メディアの展開 - 情報社会学からみた「近代」

  • 23人登録
  • 3レビュー
著者 : 加藤秀俊
  • 中央公論新社 (2015年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (613ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047039

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
トマ・ピケティ
菅付雅信
有効な右矢印 無効な右矢印

メディアの展開 - 情報社会学からみた「近代」の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

メディアの展開 - 情報社会学からみた「近代」の作品紹介

江戸時代と言えば、封建的な幕藩体制、内向きな鎖国政策といった負のイメージで語られることが多く、日本は明治維新によって近代国家に転換したとされる。だが、各地の地場産業、衣食住の生活習慣、文化や芸能、老舗の名店、さらには日本語に至るまで、日本の「伝統」の起源は江戸時代に遡る。旅行、博物学、出版、百科事典、図書館、社交などさまざまな「メディア」を切り口に、「近代」の出発点としての徳川時代を考える。

メディアの展開 - 情報社会学からみた「近代」はこんな本です

ツイートする