日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追う

  • 37人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田原総一朗
  • 中央公論新社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046766

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追うの感想・レビュー・書評

  • 天皇の成り立ち、「なぜ天皇制は今までずっと継続してきたのか」を田原氏が歴史研究家のもとを訪ね歩いて考察した一冊。

    歴史家を訪ねて「朝まで生テレビ」でお得意の「なんで~なの?」という訊き方で深層に迫るという形になって居るが、正直述べられている事実自体にあまり深みはなく、今までの歴史のとらえ方の延長線上に過ぎない、特に目新しさを感じない内容である。

    というか、本を読んで感じたのは、おそらく田原氏が一番書きたい、論じたいのは「昭和天皇の戦争責任」であって、その伏線としての天皇制の歴史を追っているような気がしてならない。

    だったら、昭和天皇についてもっと一冊全体で語っても良かった気がするし、彼が本当に望むのはそこしか見えない一冊だった。

  • 日本でなぜ天皇が生き延びたのか、古代から第二次大戦終了まで通してみていく。
    天皇家もすごいけど、摂関家の藤原家もすごい。明治維新がなぜ独裁体制や軍政にならなかったのかは天皇の存在もあるかもしれないけど、運的なものもあったのかも。

全2件中 1 - 2件を表示

日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追うを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追うを本棚に「積読」で登録しているひと

日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追うの作品紹介

藤原道長、平清盛、足利義満、織田信長、マッカーサー…権力者たちはなぜ天皇に取って代わらなかったのか。田原総一朗が挑む日本史最大の謎。

日本人と天皇 - 昭和天皇までの二千年を追うはこんな本です

ツイートする