第四の大陸 人類と世界地図の二千年史

  • 35人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 小林 力 
  • 中央公論新社 (2015年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047480

第四の大陸 人類と世界地図の二千年史の感想・レビュー・書評

  • 地理学上の発展と、アメリカの発見、
    そしてさらにキリスト教的世界の変遷をからめて
    歴史の移り変わりを見る本。

    どれも興味深いのではあるけれど、
    どれかひとつにしぼっても十分に面白いだろうに
    かえって欲求不満に感じるところもある。


    人によっては、未開の地を探検するコロンブスに
    ベンチャー的な精神を見出し、その時の
    パトロンとの関係であるとか、実際的な諸問題を考えるきっかけになるかもしれない。
    あるいは、古代の世界観について、
    あきれるような間違いとともに、また同時に早くから
    地球が球面であることを理解していたことなどをあわせて見るに
    いかに想像力と推測が仕事をしてきたかについて想いを馳せてもいい。

    アメリカという名前については
    「場所のない大地」ということで同時代の「ユートピア」概念を引き出している。
    僕はふと、カズオイシグロの「わたしを離さないで」に出てくる「ロストコーナー」を思い出した。

    どちらも科学技術(あるいは知識)と
    倫理(あるいは宗教的世界観)の摩擦から生じた文化的な飛び地である。

    これはフロンティアなのか、それともモラルの崩壊なのか、
    アメリカに引きつければ、旧世界を残しながらも、
    その地には独自の文化とモラルが改めて育つ、とは言えるか。

  • 新大陸がアメリカと初めて名がつけられた地図の来歴までの叙事。アメリカ的なんだが、どうにも魅力的。

  • 思想家の洞察、探検家の記録、帝国の野望…未知の大地を想像した人々の世界観の変遷と地図製作術の発展、ヴァルトゼーミュラー世界図を巡る歴史の万華鏡。貴重な古地図約百点収録。

全4件中 1 - 4件を表示

第四の大陸 人類と世界地図の二千年史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第四の大陸 人類と世界地図の二千年史を本棚に「積読」で登録しているひと

第四の大陸 人類と世界地図の二千年史の作品紹介

"ヴァルトゼーミュラー世界図"と地図製作術をめぐる歴史の万華鏡。思捜家の洞察、探検家の記録、宗教観、帝国の野望-貴重な古典地図、図版多数収録。

第四の大陸 人類と世界地図の二千年史はこんな本です

ツイートする