僕とおじさんの朝ごはん

  • 302人登録
  • 3.54評価
    • (16)
    • (55)
    • (48)
    • (15)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 桂望実
  • 中央公論新社 (2015年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047008

僕とおじさんの朝ごはんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桂望実さんの本は2冊目。
    1冊目が『嫌な女』
    こちらはかなり好みだったので、他の本も読んでみたいと思い、手にしたのがこの本。
    『嫌な女』のイメージを引っさげたまま読み始めたら…
    全然違うの!
    違うんだけど、これがまた好みで。

    ラストはとても切なかった…

    桂さんの本、もっと読みたい!

  • 読み終えて、ふうと息をつく。

    表紙とタイトルから、
    坂木司さんのホリデーシリーズ(大好き♪)をイメージしてました。

    誰とも深くかかわらず、面倒くさがりでやる気のない健一。
    ケータリングサービスを生業としながら、
    その仕事ぶりは、どれだけ手抜きをして、出来あいの物を見栄え良く盛り付けられるか。

    その健一が遭遇した事故現場で、寛子を助けたことから少しずつ変わっていく。
    というか、妹と親友の死にまつわる後悔のようなものから無気力になってしまっただけなのかもしれない…。

    そして、”僕”、英樹との出逢い。
    生まれた時から、その人生のほとんどを病院で過ごしてきた英樹。

    もうね、ここからの健一と英樹と、その両親の関係がとてもいいんですよ。
    健一のお弁当が、いつしか英樹のためのものに変化していったり、
    英樹が美味しそうに食べるのを見て喜ぶ母親の姿とかね。

    「もう疲れた」と尊厳死を望んだ英樹。
    残される両親の気持ちを思うと、胸が締め付けられるようです。
    「生きてさえいてくれればそれでいい」
    それが結果として、子供を苦しめるだけだとわかっていても、
    そう願わずにいられないのが親なんでしょうね。

    後悔のない別れなんて、たぶんない。
    どの道を選択してもずっと後悔はつきまとう。
    あのときこうしていれば、こうしなければって…ね。

    できればこのまま、奇跡が起こって欲しいと願ったのですが…。


    一心不乱に鰹節を削り、だしを採る健一。

    この食事が最後の晩餐になっても後悔しないようにと、
    食べてくれる人のために、心を込めて料理する。
    その姿をキッチンの傍らで見つめる、息子の司。

    この世に生まれた価値のない命なんて、絶対にない。
    英樹と出逢えたから、今の健一の姿がある。

    本を閉じ、表紙のトーストと目玉焼きとオレンジジュースを見た途端、
    せつないけど、温かなものが胸の中に広がりました。

  • 見た目重視、できる限り調理の手を抜いたケータリングサービスが面倒くさがり屋の健一の仕事。そんな健一が病院のリハビリ室で難病の少年・英樹とその両親に出合い。。。。
    まあ、英樹が登場したあたりで(数パターンあるにしろ)おおよその結末は見えて来るのですが。しかし英樹の両親の造形が良く、しかもこちらの予想を部分的に上手く覆し、最後まで気持ち良く(もちろん切ないのですが)読ませて貰いました。
    桂さん、色んなパターンの小説を書かれますが、こうした少年がらみの物語は当たりが多いようです。

  • テキトーに生きてた「おじさん」の再生と成長の物語。ってとこで、最終的にはまあまあなラストだけど、180ページくらいまでの展開、あれ、ほんとに必要??「おじさん」の背景とか、キーになる「薬」の伏線とか、必要なのはわかるけど、なっがいよ!もうちょっとコンパクトにできたんじゃないかなー。サボテンのおじさんの話とか、食中毒の話とかなくてもよくない?
    最終的には面白かったけど、無駄に引き延ばされた感満載のため★2つ。

  • どうしてかな、すごく入ってきた。
    すごく理解できた、書かれていることに呼応するみたいに。
    このタイミングで、手元に来てくれたことに感謝したいくらい。

  • 水島健一は、フリーでケータリングの仕事をしている無気力で面倒くさがりなバツイチ40代。
    そんな水島のもとに「楽に死ねる薬、売ってますよね?」と聞いてくるお客さんが、次々に現れて・・・。

    最初は、ミステリーかな?と思いきや全然違いました。
    水島がケータリングの仕事先で出会う人々、学生の頃の辛く悲しい思い出、痛めた腰のリハビリ先で出会った「僕」との関係。

    様々な出会いや、人々の思いに触れ、水島は変わっていきます。タイトルの意味が分かったとき、私の涙腺は崩壊。すごく前向きになれる一冊です。

    図書館スタッフ(学園前):トゥーティッキ

    ---------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2110028586

  • 親だったらたまらなく悲しい

  • 何をきっかけにしたのか水島が唐突に人間変わったように見えた。元に戻ったのかな?出てくる人の中でショートカットドラックを使うに一番相応しいのはやっぱり英樹だと思うけど使わない選択をしたのは本当に立派だと。私なら使う。

  • 最初は面白かったけどくだりがベタだった

  • 序盤に淡々と書かれている文体は面倒くさがりの主人公を表しているよう。本の紹介にあるようにある少年に出会ったところから主人公は変わっていく。それとともに文体も熱を含んで人間らしくなっていく。

    どのキャラクターもちゃんと描かれていて憎むべきキャラクターはいない。個人的には司が好きだった。

    林さんの作品はコメディしか読んだことなかったので新鮮だった。

全67件中 1 - 10件を表示

桂望実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

僕とおじさんの朝ごはんに関連するまとめ

僕とおじさんの朝ごはんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕とおじさんの朝ごはんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕とおじさんの朝ごはんを本棚に「積読」で登録しているひと

僕とおじさんの朝ごはんの作品紹介

ぐうたらで無気力に生きるケータリング業者の水島健一。先輩の忠告も、派遣先で問われる不可解な薬の存在も軽く受け流してきたのだが、ある少年と出会い、それらと真面目にかかわらざるを得なくなる-。少年が最後に下した決断に、水島はどう向き合うのか!書き下ろし感動長篇!「生きるということ」「残されたものの哀しみ」とは。究極の問いに挑んだ、桂望実の最新作!

僕とおじさんの朝ごはんのKindle版

ツイートする