気づいたら一気読み。面白かったです。

  • よかったです。読み応えあります。
    性描写にはちょっと辟易しますがそれは私が男性だから女性のそういうのはあまり聞きたくないからかもしれません。
    元愛人との最初の恋、夫との離婚協議の結果、これらの内容をあえて語らないことで論点がはっきりしていいです。
    私小説みたいな感じ?キャリアとは仕事+プライベート人生その元を指示しますけど、小説家にとって小説とは人生そのものと=プライベート、プライベートの体験をさらけ出すものなのでしょう。

  • 官能的ってほどでもなかったな。
    うん、妻だったり母だったり
    いろんなカテゴリが付随したって
    人はそう変わらないのかも。
    自己肯定感が低くなる気持ちはわかる。
    みんな歪んでるものだ。

  • 「リトルバイリトル」「ナラタージュ」以来久しぶりにこの方の小説を手にとりました。なかなかインパクトのある表紙と帯。透明感のある小説を書く人だな~と上記2作を読んで思っていたので、なぬ、官能の世界!?と。

    最初、塔子は主婦として母としてなんて隙だらけで男のいいなりでだらしがないんだろう?と思ってイライラのしっぱなし。こんな女、いるの?みたいな。イヤイヤいいつつどんな男でもホイホイついていって受け入れちゃう。大嫌いなのよ、こういう上品そうなふりして尻軽な女。
    あ~薄っぺらな内容だな~…なんて思った。
    が、中盤以降。塔子のその男にあわせる、なにもいわない性格の理由がわかっていき、そして親と同居で中身は息子のまんま、子供もろくにみられず、セックスすらないがしろにして妻をよろこばせられないなさけない夫に今までたまりにたまったものを吐き出し始めた塔子にスカッ!(笑)
    結局、塔子は鞍田のことを一番愛していたんだろう、という結末、成長した娘の回想、とても切なかった。
    けれど読後感は悪くない。

  • 不倫とかセックスレスとか義両親との同居とか女性の自立とか、とかとかとか。やや詰め込みすぎかという気もしました。でもきっと同じようなことで悩んでる女性はいるだろうし、物事は全て別々の時期に起きるとも限らず、むしろ災難が一気にやってきたりもするので、ある意味リアルかも。

    島本さんの作品を全て読んでいるわけではないけれど、ダメ男とダメ女が出てくる率が本当に高いですね(笑)
    不倫が絡んでくるせいか、ダメダメな登場人物たちのせいか、ネット上のレビューでは厳しい意見も結構見かけました。私自身は割と好きな作品です。官能小説、ではないですよね。色んな要素が詰め込まれてるけど、やはり恋愛小説だと思います。どうしようもない人物ばかりだけど、ちょっと息苦しくなるような切ない文章から『ナラタージュ』を思い出しました。

    以下、ネタバレですが。
    エピローグの真の手紙はずるい。これ、自分が結婚したら気持ちが変わるかな。
    それから、馬鹿な私は、翠の「親権いらない」の件、意味をいまいち理解できてません…。

  • なるほどな。塔子の一線を越えたところは共感できないけど、義父母と同居。旦那はまるで子供。おまけにセックスレスで苛つくのは凄くわかる。そんな不安定な時期にあんな人がいれば流されたくもなるし身を任せたくもなるもの。旦那も痛いぐらい子供すぎる。結局は子供なのかなぁ…この話は子供がとりもったんだけど。それで丸く収まるのかも凄く疑問。現実にはあそこまで夫婦が壊れかけて収まるのは稀だと思う。激情の赤。女の赤なのかな。

  • 何処にでもある話。けど、私には真似ができない。なんか他所のお宅の事情を覗き見したような、変なあと味です。

全132件中 1 - 10件を表示

島本理生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Redを本棚に登録しているひと

Redを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Redを本棚に「積読」で登録しているひと

Redの作品紹介

2歳の娘を持つ塔子は、友人の結婚式で元恋人と再会。引き寄せられるように快楽の世界へと足を踏み入れていく――。島本理生の新境地

Redの文庫

RedのKindle版

ツイートする