出張料理・おりおり堂 - 卯月~長月

  • 158人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (16)
    • (25)
    • (7)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 安田依央
  • 中央公論新社 (2015年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047084

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

出張料理・おりおり堂 - 卯月~長月の感想・レビュー・書評

  • 安田さんの作品 初めて読みました。

  • 派遣社員を辞めて、出張料理の助手をすることになった澄香のお話。
    務めることになった『おりおり堂』のオーナー桜子さんの雰囲気が素敵♪
    料理はとても美味しそうな描写だし、和服姿の凛とした桜子さんが楽しむ日本の歳時。
    とても大好きな世界観です^^
    四季折々を愉しめる生活、私もこういう大人になりたいなぁ♪ 
    物語も引き込まれるものがあってとても読みやすかったです。

  • 32歳の山田澄香は派遣仲間のユミの結婚式の帰り道、和服姿の老婦人の上品な佇まいにひかれ、彼女の入った「骨董おりおり堂」に入った。カフェを併設した骨董品屋で、80を越えるオーナー桜子が仁という青年に頼んだ軽食を一緒に食べる澄香。料理人だという仁の料理に入った食材を当てた澄香はおりおり堂でアルバイトをすることに。仁の仕事は出張料理人だったー◆ドラァグクイーンのアミーガたちと鰹の謝肉祭、ここでもまたドラァグクイーンが…。でもまさかドタキャンの我儘花嫁につながるとは。記憶をたどり背中を押した鱧、京都での 過去を描きたいがために鱧出してきたような…京都からきた料亭の女将見習い葵の、まー嫌なやつ加減といったら!絶対「お姉ちゃんのため」じゃないじゃん、小姑根性で意地悪いだけ。…とはいえ澄香にひかれる要素がないから贔屓もできないけど(笑)澄香に亡き妻の面影を重ねる男藤村も、姿が似てるだけで-?キザみたいだけど格好良いとは思えないし…

    32にしちゃ澄香の妄想も昨今の漫画みたいだけど桜子さんみたいな人生の先輩は素敵だわ、おりおり堂に出会えてそこが羨ましい。

  • 2016.11.14 読了


    山田澄香 32歳 独身 派遣OL
    最近 友だちも どんどん結婚してゆく。

    会社の後輩の結婚式帰り
    ふと立ち寄った カフェスペースもある
    骨董屋さんで ランチを食べることになる。

    そのカフェを切り盛りしてるのが
    超イケメンの仁さん。
    一目惚れする 澄香。

    出されたランチの微妙な味つけを話したところ、
    カフェのアルバイトに来てくれないかと
    誘われる。

    そんなとこから始まる。

    仁の作る料理が またすごく美味しそう!

    あと 仁の過去やら 三角関係やら。。。
    スルッと読めました~

  • 山田の心の声がイタウザい
    読みにくかった…

    お話の筋もこれといった珍しさや
    心動かされものも特になく…
    浅く広くって感じ

    ご飯の描写おいしそうだったけどな~

  • ひょんな出逢いから仕事を辞め、全く違う道を歩き始める澄香。わいわいでてくる登場人物たちも好ましい。
    好きな話だった。続きが楽しみ。

  • 場所は骨董屋。素敵な老婦人と、出張料理を行うイケメン仁。
    そして自分では気づかなかったが、味覚が優れている事を見初められ、突然働く事になる澄香。
    美味しそうな料理はもちろん、忘れがちな日本の季節の移ろいも品良く織り交ぜていて、かつ恋模様やイケメン仁の過去などなど、読み応えあります。
    澄香の語りが読みやすい。

  • 後輩の結婚式に出席した帰りにて
    運命の出会い(?)が。

    派遣の仕事を辞め、好きな人のためにひた走る。
    崖から飛び降りる勇気、確かにいる時があります。
    回を重ねていく度、多少空想は小さくなっていきますが
    最初の方の夢見がちな脳内が…微妙です。

    愉快なお客様、ふいにやってきた女性に
    妙に強気の男性、料理人の過去。
    女性と男性、面白いぐらい自分の事を押し付けています。
    相手の都合お構いなし、でぐいぐい来るので
    すごいなぁ、と。
    とはいえ、一応引き際はあるようですが
    面倒な二人です。

  • アラサー婚活女子、ハケンを辞していざ、
    イケメン出張料理人と二人三脚。
    この一皿で人生変えます。
    おりおりの美味と、とりどりの依頼人が
    織り成す悲喜こもごも。

  • 卯月〜長月とあったから続編あり?と思ったらやっぱりありました。読まねば。

  • 他の方々のレビューを見てびっくり!
    私も漫画読んでいる気分で、読んでいました。
    なんででしょうかねぇ。

    でも、続編をやっぱり読まずにはいられない。
    イケメン料理人仁さんはどうするのさ。

    このカンジも漫画っぽいなぁ。
    文章を読むというよりも、
    話が知りたい(苦笑)

  • たまには、今の季節にちなんだ本を読んでみようかなぁと…。
    (やっぱり美味しそうな本♪)

