歌舞伎町ダムド

  • 602人登録
  • 3.65評価
    • (32)
    • (112)
    • (82)
    • (15)
    • (2)
  • 90レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 中央公論新社 (2014年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046551

歌舞伎町ダムドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誉田哲也でいま一番勢いのあるシリーズですね。一気読みでした。

  • 1月-4。3.5点。
    歌舞伎町セブンの続編、またジウの続編。
    東、基子と懐かしい名前が。
    一気読み。さすがに面白い。
    ダムドという殺し屋を軸に、歌舞伎町セブンと東が奮闘。
    続編を是非。

  • 最初のとこはさすがの誉田作品。グロすぎた。。。
    でも、ダムド弱すぎる・・・きもくて弱くてひどいww

    今までバラバラだったシリーズが、
    1つにまとまって読んでいてうれしくなる展開!

    もし次があるなら、また門倉美咲が活躍する話がいいな。
    ミサキと美咲の再会も面白そうだし。
    まだまだいくらでも続けられそうですね!!
    ハングから心配だったから、ジロウもよかったー!

  • 始めのダムドの残虐さはグロくてうえーだけど、あんまり強くもなく残念な感じ。
    ジロウをはじめとする男性陣の優しさがちらほら見えてよかった。人間ぽくて安心する。ミサキも人間に戻ってた。

  • 歌舞伎町セブンの続編なんだろうけど、国境事変、ハング、ジウの繋がりも多々あって誉田ファンにはたまらない一冊かな。
    ダムドがショボかったのはかなり残念だったけど、後半にかけて様々なことが暴かれていく様はさすが。
    美咲が登場ほとんどしてこなかったのが寂しかったけれど、セブンのメンバーはみんな魅力的。更に掘り下げて描かれているのも良かった。

    早く続編でないかな。

  •  相変わらず物凄くエグイです。そこは目をつぶって。
     歌舞伎町セブンはジンさんの話でしたが、こちらはミサキの話です。まあ、当然あの人でしたが。ここに至るまでの経緯が判るので、スッキリしました。
     歌舞伎町セブンの結束が深まり、次はだれが主役なのか楽しみですね。
     東さんと美咲は結婚したのかと思っていたけど、まるっきり美咲の一方通行だったとは。名前で呼んでたじゃん。

  • 久しぶりのジウシリーズ作品ですが、歌舞伎町で起きた新世界秩序によるテロ事件から7年!新世界秩序と歌舞伎町セブンとの対決の構図に、新宿署の敏腕刑事 東との絡みがスリリングで面白かったですね。ただ、タイトルにあるダムドというジウの後継者と勝手に思い込む新たな殺人鬼が、いまいちパッとしない存在だったのが残念でしたね。
    また、続編が出来そうな感じの終わり方でしたし、今後の新たな展開が楽しみですね。
    東の相棒の門倉美咲が、あまり登場してこないのは残念でしたが、それにしてもミサキが、あいつとはね・・・

  • この怖さと緊張感がたまらない。
    でも、「本当かよ」と思わず突っ込みたくなる設定だったりする部分もあるから、その事で自分が物語のなかにいると思い出させてくれる。

  • #読了。「歌舞伎町セブン」続編か。「ジウ」「国境事変」などの流れをくむ作品。今回は正義を掲げる殺人だけでなく、東警部補を守ることに。「ダムド」にカリスマ性を持たせなかったことは個人的に残念ではあったが、反面残虐性の描き方は秀逸。

  • 相変わらずのグロさ。だけど、もうちょっと慣れた。(慣れたから大丈夫ってわけではない)
    「歌舞伎町セブン」の方をもう忘れちゃってて、いろいろ思い出すのに手間取った。
    ミサキが伊崎基子だとは、前作のときは全然気付かなかったわ。もしかして後からの設定?
    東警部補に思い入れもあるし、「ジウ」も好きなので、ドキドキしながら読めた。
    セブンのメンバーも好きなので、続きをまた読みたいな。
    「ハング」を読んでないので、次に読む予定。


    日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町。そこに、全裸の男女を凌辱し、惨殺することに快感を得る謎の男がいた。彼は七年前に起きた「歌舞伎町封鎖事件」でジウと出会い、自らもジウになろうとしていた。再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」。『ジウ』『国境事変』『ハング』、そして『歌舞伎町セブン』、全ての物語がここに繋がる―!

全90件中 1 - 10件を表示

誉田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

歌舞伎町ダムドを本棚に「読みたい」で登録しているひと

歌舞伎町ダムドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歌舞伎町ダムドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歌舞伎町ダムドを本棚に「積読」で登録しているひと

歌舞伎町ダムドの作品紹介

〈ジウ〉サーガ、再び――動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」!

ツイートする