生と死をめぐる断想

  • 10人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 岸本葉子
  • 中央公論新社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046803
全2件中 1 - 2件を表示

生と死をめぐる断想を本棚に登録しているひと

生と死をめぐる断想を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生と死をめぐる断想を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生と死をめぐる断想を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生と死をめぐる断想を本棚に「積読」で登録しているひと

生と死をめぐる断想の作品紹介

人はどこから来てどこへ行くのか?治療や瞑想の経験、仏教・神道・心理学を渉猟し時間と存在について辿り着いた境地とは?がん体験から十余年。日本と自然の風土の中で、生老病死について考えたことを、平明に深く綴った書き下ろし作品。

生と死をめぐる断想はこんな本です

ツイートする