    主人公・澄香32歳、独身。
    後輩の結婚式の帰り道に、素敵な老婦人・桜子と出会ったことがきっかけで、
    「骨董 おりおり堂」で働くことになる。
    寡黙なイケメン料理人の仁にひとめぼれして、
    味に敏感な特技(?)を見込まれ、出張料理のアシスタントに。

    澄香の妄想パワー全開なばかりか、
    いけずな京女や、常連客のオカマさん、
    登場人物たちが、みんなどこかマンガっぽい感じ。
    なので、この前見たドラマの「主任~♪」の配役で楽しみました。

    四季おりおりの食材を使ったお料理と、
    桜子の凛とした雰囲気や、着物。
    歳時記の部屋とよんでいるカフェの空間。
    ものすごく好きな世界でした。

    続編も気になります。

  • 派遣アラサー女子がふとした事からイケメン出張料理人のもとで働くことに。
    ベタでありがちな話だし、
    少女漫画を読んでいるようでもあるが、
    そのまま連ドラになりそうな軽やかさで読みやすかった。
    続編も出てるようなのでさっそく予約。

    【図書館・初読・2/23読了】

  • この人も初の作家。ベタな展開と思うところもあるけど、食べ物美味しそうだし面白かった。続きも読みたい。

  • お上品で、繊細、四季のおりおりを感じさせる素敵な料理の数々、一方で山田澄香の妄想、アミーガの暴走とギャップが凄いけれど、楽しい(^^)♪最後に少し重い話になったけれど、今後の展開に期待大!素敵なおりおり堂のオーナー桜子さんの過去も気になるところ(゜゜)

  • ひょんなことからイケメン出張料理人の下で働くことになった元派遣OLが主人公の6編の連作短編集。
    出張先の色々な事情や人間模様が透けて見え、ほっこりしたり、しんみりしたり、色々な感情が駆け巡る。
    主人公・山田の妄想が軽過ぎて少し鼻につくところもあるけど、おりおり堂の女将や常連さんたち脇役が固い。

  • カバーと題名から、宅配弁当屋の話だと思っていました。
    そうではなくて、料理人を派遣して、その家の台所で料理を作るという店の話でした。

    料理描写は美味しそうに感じるのですが、まったく味の想像がつかないので、なんだか残念。
    あと、私、味覚音痴だからなー。

    ところで作者は京都に恨みでもあるのだろうか。
    他県民が考える京都の感じ悪さを一身に表現した葵嬢に、嫌味を通り越して哀れみを感じてしまった。

    なんか、妄想全開な感じの本でした。

  • 料理が美味しそうでイケメン料理人もいい、主人公の妄想もおもしろい。けど、恋の行方がイケてない!お子様向けな感じ!!

  • 出張料理
    お料理もおいしそう
    出張先の人間模様もおもしろい

    イケメン料理人・仁への妄想だだ漏れな澄香の言動も楽しい

    次作、楽しみ

  • 山田さんが苦手です。
    少女マンガかレデースコミックか…って感じでした。

  • 32歳、派遣社員の山田澄香は、友人の結婚式の帰り、路地に骨董店をみつけます。女主人桜子と、イケメン料理人の仁に惚れ込んだ香澄は、派遣を辞め、骨董カフェ「おりおり堂」で働く決心をします。
    出張料理人の仁にくっついて、セレブのご近所にとけ込めない主婦や、オネエの宴会や、老夫婦の誕生会へと出向きます。そこで展開するドラマは、それぞれ面白かったです。
    澄香の一人称なのだけど、マンガの台詞っぽい進行には好き嫌いがあるかも。私はおもしろかったけど、ちょっとくどいかな?と思うところもありました。
    後半、京都の老舗料亭の娘、葵が登場。思わぬ所から仁の過去が明らかになり、澄香はショックをうけます。さて、後編はどうなるのでしょう?9月25日に続編が出るというので、楽しみ。テレビドラマに向いていそうです。

  • 派遣社員の山田澄香は、後輩の結婚式の帰り道、ふと見つけた素敵な骨董店に立ち寄る。
    オーナーの老夫人・桜子とそこで働く料理人・仁に一目惚れした澄香は、助手を募集していた仁にスカウトされたのをきっかけに、その店・おりおり堂で働きだすが…。


    収録作品:卯月 タワマン夫人と鯛供養 皐月 炎の鰹とオネエの謝肉祭 水無月 モンスターブライドと五色の極楽鳥 文月 骨切り鱧と西から来た男 葉月 焼き夏牡蛎と招かれざる客 長月 恋の行方と月夜の宴

  • 料理が出てくる話が好きで、設定も面白そうだったけれど・・・。

全28件中 1 - 25件を表示

出張料理・おりおり堂 - 卯月~長月を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出張料理・おりおり堂 - 卯月~長月の作品紹介

高層マンションのママ友カーストに疲れた主婦、燃えさかる炎の下踊り狂うオネエの皆さん、花嫁様(こけし似)とその下僕(残念)、喜寿を迎えたご老人と幸せいっぱいのご家族、気の置けない幼なじみのオヤジども。事件は台所で起きている。アラサー婚活女子、イケメン料理人といざ、二人三脚!おりおりの美味と、とりどりの依頼人が織りなす悲喜こもごも!

ツイートする