純和風経営論

  • 15人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 舩橋晴雄
  • 中央公論新社 (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047381

純和風経営論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和語を大切にし、日本の古典をひもとき、日本人の心を見据えることで、純和風の古きよき経営論を考えるという本書。古典を数多く引用しておりじっくり深い気づきを与えてくれる。

  • 読み終えて、ほんと日本人でよかったと思える本である。先人が、日本的風土のなかで、育んできた、三方良しの社会経済環境。
    日本人が心の奥底に持つ世界観・人間観を前提にして、人間組織の統禦のあり方を考える。
    それは、「経営」という言葉を日本人がどのように使ってきたのか、古典を紐解き、その文脈を読み解いていくことが大切である。
    純和風で結構。
    堂々と純和風経営を貫くことこそ、全球化経営の王道である。

  • -

    カタカナ言葉を極力避けて、経済・経営を語ってみよう。和語を用いることで、日本的経営の本当の強みや良さが見えてくる。いにしえの経営者・経済人の素晴らしい創意・工夫を知る。

全4件中 1 - 4件を表示

舩橋晴雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

純和風経営論の作品紹介

日本人の心を見据える。本当の経営の意味とは。日本の企業がこれまで培ってきた事業経営の理念が、世界の経済社会を先導するものとなる。

純和風経営論はこんな本です

ツイートする